バックパッキングその4 〜慌てた事色々〜

翌日。
雨はすっかり上がり、空気の澄みきった朝を迎えた。

おお〜。絵に描いたような美しい景色。
心が洗われるね。


お湯を沸かし、コーヒーとオートミールの朝食をとる。
するとそこに、アラシの友達ジェイがやって来た。

このステラズジェイという青い鳥。
昨日アラシがこっそりレーズンをあげていて、慣れてしまった様子。
「ジェイ、ジェイ!」
と呼び、アラシはすっかり友達気分。
ジェイはすごく側までやって来て、アラシと遊んでいる(ように見える)。


朝食が終わると子供達はまた、相変わらず釣れない釣りをしたり、ポイント稼ぎに落ちてる枝を拾ったり。
リーガンは、ナイフで木に彫刻をしだして、こんな作品を作っていた。

「人の顔ってどんなだったかな?」
と、私をじっと見ながら彫っていた。

もしかして、この怖い男の顔は私ですか?


昼食が終わると、風が強くなってきた。
ゴーゴーと大きな音を立てる強風。
これはいい!と、リーガンは子供達と凧を揚げた。

風はますます強くなり、寒さに我慢出来なくなった私はテントの中に逃げる。
するとムサシもアラシも、リーガンまでもが一緒にテントの中に避難してきた。

家族みんなでお昼寝タイム。
みんな疲れていたのか、すぐに深ーい眠りについた。


ガサゴソという音で目が覚めると、ムサシとリーガンが探検に行ってくると言う。
アラシはまだ眠っている。
念のためのナイフだけ残して、2人は出かけていった。


しばらくして、アラシが起きた。
起きるなり、ローストマシュマロが欲しいと泣く。

しょうがない。
寒いし、起きて火でも炊くか。


テントを出て、かまどの側へ。
ところが。
ライターがない事を思い出した。


しまった、リーガンが着ていったジャケットの中だ!


マグネシウム発火装置があったはずと、リーガンのバックパックの中を探した。


寒いしアラシは泣いてるしトイレにも行きたいし。

焦る焦る。


物色していると、バックパックのポケットの中からチョコレートバー4本を見付けた。
リーガン、こんなの持ってきてたんだ。

そして反対側のポケットに、ベイリーズの小瓶も発見!
何故こんな物がここに?
リーガンは、アルコールを飲む人じゃないのに。


とりあえず、私のポケットの中に没収しておいた。


そして、ようやくマッチ発見!
あった〜。助かった!!

しかし、マッチは残り数本だけしかなかった。
これは失敗出来ない。


急いでかまどに木を置き、その上にテキトーに乾いた草を置いてマッチで火をつけた。

でも、悲しい事に火はすぐ消えてしまった。


もう一度マッチを擦り、草に火をつける。
草は燃えたが、木に到達するまでに火は消えてしまう。
焦って何度もマッチを擦る。そして、ことごとく消えてしまう炎。


マッチはとうとう、残り2本だけになってしまった。

「マシュマロー、マシュマロー!」
アラシの泣き声は、さらに大きくなっている。


...どうしよう。



落ち着け、自分。


リーガンが教えてくれた焚き火の作り方を思い出し、木をどけて、最初から丁寧に作ってみた。

木を四角に積んでから、中に燃えやすい枯れ草とか入れるんだった。

(写真は、松ぼっくりでキャンプファイヤーを作る練習をするムサシ)

そして火をつけた。


火は、草を燃やし、そして見事に木も燃えて大きな炎になった。



やったー!


危機一髪だ。
エライぞ、私。



しばらく火を見て、アラシの念願どおり、ローストマシュマロを作っていたら、どこからか口笛のような音が聞こえてきた。
辺りを見回すと、ずっと向こうの川辺の方に、ムサシとリーガンが手を振っている姿があった。


手を降り返そうとしたその時。


ウオーーー。
突然サイレンのような大きな音がした。

 

狼の声だった。
たくさんの狼が、一斉に吠えたのだ。
声は、リーガン達がいる山の方から聞こえてきた。

野生の中にいる事を、改めて感じた瞬間だった。



そして、その夜。
「今夜がキャンプ最後の夜だよ。お祝いしよう!」
と、リーガンが持ってきたのは、あの昼間に見付けたチョコレートだった。

そして、
「あれ、メルモに特別なサプライズがあったのに。」
と、バッグを探すリーガン。



もしかして、探している物は、あのベイリーズですか?



あれならすでに、昼間のうちに。
コーヒーと共に、私のお腹の中へ。



そしてその夜は、オオカミの遠吠えを聞きながら、就寝。
翌日に無事キャンプを終え、一行は山を下ったのであった。

バックパッキングその3 〜湖でのキャンプ〜


湖に着いた途端、休憩する暇もなく釣り竿を取り出したムサシとアラシ。
特にアラシは、初めて買ってもらったスパイダーマンの釣り竿が嬉しくて、キャンプに来る前から釣り糸を投げる練習を何度もしていた。



それもうちのベランダで。

今日はその練習の成果を発揮すべく、何度も何度も釣り糸を湖に投げ入れる。




しかし釣れた物と言えば、
周りの木、
もしくは自分。

そんな2人の手伝い(引っかかった物をはずす)を忙しくしている間に、リーガンが昼食作りに取りかかっていた。


キャンプのご飯と言えば、日本ではカレー、アメリカではホットドックと思っていたが、今回持ってきた食料はこんな物。

アウトドア用フリーズドライ食品。

持ち運ぶのにとても軽く、調理は簡単。
2カップのお湯を入れ、9分待つだけ。

ランチのメニューは、
ターキー・テトラジーニとチキンテリヤキ・ライス
そしてデザートに、湖で冷やしたチョコレートプティング。

これが、結構美味しかった!
お腹が空いていたからか?


そしてテントを張り、火をおこす。
ムサシもアラシも慣れてきたのか、ポールを組み立てたり落ちてる木を拾ったり、言われなくてもキャンプでの仕事を次々とこなしていた。

ところで、子供達が夏休みに入ってから、我が家ではポイント制を導入している。

部屋の掃除をしたら1パワーポイント、朝の勉強が終わったら1パワーポイントというように、表にどんどんポイントを溜めていく。
1ポイントは10セントに換金され、溜まったポイントで欲しい物が買えるシステムだ。


このキャンプは、ポイントを稼ぐいいチャンス!

2人はさらにポイントを溜めようと、大きな木を一生懸命、海岸から運んでいた。
その時リーガンは、水を汲んでいた。

しゃがみ込んで冷たい湖の水に手を付け、フィルターに通して汲むのは大変な仕事。
ムサシはこの仕事をリーガンから譲り受け、20ポイントも稼いだのだった。

冷たい水で手を真っ赤にしながら、この大きな容器がいっぱいになるまで喜んで水を汲むムサシ。

20ポイントは高かったのか、安かったのか?


そして、釣れない釣りをしているうちに夜になり、夕食を食べるとアラシはすぐにテントで寝てしまった。よほど疲れていたらしい。


後片付けをし、離れた場所にあるこのフードロッカーに食料や匂いの出るゴミを全部入れておく。

クマが匂いに誘われて、やって来ないようにするためだ。
今回も、熊スプレー持参。出てきませんように。


仕事が終わった後は、ストーリータイム。

リーガンが持ってきた物語は、ハラハラドキドキ波瀾万丈のアラスカの犬の話だった。
(明るいけど、写真は夜の10時)
そしてその夜は、疲れてぐっすり眠れたのだった。

バックパッキングその2 〜トレッキング〜


出発の日、金曜日。
行き先はターミガンレイク(Ptarmigan lake)。
その日はトレイルの出発口であるターミガンクリークまで車で行き、キャンプ場に泊まる予定だ。
リーガンが仕事から帰ってくるのを待って、夜の8時に出発した。


スワードハイウェイを南に下る。
たくさんの人が、同じ方向に車を走らせていた。
ボートを引っ張る車、キャンピングカー、上にカヤックを載せている車。みんなこの連休に、自然の中で遊ぶつもりだ。


10時頃、目指すキャンプ場に到着。
すでにたくさんの人達がテントを張っていた。空いている場所には予約済みの立て札が。

小さなキャンプ場だから油断していた、とリーガンが言った。
そうか、キャンプ場にも予約が必要か。


運良く、たった一つだけ空いていた場所を発見。急いでテントを張った。
テントの中にリーガンが持ち込んだのは、やっぱりFUTONだ。





ヤワなキャンプではなかったはずなのに!


快適に寝られるは、今日だけだから。
リーガンが言った。

FUTONは今日だけ。
トイレを使えるのも、今日だけ。

ちなみにトイレだが、リーガンが教えてくれたキャンプで作るトイレは、洋式だった。


こんなところにも日米の違いが!


翌朝。
いよいよ荷物を担いで歩く日。

湖までの距離は、5.7km。
バックパックの重さは、ムサシのが7kg、アラシのトーマスのバッグだって、2kgはある。

本当にこんな重たい物を持って、山道を歩けるのだろうか。

基本的に自分の服と食料は、自分で運ぶ。それがルールだ。
ちなみに私の荷物は12kg。リーガンのは22kgもある。

川を横に見ながら、山道をどんどん歩く。
リーガンの声に合わせ、歌までうたって元気よく。

リーガンの後ろにアラシ、そしてムサシ、私と続く。
15分歩いては、10分休憩。
慣れない重たい荷物に、進む距離は少しずつ。


最初元気だったムサシも、だんだん疲れてきて文句を言うようになった。
「荷物が重たすぎて、歩けないよ。」

しょうがないね、こんな重い物持って歩いた事ないんだから。
少しママのバッグの中に、荷物を入れてあげようか。

手伝おうとした私を、リーガンが止める。

「この重さは、ムサシにも運べる重さだ。甘えているのを簡単に許さないで、自分の物は自分で責任を取る訓練をさせなきゃ。」


作戦変更。
「重くない?大丈夫?」
と言ってた言葉を、
「こんな荷物持って、すごいね!ムサシは強い男の子だね!」
の言葉に変える。
おだて作戦開始。褒めろ褒めろ。

するとムサシはだんだん元気になり、どんどん歩けるようになった。
その上、
「ママ、大丈夫?」
と私を気遣い、
「ダディがアラシを守っているから、僕がママを守るよ。」
と、手を差し伸ばす。


母は涙がちょちょぎれます。

休憩中はレモネードを飲み、リーガンが作ったトレイルミールやビーフジャーキーを食べ、元気を取り戻す。
この山道、まだ出会う人はいない。大自然の中に、家族だけ。

たくさんの鳥はいるけど、大きな動物はまだ見ていない。
朝にキャンプ場で、グレーのウサギを見ただけだ。

空模様は、曇り。そのうちに雨がポツポツと降ってきた。
子供達はビニール合羽を着て、歩く。

山を越え、谷を超え、雪を超え、小川を超え。
歩く歩く歩く。

3時間半が経過し、ずっと元気に走っていたアラシにも、疲れが見えてきた。
あともう少し、がんばれ!

上空から、飛行機の音がする。
フロートプレーン。水上飛行機だ。
釣り人を、湖まで運んでいるのだ。

「ずるいねー。僕達は歩いているのに、飛行機で簡単に湖に行こうとしている人達。」


いや、ズルくはないと思うが。

飛行機は、下降している。
湖は近いぞ!

最後の力を振り絞って、走る。


ヤッター!
ついに湖に到着!!
4時間がんばって歩いた先には、素晴らしい景色が待っていた。

バックパッキング その1 〜準備編〜


メモリアルウィークエンドにキャンプを計画したリーガン。
今回は、いつもしているオートキャンプではない。大荷物を背負って歩いて行く、3泊4日のバックパッキングだそうだ。

1ヶ月も前からリーガンは、インターネットや観光案内所で情報を集め、アウトドアショップに下見に行き、着々と準備を進めていった。
ハイキングブーツ、大きなバックパック、ウォーターフィルター、キャンプストーブなど、次々とキャンプ用品を買い揃え、そして1週間前には食料の準備に取りかかった。


ボールにナッツ類、レーズン、それとM&Mをミックスし、トレイルミールを作るリーガン。
それを少しずつ個別にジップロックに入れ、きれいに並べていく。
袋の中には

Musashi Sunday Campday

などと、丁寧にも名前と日付の書かれた紙も入っている。


一人黙々と作業をするリーガン。
こんなに用意をするなんて、今までになかった事だ。

彼は本気だ。

本気のキャンプだ。


今度ばかりは、車で行ってテントの中にFUTONを持ち込むような、ヤワなキャンプではないらしい。



サバイバルキャンプ

そんな言葉がぐるぐる巡る。


大丈夫なのか?
生きて帰れるか?
クマは、出てこないのか?

不安と期待で出発の金曜日を待ったのだった。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる