フラットトップに登る!



ジョイさんホームステイの4日目は、近所の山フラットトップに登る事を提案した。
ここから見渡す眺めは最高。





比較的簡単な山なので観光客にも人気があってたくさん登ってるし、地元のティーネイジャーはここをトレーニング場とし走って登ってる。
家から近いし、気軽に行けるハイキング、とお勧めした。






「ただし、最後の道は岩だよ。そこから頂上までは、びっくりするぐらいのロッククライミング。頂上まで行かなくても、岩の手前まで登って帰ってもいいし。」
とも付け加えた。



登り口の駐車場まで行くだけで、景色が良くていい気分。
スリーピングレディも良く見える。







ここでスリーピングレディごっこ。
女性が寝そべってるように見える山というけど、こんな感じか?




荷物を背負ってハイキングスタート。
緑の中を歩くのは気持ちいい。




トレイルは、いきなりの急な坂。
角度がすごい。
傾斜が激しい。
日本のトレイルに比べて、全然優しくない。




ここには色んなたくさんの人が登ってる。
時々、音楽をスピーカーでガンガン鳴らして歩いている人もいる。

人間BGM。なぜヘッドフォンを使わない?



前にいた人間BGMのお兄ちゃんが、ノリのいい曲をかけていた。
なんか聞いた事がある、この気持ちいい曲。


そのお兄ちゃんが歩くの早くて先に行ってしまっても、さっきの曲が耳から離れない。
待ってお兄ちゃん!その曲は何の曲?
もう一回聞きたくなった。


お兄ちゃんカムバーック!
急いで探しても、人間BGMには追いつかない。






上の方にはまだまだ雪が残っている5月。
足元も悪いので気を付けて。





最後の方は、階段が現れた。




「階段の一歩が大きいな。それになんかガタガタ。」
と驚くジョイさん。



まぁ、日本のようには整備されてないからね。
ここはアメリカ。何でも大雑把。

全部自己責任だから。怪我しないように気を付けて。






登り始めて1時間。
最後の岩の所までスムーズに登れた。


「ここまで来たんだから、頂上まで登りたい。」
ジョイさんやる気満々。

分かりました、そこから頂上を目指します。







ゴロゴロの岩の間を登る。なんか荒い道になってきたぞ。
それでも頂上目指す人、多数。


下を見ると、いい景色!デナリも遠くに見える。





小さな岩の道を過ぎると、そびえ立つ岩山。






これは険しい!ここを行くぞ!!


「マジでー!?これはすごいわ…。」
ジョイさん、この岩に驚いている。



私もここに来る度に驚くよ。
みんなここ平気で登ってるけど、今まで事故はなかったの?これはかなりの険しい道。








さぁ行くよ。
どこに足をかければいいか、よく考えてよじ登れ。







後ろを振り返るジョイさん。
見てしまった。


恐怖が更に大!








マジ怖いーーーー。



大丈夫、いけるいける。頑張れ!








どうにか登る。






やったーーー!頂上!!
すごい眺め!!





さぁ、プッシュアップの写真を撮ろう。
頂上まで登ったハイテンションで、ジョイさんに話しかけるも何だかジョイさんの様子がおかしい。







…なんか、暗いよ。
どうしたジョイ?








怖かった。
…マジで怖かった。久しぶりに怖い思いをした。
褒美がないと。じゃないと、立ち直れない。






ホウビ?
何だ、それ?





ジョイさんは、私が登る時にあげたエナジーバーを黙々と食べだした。


それでもどんより、まだ暗い。山の頂上でかなりブルーのジョイ。








「言ったじゃん。最後はすごい岩山だって。ロッククライミングだって。」
と笑って言う私に、



「Namiさんの言う事だから、その70%ぐらいと思って聞いてた。だいたい大袈裟に言うから。」






ちょっと!
大袈裟って!!


まぁ確かに、私は大袈裟だけど。それは認めるわ。そしてリアクションも大きいよ。








くそー。誰だよ、地球の歩き方に書いたやつは。
この山初級って書いてあったよ。(※注 本当は中級と書いてあります。) 

アラスカに住んでる日本人? アラスカに長く住みすぎて、感覚おかしくなってる日本人だよ。








感覚おかしくなってる日本人で悪かったね!
私だって、長くアラスカに住んでる日本人だよ。



その後2人で爆笑。
ダメだジョイさん。怖い思いしてその感情が怒りに変わってる。
そして怒りのベクトルが、関係ない外に向かってる。







ジョイさんは「褒美」のエナジーバーを食べて、少し感情が落ち着いてきた。
そして楽しくなってきた。

可笑しくて、笑いあう。
よし写真を撮ろう。







気分いいじゃん!
頂上だよ。フラットトップに登ったよ。






ここで、サイドプランク。
このポーズの方が派手に見える。



私のプッシュアップ記念撮影。他の人も真似してここで腕立て写真を撮っていた。


…これは、流行るかも?






登った帰り道、ジョイさんがふと思いついたように、こう呟いた。

「これはあれだな。ふらっとトップに登れない山、フラットトップ。」






…。

親父ギャグか、25歳。
なにダサい事言ってんだよ。

また2人で笑った。






そしてあんなに怖がってはずなのに、降りてみるとまた登りたくなる。


後日談になるが、現時点はジョイさんのホームステイ最後の日。
今日もう一度、フラットトップに登りたいと言っている。

自分にチャレンジしたい人にお勧めの、アラスカでは初級の山。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる