イーグルリバーのサンドイッチ屋さん




面白い店を発見!
イーグルリバーにあるサンドイッチ屋さん Tinker's Rainforest Deli




店内に貼ってあるメニューが豊富で、何を選んでいいのか悩んでると、


「まぁそこに座って、ゆっくり選んでよ。この紙にサンドイッチの組み合わせを考えて。」

と、個性的で明るいお姉さんに紙を渡される。



紙にはパンの種類から具、ドレッシングがたくさん並べてあり、そこから好きなだけ選べるようになっていた。





お店の人、超フレンドリー。
アラスカらしくて好き。











何と何が合うのか、それを考えるのが楽しい。
でもなかなか難しい~。




コーナーとムサシ、学校でテスト受けてるみたいだよ。










時間かけてやっと出来た!
私のハーフサンドイッチはクロワッサンにハムとエッグサラダとチーズ、レタスきゅうりトマトバナナペッパーを挟んで、ハニーマスタードかけた甘いサンドイッチ。




スープはガンボを。
とても美味しかった!




次回にはこれ入れよう、あれはやめとこうとか、色々思って楽しい。







飲み物メニューも、アラスカっぽくて面白い〜。




ムースプーモカって!
気になるわ~。次回飲まないと。





Tinker's Rainforest Deli
12812 Old Glenn Hwy
(907)694-3354







ちょっと分かりにくい場所にあります。
イーグルリバーでは人気のお店。
オススメです。


スワードのクレープ屋さん



今週末は「ポーラーベア ジャンプオフフェスティバル」を見に、スワードという町へ行った。




フェスティバルには毎回泊りがけで行ってたが、今回は日帰りに決定。

アンカレッジからスワードまでは、車で3時間かかる。11時半のパレードまでに到着するには、家を朝8時半に出発すれば間に合う計算だ。



実は私には、スワードに行ってみたいお店があった。それはベルギー人おじいちゃんが焼くクレープ屋さん「Le Barn Appetit」




5年前私が日本へ里帰り中、リーガンと義父ディーがスワードで発見したレストラン。

「とにかく店のオーナーがユニークで冗談ばっかり言ってて、それでいて温かい。
そしてクレープが大きくてものすごく美味い。この店には絶対行った方がいい。」

と何度も言うリーガン。
ちなみにリーガンとディーは、そのクレープにあまりにも感動し、新しいクレープパンまで購入していた。


このクレープ屋さん、トリップアドバイザーでもすこぶる評判がよく、スワードのレストランの中で人気ナンバー1。必ず行きたいお店なのだ。







しかしこのお店には、一つだけ難点がある。
それは…


お店が開いている時が少ない!!行きたくても行けないよ。






この5年間、私は何度もクレープ食べに行こうとしている。スワードを訪れる度にトライしているが、お店が開いていた試しがない。
お店の前には何度も行ってる。でも鍵がかかっている。
開いているか確認の電話もしているが、開いていると言われた事がない。


おじいちゃんの気まぐれで店を開けてるのか?
行きたい!でも行けない!!



それでも諦めない私達。
そしてまた今回も、スワードに行く前日にダメもとで電話してみた。
するとなんと、開いてると言うではないか。
逆にショック!!



この機会を逃してはなるものかと、朝早起きをしてスワードに向かった。


「ル バーン アペティ」には朝10時頃に着いた。感動。お客は私達家族だけだった。
お店の中は、古くて温かい雰囲気満載。



フランスから直輸入したと言う、大きなクレープ焼き機の前に座って料理するイヴァンさん、76歳。



確かにユニーク!!何とも言えない独特の雰囲気がある。
最初から冗談とばすとばす。でもアクセントが強いので何言ってるのかよく分からない。それなのに、やたら面白い。そして温かい。
オモロイよこのおじいちゃん!待った甲斐があった。



↑上の写真は、トンボ(?)を上手に使いこなすイヴォンさん。
生地をならすその様子は、私にスケート場を思い出させた。




上手に道具を使ってクレープをひっくり返すイヴォンさん。

もう一つのパンの上で卵を料理する。
頼んだのは、トナカイのソーセージクレープ。


イヴォンさんに、
「何年クレープ焼いてるんですか?」
と聞くと、
「76歳の生涯ずっとクレープ焼いてる。」
と言っていた。


そして何度も繰り返して言うのが、
「俺は、こんなスイートな奥さんがいて幸せだ。」
なんとも素敵なカップルだ。長年連れ添っていても、そんな風に言ってもらえる奥さん、幸せ。



クレープの上に、チーズを大量に乗せ、その上にソーセージ、目玉焼き、ほうれん草大量、特製ソースを乗せ、クレープ用スパトラを使って巻く。



アラスカのトナカイソーセージクレープの出来上がり。


これが超美味しかった!
これがクレープなの!?
感動の美味しさだ。



そして次に、デザートクレープに取り掛かるイヴォンさん。

注文したのはストロベリー&ルバーブのクレープと、ブルーベリークレープ。

2つのパンで焼き、冷ましてデコレーション。




ストロベリー&ルバーブのクレープ出来上がり♪


完成すると右の鐘を鳴らし、ジャネットさんが運んでくれる。




このムサシの嬉しそうな顔を見れば、どんなに美味しかったか分かってもらえるだろう。

このレストランは一言で表すと「Welcome」
すごく温かい、ハッピーな気分にさせてくれるお店だった。
ここのお陰で私達のスワード小旅行が、とてもスペシャルでほっこりする旅となった。


アラスカのスワードを訪れる人は、絶対お勧め。尚、お店が開いているかは運次第。電話で要確認。
Good Luck!

Le Barn Appetit
11786 Old Exit Glacier Rd. Seward, AK
tel (907)224-8706 web

ポーズをとる熊



連休で親戚が滞在中。
一緒にアラスカ ワイルドライフ コンサベーションセンターに行ったら、妙にカメラ慣れしている熊に出会った。


この熊、観光客の前に出てきて大きな岩に移動。
岩の上に立ちあがり、みんなの注目を集めるとポーズをとりだした。



完璧なモデルっぷり。
写真をうまく撮られるように、躾られてるに違いない。


舌を出したり上目使いの可愛い顔したり、違う方向に視線を向けたり。
しかも3秒ぐらいの間隔で、動きを止める。
グッドジョブのブラウンベアくん。




そしてこちらはリンクス。
滅多に人間世界に姿を見せない、オオヤマネコ。




この2匹が凝視している、視線の先は係員が連れている犬。
後ろの方に隠れていたのに、犬を見つけた途端、前に出てくるリンクス。すかさず、観光客のカメラの的.




猫のようだが、猫よりもずっと身体が大きい。特徴は、立ってる耳。





実はこのリンクスを、うちの裏庭で見た事がある。うちに来たリンクスは、もっとヒョウ柄だった。


そーっとチキン小屋を覗き込む姿が、あまりにも美しくてびっくりした。
後にこのリンクス、知らない間にうちに何度も訪問したらしく、鶏が日に日に減っていった。美しいけどにっくき敵。

ホーマーのワイナリー



今度ホーマーに行ったら訪れてみたいと思っていた場所があった。
それが、ベアクリーク ワイナリー




それはホーマーの郊外の、緑豊かな場所にあった。お店の中もすごく可愛い。
人気スポットなので、次々と観光客がやってくる。



実はリーガンも私もワイナリーは初めての体験。どうしたらいいか分からずにキョロキョロとしていたら、イケメン君が案内してくれた。





お店のフロントは、もうお客で満員なので、バックのキッチンの中でテイスティング。


キッチンには、ワインの大きなボトルがたくさん並んでいた。




このボトル、ブンたさんちにあったボトルだ!


中は、ブルーベリーワインやラズベリーワインなどの、フルーツワイン。

オーナーが、趣味でガレージでワイン作りを始めたそうだ。そのワインが、家族友人達に大好評。
それで本格的に勉強して、このワイナリーを作ったらしい。
今ではこのワイナリー超有名、超人気。




ワインリストにはベリーの他、ルバーブやザクロやキウイのワインなんかもある。
どれがいいのか分からないので、取り敢えず甘いワインを試飲させてもらった。




美味しくてびっくり!!
しかもイケメン君が次いでくれる。
そして、色々違うワインが飲める。

これはお勧めしないわけにはいかない。




どれも美味しくて、次々と試飲。最後には酔っ払って何が何だか分からない状態。(リーガンが飲まない人なので、うちではアルコールをほとんど飲まない。それで私も、どんどん弱くなった。)



ワインは$20より。私は結局最初に試飲した、ラズベリーワインを選んだ($25)。





外に出て庭をちょっと見ていたら、オーナーの奥さんが
「(庭の)中に入って、見ていってちょうだい。」
と言うので、遠慮なく素敵なお庭を拝見。



そこにあったスイングに、アラシ興味深々。4つもブランコが付いている。

ちょっと乗せてもらったら、これがかなり楽しかったらしい。




すごい笑顔で、車の中で待っていたムサシを呼びに行った。


ムサシも乗って大はしゃぎ。
楽しい楽しいと、グルグル回る。







それを見ていたリーガン。
「あれは、何キロまで大丈夫なんだ?」

まさか…。









なんと、リーガンもスイングに参加。
私も呼ばれたけど、既に酔いがまわってる私。この状態でこんなのに乗ったら、大変な事になる。


しっかり打ち合わせをして、回り始める。
大丈夫なのか?
リーガンの重さにも耐えられるのか??




めっちゃ楽しそう。
みんな笑いながら回ってるし。



ホーマーのベアクリークワイナリー、超お勧め。

ホーマーへドライブ


週末は、ホーマーまで日帰りドライブに行った。

片道4時間半。
日帰りにしては遠過ぎる。




実は遊びだけに行ったのではなく、わざわざホーマーまで出向いた理由はリーガンの鶏の買い付け。



因みにリーガンの趣味、鶏は現在うちに70羽。週に240個の玉子を産んでいる。


この上まだ鶏を買うんか!と突っ込みたいところだけど、この玉子が評判で玉子ビジネス大繁盛。今は玉子を買いたくても、予約待ちの状態。


でもまだまだ儲かってないよ。赤字だよ。


これから暖かくなってやって来る鶏の敵、熊やリンクスやフクロウ達から守るために、今年は頑丈なフェンスを建てるみたいだし。

フェンスにいったい幾らかかる?
まぁ、リーガンが楽しそうだからいいか。





ところでホーマー。
ホーマーと言えば、2年前にホーマーに行ったブログ記事を見付けてくれた トリップアドバイザージャパン さんが、ブログをリンク してくれた。
嬉しかったので、もっと旅行情報が載せれるような写真を撮る事目標に。





やっぱり、ホーマーはよかった!
さすがアラスカのシャングリラ。

お天気もよかったので、綺麗なビーチの景色が気持ちいい。



写真はホーマースピットにて。
今回ホーマーは4回目だが、いつも冬に来てるので、このホーマースピットの可愛いお店が開いてる時を見た事がない。


見るからに面白そうなお店。
今年こそは夏にホーマーを訪れたい。




遅いランチは マーメイドカフェで。



ここは、古い本屋さんとB&Bも付いてる小さなカフェ。
中のインテリアも、木のテーブルと椅子も可愛い!




リーガンがGarden Quesadilla 私がお勧めされたFishwichを注文。

めっちゃ美味しかった!


アラシのピザも美味。



このカフェは当たりだった。



そして、鶏さんを買いに農家のお家へ。



でっかい鶏8羽。
こ、これを後ろに乗せて4時間半ドライブするわけね。ちょっと怖いんですけど。




ここのうちには、牛とヤギがいた。
ミルクでチーズやタピオカも作っていると、4人娘の長女ちゃんが言っていた。



「このヤギがラズベリーちゃん。可愛いでしょ。ラズベリーちゃんにはベイビーがいるのよ。」
と、舌ったらずの高い声で説明してくれた一番下の女の子。
ラズベリーちゃんよりあなたの方がずっと可愛いんですけど。


短い時間だったけど、ホーマー楽しかった。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる