トナカイと走る競争



先週末はファーランディのイベントで、トナカイと走る競争があった。

トナカイに追いかけられてほんの数100m走るだけのイベント。参加費ももちろん発生する。





しかし何故だか、このイベントが大人気。人と違った格好で走ろうとする人達、続出。


年々人々の興奮度が増してきて、毎年すごくなっている。
今年行った時に、これはアンカレッジで一番のクレイジーな祭りだと確信した。




今年は参加者は、二千人以上だそう。
そんな人数の人が様々なコスチュームを身につけているもんだから、そばにいるだけで異様な高揚と興奮を感じる。
とにかくすごい不思議な雰囲気だ。






スーパーガールの人達。
写ってないけど下はスカート。




とても目立っていた2人組。
アラスカの気候では、薄着のコスチュームの方が目を引くようだ。

背中にはマジックで大きく独身と書かれ、その下には電話番号。笑える。




マリオカートご一行様。
人数揃うと可愛い。
特にワリオの人選ピッタリ。





KISSも出現。
盛り上がる会場。




これだけの人々が仮装をした風景、迫力あり。


スペインの牛追い祭りの仮装?
確かにここは、アラスカ版牛追い祭り。





数百人づつグループになり走る。
一番後ろに連れてこられたトナカイちゃん。





ヨーイドンでこの人数が一斉に走る。5秒後にトナカイが放たれ、どどどと人々の間を駆け抜ける。

すごいな、大丈夫か?
これは安全か??

でもみんな、笑ってるよ。





1グループが走り、また次のグループが準備してトナカイが戻ってくる間は、アラスカの歌手ホーボージムがステージでギターをかき鳴らす。



この半裸の男達の向こうに見えるのが、ホーボージム。

走るのは一瞬だが、待ち時間がとても長い。選手たちが集合して走り終えるまで、3時間。



その間ずっとマイナス温度の外で、素手でギターを弾いていたジムさん、お疲れ様。
そして何度も戻って走らされていたトカナイちゃん、本当にお疲れ様。


来年こそは家族で仮装して、一緒に走りたいものだ。

ぼっとん便所競争



プーさんが落ち込んでいたレースは、「Outhouse Races」だった。



アウトハウスレース。
一緒に行った友人のチョコレー子さん(仮名)は、これを「ぼっとん便所競争」と訳した。


トイレ競争と呼んでいたが、ぼっとん便所。これピッタリ!
ぼっとん便所という日本語、久しぶりに聞いたわ。この単語、忘れていた。




形だけでなく、チーム名もすごく工夫されてるこの競争。うん◯ネタも満載。


上の写真のイグルー型アウトハウスは、「Butt Freeze」凍えるお尻。





プーさんチームは、「Poo Pushers」
Pooとは、ウンチの事。

このプーさん、ハニーポットならぬハニーバケツに座っている。
ハニーバケツとは、バケツの上に便座シートをつけたトイレ。下水の通ってないエスキモーの村で、未だに使われているらしい。





毎年参加するレストラン、ハンピーズ。
今年はハエの仮装で来たか。





こんな変わった形のアウトハウスもあった。
船型?ブイ型?


追記
友人から教えてもらったが、「これは昨年末に嵐で漂流して、アラスカのどっかの無人島に座礁したシェル石油の掘削リグ」だそう。




トイレの中で、新聞読む人。





後ろ姿には…。
トイレットペーパー挟んでるよ!!




こんな変わったトイレも。
手に持つスッポン。




走る人も、個性的。




チーム「ハイエナジードリンク カナビス」

カナビスっていったい何?と思ったら、チョコレー子さん(仮名)が教えてくれた。マリファナの事だそう。(何故知ってる?)

もちろんこんな商品は実際にはなく(ないよね?)、アメリカンジョーク。


このチーム、最後はバテバテだった。
このエナジードリンクは、切れるのも早いのか?




以前よりダントツ観客が多くてびっくり。
大人気。雪の中の熱い競技だった。

ファーランディ



アンカレッジでは現在、Fur Rondyというお祭り開催中。(2013年は2月22日から3月3日まで)

犬ぞりやら仮装マラソンやら雪合戦やら、各会場で様々なイベントが行われている。



友人と見に行ってきたので、気になる場面を少し紹介。




毛皮オークション会場にいた人達。
頭に被る獣に目が釘付け。怖いです。


こんな帽子、アラスカ以外でいったいどこで被れるの?


お祭り中、個性的な毛皮着る人続出。
茶色の毛の長い毛皮を着て、雪男みたいな姿になっていた人もいた。猛烈に犬に吠えられていたけど。





スノーボードの会場にて。
スノーボーダーがこの上から滑ってジャンプするらしい。


こんなペラペラなベニヤ板を繋げただけのジャンプ台。この上に乗って、ホントに大丈夫なの?




この板の上にシャベルで雪を積み上げる人達。


この時、当日の午後3時。
確かショーは、5時に始まる予定。


間に合うのか?
何故当日に用意する?
いくらアラスカ人と言えども、遅すぎるって。


何かと心配なイベント。


時間の関係で見に行かれなかったが、すごく気のなる。
時間までに雪は上まで積めたのか、この頼りない板の上からスノーボーダーは無事にジャンプ出来たのか、もし見に行った人があれば報告をお願いしたい。




堂々と歩くミスアラスカ達。
その手に持つのは、ジップロックに入ったトイレットペーパー。
何故だ!?





「緊急の時に役立つから、とか?」
と友人は言った。




違うんじゃない?





レースに敗れ、落ち込むプーさん。
プーさんしょんぼり。


何のレースかは、次回のブログにて!
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる