スリル満点ジップライン


翌朝、朝食が部屋まで運ばれてきた。
南国のフルーツいっぱいの朝食。飛んでくる鳥を見ながら頂く。幸せ。


本当にこのHotel Palo Altoは素晴らしい。
この庭や鳥や広くて快適なお部屋、それからスタッフの親切さ。今まで世界中で泊まったホテルの中でも最高だと思う。
ここに泊まれてよかった。出来る事なら、ここに住みたい。




ホテルのオーナーはアメリカ人。
最初にオーナーのご両親がリタイヤ後にパナマに移住してきて、その後息子さんが来たらしい。


「息子がホテルを買っちゃって手伝ってくれというから、リタイヤしてたけどまた働いてるわよ。」
と、そのおばあちゃんは笑顔で話していた。

パナマに移り住んで何年にもなるけど、スペイン語は話せないらしい。


「まぁ何とかなるもんよ。パナマでは細かい事気にしてたらダメ。大きな心でいかないと。」
と、ガハハと豪快に笑っていた。
可愛いばぁちゃんだった。





今日の予定は午前中にコーヒーツアー、午後にジップラインツアーが入っている。
どちらのツアーも、昨夜ホテルのマネージャーが予約してくれた。


10時に、こんなジープがお迎えに来てコーヒーツアーに出掛ける。



ボケテはコーヒーの産地。
コーヒー農園があちこちにあり、どこもコーヒーツアーは早朝にやってるが、ここのツアーは朝ゆっくり出来るのでここに決めた。



ツアー参加者は、私達家族とヨーロッパ人カップルだった。


とてもフレンドリーなカップル。1ヶ月ほどの旅行中らしい。
このカップルとは、次の目的地ボカスデルトロのホテルでも再会する事になるとは、この時は知りもしなかったが。


ジープは山の中まで走り、小さなコーヒー畑に到着。
ツアーが始まった。


ガイドの人が知識が豊富で、コーヒーの歴史や育て方などを詳しく説明してくれた。



この赤い実がコーヒー。


これを乾燥させたり焙煎させたり、色んな工程を経て、コーヒー豆に変身する。

コーヒーの試飲付き。
なかなか興味深いツアーだった。
3時間で1人$30。





ツアー終了後、ジープでダウンタウンまで戻った。
ランチの後は、期待のジップラインツアーに行く。




ジップラインとは、木々の間に張られたワイヤーロープをプーリーと呼ばれる滑車を使って滑り降りるアクティビティである (ウィキペディアより)。


ツアーは、1人$65もするちょっとお高いツアーだった。
だけど昨夜もマネージャーのロバートに、「これは絶対オススメ。」と、強く推された。

「とにかくすごいから。世界2位だから。」
と言うロバート。



世界2位?
何が2位?





長さか?
それとも高さか?

1位じゃなくて2位ってところが、また何か怪しい感じ。




スリルはかなりの物らしい。
だけど80歳のおばあちゃんも挑戦して喜んで帰ってきたから大丈夫と、ロバートは言っていた。そんなロバート情報を信じて、家族4人で参加。





先ずはダウンタウンにある事務所の行き、「何があっても訴えません」という紙にサインさせられる。
そして、荷台の長いトラックみたいなバスに乗せられ山道を揺られる。




このバス乗り心地、最悪。
デコボコの長い長い山道でお尻が痛い。荷台に乗せられる馬や牛の気持ちが分かった。




40分ぐらいして、やっと山の上のホテルに到着。
そこでインストラクターが待ち構えていて、器具や手袋やヘルメットなどを装着させられた。


ずらっと並べられた参加者。
ここに座って、最初に講習を受ける。


この椅子の前にはロープが張られていて、そこで説明。インストラクターが持ち方やポジションを教えてくれた。
後ろに置いた手で、ブレーキかける事も可能らしい。



身軽なインストラクター。
ひょいひょいと、ロープを滑ったり登ってきたり。
すごいな。こんなに簡単に出来るものなのか?





説明が終わると、もっと上の方まで歩かされた。


途中でインストラクターが立ち止まり、指を指す。

あ、あんな所に!
発見!
幻の鳥ケツァール!!!


世界一美しい鳥とも言われ、早朝にこの鳥を探すツアーもやっている。



と言っても、幻と言われるのは雄の方で、これは雌のケツァールだった。

それにしても美しい鳥だ。鳴き声も、歌を歌ってるみたい。
世界には、こんな鳥がいるのね。ぜひ雄も見てみたい。



そしていよいよ出発地点に到着。
ここまで遠かった。




出発地点は、思ったよりも高かった。
本当に高かった。

ねー、本当にここから飛び降りるんですか?
もう下が見えない程の高さ。
足がすくむ。
最初の一歩が踏み出せない!


↑こんなに高いんです!!




怖いって!
超怖いって!!




「大丈夫大丈夫。やってみたら、思った程怖くないわよ。」
私が怖がってると、後ろの可愛いお姉ちゃんがそう言って笑ってた。

「これやった事あるの?」


「ないけどね。」
と言ってまた笑うお姉ちゃん。

度胸あるよな。さすが、身体じゅうタトゥー入った怖そうなお兄さんの彼女なだけあるわ。


ついに私の番になる。
「コンニチワ!」
妙に明るいインストラクターが、私の胸についてるフックをケーブルに引っ掛ける。
命綱はこれだけ。



「チャオ!」
インストラクターに背中を押された。




ぎゃー。
怖いーー。


風のようなスピードで緑の中を滑っていった。




怖過ぎて下が見られない。
どんだけ高いんだ?

グラグラと不安定で、風が吹いたら揺れる揺れる。回される。
左手で胸のロープを持って、右手を後ろのケーブルに手をかけ、どうにかバランスをとる。



そしてようやく滑り終えた次のステーションは、こんな板の上。


ここで待つわけ?
滑った後も怖いじゃん!


手すりもないし。
下が見えない。高すぎる。
ビル何階分の高さ?
いやいやビルよりもずっと高いか。




えーと本当に、80歳のおばあさんがこれやったんでしょうか?
いったいどこの80歳よ?

これは相当の怖さだよ。
今まで事故がなかったか、知りたい。(いや、今は知りたくない。)



アラシも滑る。


遠くに人が。



ヘルメット姿が面白いリーガンでした。

このジップライン、3.5km。
長い!
長過ぎる!!

ステーションが14もある。
滑って降りるだけで2時間もかかった。




こんなに長いと慣れもくるわけで、最初の方はガチガチで肩と首が痛かったが、最後の方は怖さも薄まり、とにかく途中で止まらないように、それだけ気を付けていた。

と言うのも、滑車の途中で止まってしまうと、自分で綱を持って渡っていったり、インストラクターに助けに来てもらわないといけなくなったり、面倒臭いから。



空を飛んでいるような高さ。



ここでようやくゴール。

天国の次は楽園


天国のビーチを泣く泣く後にした。あー、このビーチ最高だったなぁ。
海最高。ゴミ一つ落ちてなくて綺麗。地元の人はフレンドリーで、そしてそんなに人がいない。

いつまでもいたかったよ。って言うか、ここに住みたい!




しかしまだ旅は続いてるだ。先に進まないと…。




次の目的地は、Boqueteという所。
ボケテ。
ボケテ!
ボケて…。


ボケて??





「ボケてって…。プレッシャーかかるわ。」
関西出身の友達はそう言ってた。
日本語にすると面白い響き。
いったいどういう所なんだろう。



リーガンがパナマに住んでいた時、何度か行った事がある町だそうだ。山の中にあって涼しくて、緑がたくさんの美しい場所だと言っていた。
ボケテはパナマの避暑地として有名で、観光客がたくさん訪れる所。



リーガンが好きそうなホテルを見付けて予約したので、それも楽しみ。


サンカルロスから5時間ぐらいの運転で、ボケテに到着。
なかなか可愛い観光地。今まで行ったパナマのどことも違う感じ。




「隠岐みたいだね。」
リーガンが言った。



そう言われれば南国の木とか花とかは違うけど、山の様子とか畑の様子とか何となく日本の田舎の雰囲気があるような。




途中で可愛いコーヒー屋さんで道を聞いて、ホテルに行ってみる。


えーっと。



え、えーっと。


ここですか?


ここが今日泊まるホテル。
すごいわ、この庭。





庭好き、鳥好きのリーガンにぴったりと思って見付けたホテルだったが、そこは想像以上。
まるで植物園のような、そんなレベルの庭だった。あらゆる植物が、上手く配置されてる。美し過ぎる。


こんな感じの建物が4つある。


Hotel Palo Alto
フロントに行くと、とてもフレンドリーなマネージャーロバートが対応してくれた。

予約した部屋は、ファミリースイートで広いお部屋だった。
他のホテルよりもお安いお値段の理由は、12月にオーナーが代わったばかりで新しいホテルだったから。


ロバートは、私達を見ると最初に謝ってきた。
どうやらオープン時のゴタゴタで、手違いで部屋をダブルブッキングしてしまったらしい。

そして代わりに、同じ料金で2部屋用意してくれると言う。



この2階貸し切り。
続き2部屋が、私達の部屋。


広い。最高!
いいよ。謝らなくてもいいよ。
ここで(が)いいよ。

ここに2泊出来るの嬉しい!
ちなみにお値段は、$130ぐらいだった。



南国のカラフルなお花がたくさん。
綺麗な鳥が飛んでくる。


こんな可愛いハミングバードもやって来る。

ここは楽園か?
楽園に辿り着いてしまったのか?



もうこのホテルだけで大満足。
特にリーガンは感激しまくりで、ずっと外に座って庭や鳥を観察してた。



庭には色んな訪問者がやってきた。
カメレオン発見!


みるみるうちに身体の色が変わってくる。不思議~。


夕食はメキシカンレストランの行き、帰ってからは外の暖炉の所で遅くまでロバートと話し込んだ。ロバートにアドバイスをもらい、翌日の観光ツアーの予約完了。


なんか優しい、いい気分。
パナマの楽園、最高。

天国みたいなビーチ


パナマシティから1時間のサンカルロス。本当にここは最高だった。

ビーチに入るには、住人とホテルの客以外は通行料がかかるためか、そんなにがちゃがちゃと人はいなくて静か。
ゴミも落ちてなくて、町並みがとても綺麗だった。





泊まったホテル マングラーロッジは、次の目的地の間にあるホテルという事で選んだホテルだったが、思った以上にいい立地条件いいホテル。


広い部屋に大きなベッド。テラスもついていて、夜はずっとリーガンとテラスの椅子に座り、外を見ながらおしゃべりしてた。



あー、ここなら住んでもいいな。
と言うか、ここに住みたいなー。本当に天国みたいな所だな。



朝は早起きしてホテルの周りを散歩。
南国の植物や花が咲き乱れ、その中を歩くのはとても気持ちいい。



途中で近くの家から、住民のおじさんが犬の散歩に出てきた。
上半身裸で気軽に散歩。


いいな~。ここに住んでるのか。羨ましい。




鳥や木や、花を見ながらの散歩。

パナマで見る木、すごく興味深い。
色んな実がなってる。何のフルーツなんだろう。




この実もすごく気になった。
見上げていたら、さっきの犬の散歩のおじさんが戻ってきたので、声をかけてみる。


この実はいったい何ですか?




おじさん、英語はあまり通じない。
でも食べられる物だと言っていた(と思う)。

おじさんいっぱい説明してくれたけど、結局何だったのか分からずじまい。



それがこれ書いてる現在、何なのか判明しました。
先週偶然見ていた日本のTV番組、千原兄弟の「世界の村で発見!こんなところに日本人」


このブラジル編で、この植物が出てきた。
感動だ。問題解決!






これはなんと、カシューナッツなんだそう。



カシューナッツ!
予想外の答えだ。



そう言えば、ヘタのところがカシューナッツの形。


注目するとこ、そこだったんか。
これは引っ掛け問題だわ。



実は落ちて、このヘタのところだけ木に残るらしい。写真をよく見れば、本当にそうなってる。
なるほどー。




どんどん歩いてキャンプ場に到着。

これがパナマのキャンプ場か。
アラスカとはちょっと違うな…。



このパームツリーで出来た屋根の下に、テントを張るようだ。




海もすぐそこ。
いい感じー。

ここに泊まるの$30だそうだ。
次回はテントもいいかな。




感動して見ていると、可愛いお姉ちゃんがやって来た。

ここの人らしい。
サーフィンのクラスもやってるそうだ。インストラクターのお兄ちゃんも可愛い。



カリブ海ではなく、大西洋側だったけど、すごく素敵なビーチだった。




木に登るイグアナも発見!




散歩から帰ったら、ホテルのレストランで次の目的地までの道を確認。

まだここにいたいけど、旅は続いてる。次の街へと進まないと。

パナマの道で地元民と触れ合う


ホテルを1時ごろチェックアウトし、南の方向に車を走らせた。
今日の宿はパナマシティから1時間ほど離れた町、San Carlosという所にある。


翌日からボケテという観光地に行きたいので、その間にある所で評判のよいホテルを選んだ。
(主に見たのはトリップアドバイザー。この旅行、トリップアドバイザーのパナマ情報をたくさん参考にさせてもらいました。)



車中のお菓子はこれ。
プランテインチップス。これの塩味が美味い。

ガソリンスタンドやスーパーにとまる度に、これを探してた。
でもメイドイン コスタリカと書いてあるので、パナマで作ってるわけではないらしい。




アラシはこんなのを食べていた。味は不明。
見た目からして美味しいそうじゃないので、味見もしてない。




パナマのバスは派手だ。
チキンバスというらしい。


色んなデコの派手派手チキンバスを数えながら、パナマシティまで走る。
一番上の写真の像の横を通り、アメリカ橋を通って、次は西へと向かっていた。





すると突然、車が停車。
大通りの路肩に車を停めるリーガン。
どうやら道を迷ったらしい。地図を見てる。



あまり環境の良さそうではない町並みだった。

しばらくすると、一人の男が車の窓をコンコンとノックし、話しかけてきた。ちょっと緊張感走る(私だけ。)




しかし何も怪しい人じゃなく、優しいおじさんだった。
迷ってる事を分かって、道を教えてくれた。



とは言ってもスペイン語。全然通じない。
これは大変。身振り手振りで何とか会話。



余談だがリーガンは言葉が通じないと、うっかり日本語で話しかける。
日本語あまりしゃべれないくせに、「ダイジョーブ」とか「ハイ、スミマセン」とか合間に入れる。
相手は困惑顔。
余計分からないって!








おじさんのお陰で、リーガン何とか道が分かったようだ。
「ハイ、アリガトー(また日本語)。」
とか言って、笑顔で車を発進させようとするけど、おじさんまだ何か言ってる。


「? 何て??」
スペイン語を習ってるムサシに聞くも、全然理解出来ない様子。



「何だ、何なんだ?」
お金か?

リーガンが財布を見せると、ノーノーと首を振るおじさん。


…うーーん、分からん。







おじさんは、向かい道の方を指差して何か言ってる。
レストラン?何か食べていけって事か??


家族みんな、わけが分からずポカーンとしてたらおじさん察したようで、指差すのやめて、握手を求めてきた。
手を出し、家族全員と何度も握手すると、おじさんは満足そうに去っていった。


不思議だったけど、親切なおじさんだったよ。
私達、もっとスペイン語勉強しないと!


車の中で、慌ててiPhoneのスペイン語アプリとかを見出した私達だった。


ようやく道が分かり、順調に車を走らせる。
途中、面白そうな屋台があったので、覗いてみる。



コーンとか豆も量り売り。
ココナッツ1個1ドル。これ買ってみた。



おじさんがナタでココナッツ開けてくれた。
あー、こうやって開けるんかと思い、車から拾ったココナッツを見せて、これも開けてくれと頼んでみた。


おじさんはココナッツを振って音を聞き、
「あーこれはダメだ。古いココナッツだ。」
と言った。

やっぱり地元民じゃないと、食べ頃ココナッツも分からないな。



ちなみにこのおじさんもスペイン語だったが、親切な女性(多分お客さん)がいて通訳してくれたので、ここでは意思の疎通が出来た。



この屋台で他のお客さんが注文している料理。
美味しそうだったのでこれを注文。

チキンとパタコン。
美味しい!



そこから更に西へと走る。
着いた!
今日のお宿はマングラーロッジ


ビーチまで歩いていける。


う、うわー!
ここは天国ですか??












いいよ!いい!
そうよ、これよ!!
私はこのビーチを求めていたのよ!!!!


もう夕暮れ時だったけど、水着に着替えて海を楽しんだのだった。

カヤックでガトゥン湖探検


翌朝、ホテルの周りを散歩した。

すると、思った以上のいい環境。広々としてるし、熱帯雨林の珍しい木やフルーツが茂ってるし。



下にいる虫やら、木の上のフルーツを観察。


あの、上にいっぱい生ってるのは何だろうと見ていたら、リーガンがアボカドだと言った。
それなら一個取ってみようと、兄弟努力する。



おんぶして届く高さじゃないな~。



落ちてる枝とか投げて、下に落とす作戦に変更。



作戦成功!
見事落とした!


ムサシ大感激。これがすごーく楽しかったらしい。



木の向こうはガトゥン湖。
美しい景色だ。




湖の方に降りていくと、カヤック発見!
やったー!



急いでホテルのロビーに行って、いくらでカヤック借りられるか聞いてみる。



宿泊客は無料だって。

やったーやったー!!



カヤック2艘に親子で乗る。
ジャングルの中をカヤックで探検。




すごーーい気持ちいい!!
最高だね。



私はムサシと一緒に乗る。

ムサシは去年、ボーイスカウトの一週間ジュノー宿泊研修でカヤックを習っていた。



「暑い地域のカヤックは楽だ!」

去年の研修では氷河の浮かぶ冷たい海で、凍えながらカヤックに乗ったらしい。
しかも訓練で、何度もカヤックひっくり返され氷河と共に泳いだとか。

こんな凍えない、楽なカヤックはないと喜んでいた。



ムサシが全部漕いでくれるので、私は楽チン。乗ってるだけ。
ボーイスカウトの研修行かせてよかった。


このガトゥンレイクは、リーガンが子供の頃よく遊んだ思い出の場所。

住んでた家の前の岸の方を指差すリーガン。


ここでよく魚釣りした。
弟(ドーソン)がずっと僕の側で遊んでて、湖に落ちないかといつもヒヤヒヤしてた。


ドーソンはリーガンの10歳下。
って事は、4歳くらいか…。

母は働いていたので、いつもリーガンがベビーシッターしてたとか。


よく溺れなかったよ。
今考えるだけでドキドキするわ。

鳥の巣とか観察。
赤ちゃん鳥可愛い。


他にもリーガンが指差したのは、その名も「ジーザス クライスト リザード」
水の上を走るトカゲ。


ホントに水の上をちょこまか走ってる!!面白い!


しかしその名前って。
本当にそんな(変な)名前か?それともリーガンだけが勝手にそう呼んでるのか?
(後で調べたところ、本当でした。聖書でキリストが水の上を歩いたという事からきてるらしい。またの名をバシリスク。)




素朴なカヌー来た!
木を掘っただけのような船。よく浮かんでるな。


子供が釣った魚を見せてくれた。



おおー!
大きい魚だ。


贅沢な時間を楽しんでから、ホテルをチェックアウト。


ホテルの前では、可愛い動物がちょこちょこ歩いてた。



何ですか、あの生き物は?


リーガンはクダマンディ(kudamundi)と言ってた。
後で調べてみると、ハナグマ?
とにかく、こんな所に出てくるのは珍しいらしい。



パナマ、毎日面白い発見がある。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる