ホーマーキャンプ旅行その2 嵐からの脱出



テントが出来上がったので、中に入って寝袋とかの準備をしていた。
ごーごーと音を立てて、すごく強い風が吹いている。





「あの人達に手伝ってもらって、ホント助かったよね~。」
「そうだね。アウトドアに詳しそうな人達だったね。」
「これはいいテントだから、大丈夫って言ってたよ。」


マーモットのテント。細いフレームが、強風に耐えている。
良かった、安いテントを持ってこなくて。







「で、これから何するの?もう寝るの?」
時計を見ると、10時を過ぎていた。


マギーから、Salty Dawg Saloon に飲みに行くから一緒に行こうと誘われていた。
あのお店、一回だけ写真を撮りに中に入ったことがあるけど、個性的な面白そうなバーだった。

行ってみたいけど、ここからこの強風の中に歩いて行くのはちょっと遠いな。








「今日するのは本当のキャンプじゃないって言ってたけど、あの意味は何?」
とクリスティーナに聞かれた。


ああ、あれね。
本当のキャンプじゃないと言ったのは、車で行ってキャンプ場にテント張ってするオートキャンプは、本当のキャンプじゃないとリーガンがよく言ってたから。


友達と大騒ぎしてお酒飲みながらするのは、キャンプじゃなくてパーティー。
本当のキャンプは、誰もいない自然の中で静かにするもの、といつも言ってた。





道が見えたらダメ、人や車が見えたらダメというリーガンのうるさい注文で、人間が作った物は何一つない大自然の中まで、家族だけで歩いて入っていくキャンプを前はよくしてた。

あれよりは、今日は全然簡単なキャンプという意味だったんだよ。






でも今のこの過酷な環境。
ごめん、簡単なキャンプじゃなかったよ!

Party on the beachじゃなかった。この嵐はかなりのアドベンチャーだよ、と笑い合った。









「これから何をするの?」と繰り返して言っていたクリスティーナは、寝袋の中でもう声を出さなくなった。


寝たのかな?

風はどんどん強くなり、それに雨も降ってきた。
ごーーーっとものすごい音を立てて、テントが揺れている。

寝ようと思っても眠れない。こんなにうるさい風に煽られ揺れてるのに、クリスティーナは本当に眠ってるの?




その夜は、ほとんど眠れなかった。
うとうととしても、すごい風の音で目が覚める。

今までたくさんキャンプしたけど、今までで1番暴風雨の中のキャンプだった。
どうかテントが壊れませんようにとだけ祈っていた。




マギーが、もっとすごい風の日もキャンプした事があるから大丈夫と言っていた、その言葉に夜中に何度勇気付けられた事か。
いざとなったら、すぐ側でキャンプしているあの人達に助けてもらえばいいし。


夜中の2時ごろ、外で叫び声が聞こえた気がして出てみると、あのグループがバーから帰ってきたみたいだった。元気な人達だ。
それから寝袋の中で、ずっと夜が明けるのを待っていた。






朝6時ごろ、ようやく風が弱まり太陽も出てきて、嵐は終わったかのように思えた。少しだけ眠れた。

また強い風の音で目が覚めた。
「雨が降ってる!」
と、驚きの声を出すクリスティーナ。彼女もようやく起きたみたいだ。



「降ってるって。今更気付いたの?昨日からずっと降ってるよ。今よりも昨夜の方がすごい風と雨だったよ。」
クリスティーナは知らなかったと言った。




…よくあの中で眠れたよ。と言うか、熟睡してた?
すごいわ、クリスティーナ。羨ましいわ。


この人、どこでも生きていける人なのね。
そう言えば、インドに長年住んでたと言ってた。さすがだ。







風がまた強くなってきて、ごーごーとテントが激しく揺らされた。
「Namiさん、危ないです。もう逃げましょう。」
と、クリスティーナが言った。


確かに。
もうここから脱出した方が良さそう。テントが飛ばされかけてる。




でもこの強風の中、どうやってテントを畳むか、だ。
1人は中でテントを支えてないと、飛んでいきそう。
支えてる間に、もう1人が荷物を車の中に運んで、とにかくテントを小さくして車の中に全部放り込んで逃げようという作戦で、話がまとまった。







まずはクリスティーナが支えてる隙に、私が荷物を運んだ。
そして今度は交代して、クリスティーナが外に出てテントのポールを外し小さくしていった。


強風の中、きゃーきゃー言いながら動く。もう大変!



テントを丸め込んで、何とか車の中に詰め込んだ。
忘れ物がないか確認してから、急いで車を動かす。

砂から車が出られるか心配だったが、昨日の人達がタイヤの後ろに石を積んでくれていたみたい。お陰ですんなりと車は動いた。






脱出成功!
やったーー!


クリスティーナと笑い合って喜ぶ。





クリスティーナ、なかなか強い。
お互いに笑顔でピンチを切り抜けられる友達って重要。
この人となら、助け合って色々遊べそう。またキャンプに一緒に行きたい人。


車もうまく抜け出せてよかったよ。誰か知らないけど石を下に敷いてくれた人、どうもありがとう。




後日談になるが、帰った後にマギーとコンタクトして知った事実。
このグループは、鮭の生態を調査するためにこれから4ヶ月間キャンプ生活をするチームだった。

この後ブッシュプレーンで人のいない大自然の中に入ったらしい。荷物はヘリコプターで現地に運んで。



どうりで!
レベル高いはず。





そしてマギー
フィッシュ&ゲームで働いたり、リバーガイドやスノーボードインストラクターだったり、アウトドア能力のすごく高い人。

1人でハイクやキャンプに行ったり出来る、強くてかっこいい女。
ますます惚れるわ。


9月にキャンプから帰ってきたら、一緒にキーナイリバーで釣りをしようと約束した。
それまでに魚が釣れるようになってないと!





朝食はFresh Sourdough Expressへ。
この前ホーマーに行った時に、見付けたカフェ。




何食べても美味しいし、お店の人がすごくフレンドリー。


強風の中スピットでキャンプした事を告げると、
「テントが飛ばされなくて良かったね。」
とウェイターのお兄さんに言われた。



去年このお兄さん、ビーチにテントを張ってここで仕事をしてたそう。
仕事から戻ってみると、テントが飛ばされてなくなっていたらしい。
それは悲しい。






ホーマーを後にして、次はニニルチックという村に向かった。
クリスティーナが、とてもロマンチックな場所だと言うから。




ニニルチックがロマンチック?そんな場所あったっけ?
何回か行った事あるけど、寂し気な村という印象しかないけど。







ニニルチックには行ってみて分かったよ。確かに可愛らしい村。
でもクリスティーナにとって、個人的にロマンチックな思い出のある場所なのね。


7年前にここで結婚式の写真を撮った話しをしながら、思い出したのか涙ぐむクリスティーナ。





実は私、クリスティーナの旦那さんとも友達。と言うか、クリスティーナに会う前から旦那さんとは友達だったよ。
こんな可愛い人と結婚して、Sさん幸せだね。ホント良かったよ。








ニニルチックにあったお土産屋さん。
ちょっと怖そうなおじさんだけど、話すとフレンドリー。



村に住んでるのは16名程だとか。
夏になると人数は増える。特にもうすぐキングサーモンの季節だから。



キングサーモン釣りに、ここに戻ってこないとね。





今年最初のキャンプ。


ハラハラドキドキで楽しかった。この夏は、たくさんキャンプに行きたい。
面白い事、たくさんありそうな予感。

ホーマーキャンプ旅行 その1 ビーチキャンプ



先週末、友人とホーマーにキャンプ旅行に行った。



ここ数年、毎年友達とホーマーに一泊旅行に行っている。ホーマーは、女友達と遊ぶのに最高に楽しい場所。
今年のホーマー旅行の相棒は、クリスティーナだった。


クリスティーナは、キーナイ半島に住んでるスウェーデン人の友達。
この前久しぶりに会った時、彼女がニニルチックかホーマーにキャンプに行きたいと言ったのだ。




じゃあまずはホーマーに行こう!
ホーマースピットのキャンプなら、簡単だから。
ご飯を作らなくても美味しいレストランいっぱいあるし、ワイナリーもあるし。

キャンプと言うか、旅行だね。町で遊んで、ビーチにテント張って寝るだけ。
絶対に楽しいはず。




ホーマーキャンプ旅行は、すぐに決定となった。

じゃあいつ行こうかという話になって、
「そんなに先の予定は決められない」とクリスティーナが言った。


フリーランスでフォトジャーナリストをしている彼女。
何ヶ月も先の遊びの計画を立てても、取材が入ったら全部キャンセルして、世界のどこかに飛んでいかないといけない。




それはよけいにラッキー!
ちょうど良かったよ。
私もそんなに先の予定は組めない。楽しい事を長くは待てないから。


すぐに行こう、いつ行けるの?
と、考え出したのが3週間前。

5月の最初の週末にホーマースピットでキャンプと決まった。
やったー!楽しみ~~。







でも、ちょっと待って。
5月って、もう、キャンプ出来るぐらいは暖かくなってるんだっけ?


長年アラスカに住んでいても、思い出せない。5月がどんな天気だったのか?

アンカレッジの今年の4月は、昼間は気温が10℃ぐらいまで上がっても、朝はー1℃とかでまだ寒かった。
もしかしてホーマー、5月も朝は氷点下だったりして。




…女2人でキャンプ出来るかな?

早過ぎ?
早まり過ぎ??
キャンプにはまだ寒過ぎる?


でもボーイスカウトの子供達は、冬でも毎月キャンプしてたし。マイナス20℃の寒さでもキャンプしてたし。
道具もある事だし、やろうと思えば出来るはず。




「私達はタフだから、出来る!」
とクリスティーナが言った。


おー!行ける行ける。やろう!
遊びたい気持ちの方が勝った。

まぁ行ってみて無理そうだったら帰ればいいし。クリスティーナの家で寝ればいい。
ホーマーからクリスティーナの家までは、車で2時間ぐらいだから。

天気予報も雨だったので、無理だったら家に泊めてもらう事にして、とにかく行く事にした。




「何かアンカレッジから持って来て欲しい物があったら教えて。」
とクリスティーナに聞くと、


「アンカレッジから必要な物はNamiさんだけ。だって一緒に良い時間が過ごせるって分かってるから。」
という答え。




なんて可愛い人なんだ。
こんな可愛い事を言ってくれる人のために、キャンプを成功させなくては。



クリスティーナ、もしかしたらあまりアウトドアをしない人なのかもしれないと感じていた。
ジェットボイルを知らなかったし、寒かったら家に帰ろうと言ってたから。



分かった。私が頑張る。
私がクリスティーナのためにテントも張るし、守るから。




そう思った後よく考えてみたら、夫抜きでキャンプ行った事がなかったわ。
いつもキャンプでは、リーガンと子供達が全部やってくれてた。


…私、テント自分で張れるのかな?
練習しないと。




出発の土曜日の朝。アンカレッジは晴れていた。
2時間運転して着いたクーパーランディング。



この前の所に行ってみたら、キーナイレイクが全部溶けてる!
一週間前には凍っていたのに。
早い早い。夏も近い!




そこから40分の運転でクリスティーナを拾って、ホーマーまで行った。
今回も、私が写ってる写真はクリスティーナに私のアイフォンで撮ってもらった。





さすがプロ!
偶然に入ったお花屋さんで携帯渡しただけなのに、クリスティーナが撮るとこんな3D写真みたいなのになる。



何この奥行き感は?

一緒に行ったのに、こんな写真が撮れる場所だとは気付かなかった。
写真見てびっくり。


もう目が写真家の目になっていて、自然にどこに立ってどこから撮ればいいか、分かるんだって。




ちなみに上の写真のナーセリーは、
Alaska Hardy
ホーマーに入るちょっと前にある。




ホーマーに入ってすぐ、キャンプ出来るかどうか、ホーマースピットに行ってみた。
ビーチのすぐ側のキャンプ場を見てみると、テントが一つもない。


まだ誰もキャンプしてない!


「Namiさん、テントがありません。」
クリスティーナが悲しそうに言う。



なんで?
やっぱり私達、早まり過ぎたの!?
まだキャンプの季節じゃなかった??


取り敢えず、そのままスピットの最後まで行ってみる。






車を出ると、ものすごい強風だった。
もう目も開けてられないぐらい。ビーチの砂が飛んでくる。


私はすぐ車に戻ったが、クリスティーナは果敢にも外で海の写真を撮ってる。





これは今日、キャンプ無理じゃない?
こんなに風が強いとは。
だから誰もいないのか。


また元来た道を行く。

さっきのキャンプ場の前。誰かがこの強風の中、テント張ってるのが見えた。




「Namiさん!テントがあります!!」
しかも女性の2人組だったよ。


女は強い!!
やったー。今夜キャンプ出来るかも?

とにかく、先に町に行ってから、また状況を見てみようとクリスティーナと話し合った。





まずは、いつも行くワイナリーへ。

Bear Creek Winery


クリスティーナはまだここに行った事がないらしい。
これは連れて行ってテースティングしてもらわなければ。




甘くて美味しいアラスカ産ワイン。
$5で8種類のワインがテースティング出来る。ワイナリーの雰囲気も、とっても可愛い。


私はアルコールに弱いので、飲まなかった。試飲だけでもここで飲んだら、もう運転出来なくなるぐらい酔ってしまうから。



クリスティーナはとても喜んでくれて、旦那さんにお土産のポートワインを購入。次回はデートにここに行きたいと言っていた。



その次は、輸入食品ディスカウントのお店へ。

Save-U-More




なぜかここに、アンカレッジにはない日本の食材が安く売っている。

そして今回知ったのだが、ここにトレーダージョーズの商品が少しだけど売っていた。あと、IKEA商品も。
シアトルまで買いに行かなくてもいいじゃん。


このお店、ソルドトナにもあるそう。アラスカでは、ホーマーとソルドトナだけ。







クリスティーナに教えてもらって、スウェーデンのクッキーを買った。

スウェーデン。行った事がなくて知らない国だったけど、これから注目したい。
スウェーデンの印象と言えば、性教育がオープンな国?


クリスティーナは笑って、でもそれだけではないと言っていた。






その後にホーマースピットに戻ってキャンプサイトに行ってみる。


風がだいぶおさまってる!
これならキャンプ出来るかも。



だけど、テントが一つもなかった。
あれ?さっきの人達はどうしたの?
誰もキャンプしてないよ。





取り敢えず、ここのルールを読もうとお金を払う場所(無人)に行ってみる。
4月から10月までは、1テント$13と書いてあった。



「え?高くなってる!前は$8だったのに。」
とクリスティーナ。


「分かった。11月にキャンプすればいいんだ。そしたらタダです。」
ってクリスティーナ!
11月なんて凍ってますから!!


…この人もしかして、すごくアウトドアが得意な人なのかも。







いい場所を見付けて、ここに決めた。
私達がテントを広げると、また1台また1台とキャンプする車が現れた。


良かった~。1人じゃない!心細くない!
みんな、キャンプする人を待ってたのね。1人始めれば、どんどん来るわ。




風は強くなっていた。
一回はテントを開いてみたけど、いない間に飛ばされると困るので、そこに車を置いて先に夕食を食べに行く事にした。





夕食は人気のレストラン、リトルマーメイドで。

Little Mermaid





ここは小さいお店なのに1番人気で、夜は予約してないと入れない事が多い。
この時期でもテーブル席の方はいっぱいで、バーでなら食べられると言われたので、そこでお願いした。





頼んだのは、ピザとpoutine。


 美味しい!
なかなかの迫力。ダイエットには向いてませんが。





隣に座ってた男の人が、彼女がトイレに立った間に話しかけてきた。

「何を頼んだか知らないけど、次はポキを試してみて。ここのポキはOMG美味しい!!」
と言っていた。
きっと誰かに伝えたい程、美味しかったんだろう。

次回はポキ。また来ないと。





食べてる時に、ぐらっと揺れた。

地震だ。
マグニチュード5.2。震源地は近い。



「これは地震なの?それとも私が酔っ払ってるの?」
と言ったら、周りから笑われた。


ワインで乾杯して、気分良かった。
さぁ体も温まったから、テントを張りに戻ろう。







暗くなる前にテントを張らなければ。
キャンプ場には、既に数個のテントが張ってあった。






テントを広げる。
また強い風が吹いてきて、一苦労。

するとビーチを歩いていた若いお姉さんが近づいてきた。




「ハーイ。風が強くて大変ね。」
そのお姉さんも、ここで今夜は友達とキャンプすると言って向こうにあるテントを指差した。そして、テントを張るのを一緒に手伝ってくれたのだ。



しばらくするとお姉さんの友達も来て、強風の中みんなでテントを張る。
風が更に強くなって、ちゃんと持ってないとテントがタコのように飛んでいきそうだった。手伝ってもらって助かった。



ある程度テントの形が出来ると、お姉さんが、
「飛ばされないように、重い荷物を車から持ってきて。」
と言った。

テントに荷物を入れると、
「もっと重りが必要。」
と言われ、テントの中に入ってテントが飛ばされないように、重りの荷物を配置してくれた。


このお姉さんすごいわ〜。
テキパキと適切な指示を出してくれる。
誰だか知らないけど。





「あなたはちょっとこっちに来て。私と一緒にこの木を動かして。」
とお姉さん。






え?
この木を動かすんですか…。




「大丈夫!私達は強いから。出来る出来る。」
とお姉さんは笑顔。


「分かった。私は毎日ジムで鍛えてるから力は強い。出来るはず!」
と、木を持とうとした。




するとお姉さんが、
「待って。腰を痛めて欲しくないから、まずこんな風に膝を曲げて!」
と、膝を曲げ腰を落とすポーズをとる。



はい、あなたもやってと言われ、お姉さんの横で同じような姿勢をとる。





ちょっと待って、だんだん笑えてきた。
あなたはいったい誰なの?

私は誰と一緒に、こんな重い木を動かそうとしてるの?







一緒に力を入れる。
うぉー。





やったー、動いた!
いえーーい!!


ハイファイブしてハグして喜び合う。
大爆笑。
でもこの人いったい誰?





「今度はあなたの車をここに動かして。テントの横に車を停めて、風をブロックするの。」
とお姉さん。


「でも私の車、四駆じゃないから。下が砂だから、ハマりそうで心配。」
と言うと、

「大丈夫。明日の朝、みんなで押すから。心配しなくてもいいよ。」
と言ってくれたので、車を動かした。




もう可笑しくて可笑しくて、セルフィして笑い合った。




いったい誰なの?
誰なの、このかっこいい女は?





「あなたはいったい誰?誰だか知らないけど、好き。」

名前はマギーと教えてくれた。今はソルドトナで、フィッシングのルールを勉強してるらしい。





あなたも川の人なのね。
じゃあこの夏、またキーナイリバーのどこかで会えるはず。






マギーと2人で盛り上がっている間に、手伝ってくれてる人達が増えていた。
クリスティーナは、みんなと一緒にテントを作っていた。




いつの間に!
気付くと、もうテントが出来ている!!





しかも飛ばされないように、石を並べてくれてる。
すごい。みんなアウトドアを知ってる人達だ。友達になりたいグループだったわ。






入り口も石でデコレーション。
みなさんどうもありがとう。





みんなで記念撮影。
名前も知らない人達だけど!





こういう所がアラスカが好きなところ。
みんな他人に優しい。
知らない人に、とても親切。温かい気持ちにさせてくれる。





良かった、こんないいネイバーがいるから、今夜のキャンプは心強い。




しかしその夜は、あんなに大変な夜になるとは。この時はまだ知らなかった。
つづく。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる