バックパッキングその2 〜トレッキング〜


出発の日、金曜日。
行き先はターミガンレイク(Ptarmigan lake)。
その日はトレイルの出発口であるターミガンクリークまで車で行き、キャンプ場に泊まる予定だ。
リーガンが仕事から帰ってくるのを待って、夜の8時に出発した。


スワードハイウェイを南に下る。
たくさんの人が、同じ方向に車を走らせていた。
ボートを引っ張る車、キャンピングカー、上にカヤックを載せている車。みんなこの連休に、自然の中で遊ぶつもりだ。


10時頃、目指すキャンプ場に到着。
すでにたくさんの人達がテントを張っていた。空いている場所には予約済みの立て札が。

小さなキャンプ場だから油断していた、とリーガンが言った。
そうか、キャンプ場にも予約が必要か。


運良く、たった一つだけ空いていた場所を発見。急いでテントを張った。
テントの中にリーガンが持ち込んだのは、やっぱりFUTONだ。





ヤワなキャンプではなかったはずなのに!


快適に寝られるは、今日だけだから。
リーガンが言った。

FUTONは今日だけ。
トイレを使えるのも、今日だけ。

ちなみにトイレだが、リーガンが教えてくれたキャンプで作るトイレは、洋式だった。


こんなところにも日米の違いが!


翌朝。
いよいよ荷物を担いで歩く日。

湖までの距離は、5.7km。
バックパックの重さは、ムサシのが7kg、アラシのトーマスのバッグだって、2kgはある。

本当にこんな重たい物を持って、山道を歩けるのだろうか。

基本的に自分の服と食料は、自分で運ぶ。それがルールだ。
ちなみに私の荷物は12kg。リーガンのは22kgもある。

川を横に見ながら、山道をどんどん歩く。
リーガンの声に合わせ、歌までうたって元気よく。

リーガンの後ろにアラシ、そしてムサシ、私と続く。
15分歩いては、10分休憩。
慣れない重たい荷物に、進む距離は少しずつ。


最初元気だったムサシも、だんだん疲れてきて文句を言うようになった。
「荷物が重たすぎて、歩けないよ。」

しょうがないね、こんな重い物持って歩いた事ないんだから。
少しママのバッグの中に、荷物を入れてあげようか。

手伝おうとした私を、リーガンが止める。

「この重さは、ムサシにも運べる重さだ。甘えているのを簡単に許さないで、自分の物は自分で責任を取る訓練をさせなきゃ。」


作戦変更。
「重くない?大丈夫?」
と言ってた言葉を、
「こんな荷物持って、すごいね!ムサシは強い男の子だね!」
の言葉に変える。
おだて作戦開始。褒めろ褒めろ。

するとムサシはだんだん元気になり、どんどん歩けるようになった。
その上、
「ママ、大丈夫?」
と私を気遣い、
「ダディがアラシを守っているから、僕がママを守るよ。」
と、手を差し伸ばす。


母は涙がちょちょぎれます。

休憩中はレモネードを飲み、リーガンが作ったトレイルミールやビーフジャーキーを食べ、元気を取り戻す。
この山道、まだ出会う人はいない。大自然の中に、家族だけ。

たくさんの鳥はいるけど、大きな動物はまだ見ていない。
朝にキャンプ場で、グレーのウサギを見ただけだ。

空模様は、曇り。そのうちに雨がポツポツと降ってきた。
子供達はビニール合羽を着て、歩く。

山を越え、谷を超え、雪を超え、小川を超え。
歩く歩く歩く。

3時間半が経過し、ずっと元気に走っていたアラシにも、疲れが見えてきた。
あともう少し、がんばれ!

上空から、飛行機の音がする。
フロートプレーン。水上飛行機だ。
釣り人を、湖まで運んでいるのだ。

「ずるいねー。僕達は歩いているのに、飛行機で簡単に湖に行こうとしている人達。」


いや、ズルくはないと思うが。

飛行機は、下降している。
湖は近いぞ!

最後の力を振り絞って、走る。


ヤッター!
ついに湖に到着!!
4時間がんばって歩いた先には、素晴らしい景色が待っていた。

バックパッキング その1 〜準備編〜


メモリアルウィークエンドにキャンプを計画したリーガン。
今回は、いつもしているオートキャンプではない。大荷物を背負って歩いて行く、3泊4日のバックパッキングだそうだ。

1ヶ月も前からリーガンは、インターネットや観光案内所で情報を集め、アウトドアショップに下見に行き、着々と準備を進めていった。
ハイキングブーツ、大きなバックパック、ウォーターフィルター、キャンプストーブなど、次々とキャンプ用品を買い揃え、そして1週間前には食料の準備に取りかかった。


ボールにナッツ類、レーズン、それとM&Mをミックスし、トレイルミールを作るリーガン。
それを少しずつ個別にジップロックに入れ、きれいに並べていく。
袋の中には

Musashi Sunday Campday

などと、丁寧にも名前と日付の書かれた紙も入っている。


一人黙々と作業をするリーガン。
こんなに用意をするなんて、今までになかった事だ。

彼は本気だ。

本気のキャンプだ。


今度ばかりは、車で行ってテントの中にFUTONを持ち込むような、ヤワなキャンプではないらしい。



サバイバルキャンプ

そんな言葉がぐるぐる巡る。


大丈夫なのか?
生きて帰れるか?
クマは、出てこないのか?

不安と期待で出発の金曜日を待ったのだった。

ドーソンとカニが来た!


ダッチハーバーに住んでいる義弟のドーソンがやって来た。
お土産にアラスカン キングクラブを持って。

テキサスにいる頃は、ディスカバリーチャンネルでやっている「DEADLIEST CATCH」という番組をよく見ていた。
これは、荒れ狂う海に立ち向かって命がけで蟹漁をする男の生き様ドキュメンタリー番組なのだが、その舞台がまさにアラスカのダッチハーバー。

あの生きるか死ぬかの世界で獲れた蟹がこれだと思うと、感慨深い。
そして美味しそー!

しっかり堪能させてもらいます。

フーリガン ディップネット


アラスカでのアウトドアの遊び方を教えてくれる貴重な友達くまちゃんが、フーリガン ディップネッティングに連れて行ってくれると言う。

フーリガンとはワカサギの事で、この時期に海から川に上ってくるのを、網ですくい獲るのらしい。これは、1年以上アラスカに住んでいる人に許可されている。
先にアラスカに住み始めたリーガンは大丈夫だけど、私はその条件に満たせれないので、今回はカメラマン兼見学係でついて行く事にした。

くまちゃんは、「アラスカに住みたい」という、とってもとっても為になるホームページの作者である。
行く前に何を持って行ったらいいかと聞いた電話口で、彼女はこう言った。

「帽子は持って行った方がいいね。なくても生き延びられるけど。」





い、生き延びられる??


生きるか死ぬか。
そんなサバイバルな遊びなのか?

ワクワク感がさらに高まった瞬間であった。
(本当は、家庭でも仕事でも日本語を使う事が少ないくまちゃんの言い間違え。)



くまちゃんと、くまちゃんの旦那さんネモト君(でもアメリカ人)と待ち合わせをして、車でスワードハイウェイをずっと行く。
1時間くらい走った所で、たくさんの車が路肩に停まっていた。
そして、いるいる!
海岸で大きな網を動かして、魚を獲っている人達が。

しかし私達はここでは停まらず、もう少し走った所の横の道で車を停め、みんながいる所と反対方向に歩いて行った。
歩いたのは、シルトと言われる泥の中。

さすがアウトドアのプロ、くまちゃん夫妻。
穴場を知っているらしい。

そこはあまり人のいない、川の河口。
穴場に着くと、くまちゃんとネモト君は早速網を川に入れた。
しかしリーガンは....

足下のシルトが気になる様子。

「このキラキラしているのは、砂金なんじゃないか。」


砂金?
まだ一攫千金を狙ってる?


私は、人から離れどんどん海の方向に行ってディップネッティングしているくまちゃんを追いかけた。
くまちゃんは、大きな網を水の中に入れ、ゆっくりと動かしている。
少し持たせてもらったけど、かなり重い。それを抵抗のある水の中で動かすのだから、これは結構な運動。筋肉痛になりそうだ。

この雄大な景色の中で、のんびりと網を動かしているのも、なんだかいい感じ。
でも魚は全然かからず。
20分くらい経った所で、ムサシがやって来た。

「ダディは魚を捕まえた?」
「2匹獲ったよ!それからプロフェッショナルの人がいて、もっといっぱい獲ってる。


なに〜?
そっちに魚がいるのか!

急いで、みんなが獲っている場所へ引き返す私達だった。


行ってみると、確かにリーガンが2匹の魚を獲っていた。
そして、その隣にいたおじさんが、すごい。たくさん魚を獲っている!
おじさんの娘か孫かが、魚を私に見せてくれた。

おじさん、すごいよ!
次々魚が入ってくるよ。
リーガンは隣にいるのに、空の網ばかり水から出てきているというのに。
いったい、この違いは何なんだ?

よく見てみると、まず構えのポーズが違う。この腰の落とし方、そして遠くを見詰め、網の感触を確かめる様子...。
こいつは名人に間違いない。

名人はその後も華麗に魚を獲り、そしてその場所をくまちゃんに譲ってアドバイスまでしてくれたのであった。

ありがとう、名人よ。


そして、リーガンもヒット〜!
こんなにいっぱい獲れた!!

2時間半くらいその場にいて、捕れた魚は30匹。
なんと、くまちゃんとネモト君が魚を全部くれた。なんていい人達なんだ!

家に帰って、ネットで調べ、みりん干しを作ってみた。人生初、魚を開いたよ。
すごいよ、私。

来週はキャンプだし、アラスカの週末はいつも遊びで忙しい。

また赤ちゃんがやって来た!


昨夜、アラスカのダッチハーバーに住む、リーガン弟の嫁ジェネビーと息子のパキソンがやって来た。
サンフランシスコに向かうらしく、2時間だけの滞在。
パキソンは6ヶ月になって、さらに可愛くなっていた。

2月にベッソルからダッチハーバーに引っ越したドーソン&ジェネビー。
アラスカの南でも、スノーボードやハイキングや、楽しくやってるらしい。


赤ちゃんサンドイッチにされるパキソン。

あまりにも可愛いので、動画も載せよう。
[#VIDEO|DOGALOG|48023670/48023670peevee43732.flv|23670|43732|20#]
ダッチハーバーからアンカレッジまで、飛行機で3時間かかる。
それから乗り継ぎのシアトルまで3時間。空港で朝の3時から6時まで待って、そこから2時間かかるサンフランシスコへ。
アメリカ国内のはずなのに、なんと遠い道のり。赤ちゃん連れで、大変。

湖の融け方


アラスカに来て、初めて凍った湖の上に立った。
2月にアイスフィッシングした時に穴をあけてみると、氷の厚さは1m以上!
その厚い氷がどんどん融けて水になる様子が面白く、観察日記を付けてみた。

4月12日
白く凍った氷が、端っこからちょっと融けてきた。

                    
4月26日
氷が薄くなってきたのが分かる。

                   
5月2日
さらに薄く。

                   
5月5日
半分水に!

                   
5月6日
一日ですっかり融けた!!

アラスカ初キャンプ


週末は、家族でキャンプに行ってきた。
最後にキャンプに行ったのは、2年前。イエローストーン国立公園での事。アラスカでは、初のキャンプとなる。

当日の朝。
前夜のカラオケ疲れでぐっすり眠っている私を横目に、リーガンは一人黙々と準備をしていた。
ようやく目覚め、外に出てびっくり。車には大量の荷物が詰め込まれていた。
ミニバンの後ろのシートを倒し、車の半分は荷物で埋まっている。なんと、Futon(ソファーベッド)まで、車に積まれているではないか!



ほんとに一泊キャンプなのか?

それとも夜逃げか?


そして大荷物と共に、お昼前に出発したのだった。
行き先はホープ。あの殺人事件があった所だ。

3月に現場を見学にホープを訪れている私達。
その時にキャンプ場にも行ってみたが、誰もいない寂しい所だった。

こちらにいる友人に、ホープにキャンプに行くと言ったところ、
「本当か?勇気あるな。お腹を空かせた熊が出るぞ。」
と言われた。


…熊。
あそこなら、ありえる。

ちょっとビビって、ベアスプレーを購入。

これさえあれば、熊が出たって大丈夫....
...で、ありますように。


ホープへは、車で3時間かかる。
途中の景色のいい所で持ってきたランチを食べ、2時頃キャンプ場に到着した。

すると、キャンプ場にはたくさんの人、人、人。
椅子に座って本を読む人、飲み物片手におしゃべりしている人達、テーブルを囲んで賑わう団体。



ここはパーティー会場か?

3月に来た時とは、全く違う雰囲気だ。
車でキャンプ場をぐるっと一回りすると、
「他に行こう。」
リーガンが言った。イメージしていたキャンプとは、違ったらしい。

この近所に、もっといい場所があると言う。先週知り合ったパイロットの友達に、穴場を教えてもらったそうだ。

そこは、砂金の出る川の近く。
ホープは、金が出て栄えた町だった。
実は、金採取の用意もしてきている私達。

車で山道を上り、その穴場キャンプ場を目指す。
すると、さっきとはまるで違って、誰もいないキャンプ場があった。
雰囲気もいい感じ。すぐにテントを張る。

テントの中には、持ってきたFutonのマットレスを敷き、その上に寝袋を置く。枕もたくさん、家から持ってきた。
子供達は、大喜び!
ずっとテントの中で遊んでいた。

その後、ムサシの弓の練習にしばらくつきあい、それから金を探しに行く。

子供達は、金を見付けてwiiを買うぞと張り切っている。
目指せ、一攫千金!!

しかし寒いぞ。
まだこの付近は、雪がたくさん残っている。長靴がないので、リーガンはサンダルだ。(しかも、いつもの半袖。)

冷たい水の中へ、サンダルの足を入れるリーガン。
見てるだけでも、寒くなる。
ムサシもアラシも真剣だ。

結果は、残念ながら金なし。
たくさん砂を拾ったが、それらしき物は何も見付からなかった。
夢だけは、見させてもらったよ!


寒くなった私達は、キャンプ場に戻り、火を焚く事にした。
落ちている木や枯れた草を取り準備。
マッチも持ってきたが、今回はアウトドアのイベントで購入したflint & steelという、マグネシウム発火装置を使って火をつけた。
そして、夕食のホットドック作り。

単純なんだけど、キャンプで食べる物は、とても美味しい。
そして、ホットドックを焼くときに使った枝に、今度はマシュマロを刺して焼き、
それをチョコレートとグラハムクラッカーで挟む。
美味しいスモアの出来上がり!

甘いけど、これは美味しい!

そして、その夜はお待ちかねテントの中で寝たのだった。
Futonのお陰で全然痛くも寒くなかった。



ウトウトしかけたその時。


...ガサガサ

ベアスプレー片手に持って、テントの窓から外を見詰めるリーガン。
「ど、どうしたの?」
「何か、物音がしたから。」
そのままスプレーを持って、外に行ってしまった。

熊か?

ちょっとビクビクして待っていると、リーガンが帰ってきた。
「違った。風の音だった。」

ふ〜、よかった。
安心して、またウトウトした頃。



ガサガサ....

またリーガンが熊スプレーを持って、窓から外を見ていた。



落ち着いて眠れないよ!!

しかしその夜は熊は出ず、ムースさえも見ずに夜は明けたのだった。
翌朝は朝食にパンケーキを焼いて、初キャンプは終了した。

カラオケナイト

金曜日はガールズナイトアウト。
子供達はリーガンに任せ、気の置けない友達ぎんちゃん&くまちゃんとの夜遊びに出掛けた。

安くて美味しい日本食レストランで、まずは乾杯。
尽きない話に大笑いしながら、その場で4時間も過ごしてしまった。


その後に、前から気になっていた噂のカラオケボックスへと移動した3人。
そこは韓国人経営で、日本の曲もたくさんあるらしい。

こんな風に、みんなでカラオケに行くなんて久しぶりだ。
日本に住んでいた時以来だから、もう8年も前の事になる。
くまちゃんも、同じくらいカラオケに行ってないらしい。


お店に入った途端、各部屋から聞こえてくる歌声や笑い声に、一瞬にして日本でのカラオケボックスの雰囲気を思い出す。

急激にワクワクしてきた。これは楽しくなりそうだ!

30分待たなければいけないと言われたが、そんな事は気にならない。
いくらでも待つから、ここで歌わせてくれ。
3人の気持ちは、ここで一つになった(と思う)。


待合室に通された部屋に入る。
そこは機械の故障で使ってない部屋だった。懐かしいカラオケの機械やTVがあり、タンバリンとマラカスまで置いてあった。
それを見て、ますますテンションの上がる3人。


うお~楽しい!
歌うぞ。早く歌わせてくれ。

待ってる間に歌える曲を探そうと誰かが言い、そこに置いてあった本を急いで見る私達。






よ、読めないよ・・・。
韓国語だ。


こ、これは、日本の曲があっても、どれか分からなくて入力出来ないのでは?
そんなオチなのか??


しかしお茶を持ってきてくれた従業員の人によって、日本語で書かれたページが発見される。
ふぅ~、よかった。
ここまで気持ちが盛り上がっているいじょう、歌うまでは家に帰れない。





曲リストを見て騒いでいるうちに、40分が経過。
日本の曲とどこか似ている韓国の曲で盛り上がっていた客は店の人に追い出され、私達の番になった。
部屋に入ってまた、歌う前に興奮する3人。



リモコン。
横にでかいよ。
電卓か?
当たり前の事だけど、韓国語のボタンにまた驚く。


「早く。とりあえず、何か曲を入れなきゃ。」
ぎんちゃんが言う。
3人ともアメリカ生活は8年以上になる。ぎんちゃんなんて、アメリカ14年。
最近の日本の曲なんて、何が何だか。さっぱり分からない。

そこで選ぶ曲は、

杏里とかレベッカとかドリカムとかパフィーとか。

出てくる出てくる。
懐かしい名曲の数々。


3人とも似たような年齢なので、誰が選んだ曲もドンピシャリと心に響く。
ああ、この曲はこのドラマの歌だった、とか。
そうそう、これは中学の時に流行ったんだ、とか。


みんなでノスタルジーに浸れる瞬間だ。
こんな気持ちの繋がりは、国際結婚をしている私達の場合、夫婦間では存在しない。
いいね。同じ気持ちになれる日本人の友達同士って。


歌詞はこのように、日本語と韓国語で出てくる。

まぁこれを見れば、だいたいどんな時代の曲を歌っていたかが、分かるだろう。
(しかし、なんでこの曲に牛画像なんだ?)


歌った後には、点数まで出てくる。

気持ちよく歌った山本リンダの「狙い撃ち」  98点!!!
これは、快感~。



記憶を辿り、知ってる曲を入れ、夢中で歌う。
「私は歌えない。見てるだけでいいから。」
と最初に言っていたくまちゃんも、1曲歌った後はもう、のって次々と歌いだす。

安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」の高音で、ぎんちゃん&くまちゃんが力尽きてしまうまでの1時間半。
歌いに歌った。

最後にみんなで歌おうと私が2人に強要した「あの子とスキャンダル」は、未だに頭の中でグルグル回っている。


楽しかった韓流カラオケ。
海外生活が長いあなた。ぜひ行ってみて下さい。
お勧めです。

春のハイキング


アラスカにも春がやって来た!
去年の10月からずっと残っていた雪は消え、日中の温度は10℃くらいまで上がる。
朝は5時半に日が昇り、夜の10時までずっと明るい。

これは、どこかに出かけないわけにはいかない。
週末に、簡単なハイキングに行ってきた。


アンカレッジを南に下る。
この前まで凍っていた岩には、ロッククライミングを楽しむ人達がたくさんいた。


バードクリークと書いてある山に入る。
「熊が出たらどうするの?」
と聞く私に、
「大丈夫。ムサシが弓と矢を持っているから。」
と答えるリーガン。
「矢は2本しかないんだよ。」
と不安そうなムサシに、
「ムサシなら2本で仕留められる。」
と、さらにプレッシャーを与えるリーガン。

いやその前に、子供の玩具の矢じゃ武器にならないって。

誰もいない山の中をどんどん進む。
本当に熊が出てきそうな場所。周りを警戒し、ビクビクしながら進む。


と、リーガンが、
「早く!矢を貸して。」
と言った。
真っ白な毛の大きなウサギが横切ったそうだ。
結局逃げた後で、私達は見れなかったが。


「まさか、本当に撃つ気なの?」
子供達からはブーイング。
「ウサギは美味しいんだぞ。」
と言うリーガンに、
「かわいそうだよー。バンソーコーを付けてペットにするならいいけど。」
と言うムサシ。
リーガンはいつかムサシとハントに行きたいそうだが、まだまだ無理そうだ。

そのまま、道のないところを登っていくと、何かに食べられた後のウサギ発見。
毛の付いた足の骨だけ。
弱肉強食の自然の世界。

山を下り川まで行き、そこから折り返して帰ってきた。
これから夏に向けて、キャンプやハイキングや釣りや、楽しい事がたくさん待っている。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる