両親と行くアラスカの旅2 スワード編

キーナイリバーではしゃぐ母おしん

今回のアラスカ旅行、両親と叔母みんながそれぞれ「一番アラスカでしたい事」を持っていた。

その3人の夢とは...

父  → アラスカで魚釣り
母  → 野生ブルーベリー摘み
叔母 → アラスカの大自然の写真撮影


目的がはっきりしているから、分かりやすい!
その夢を叶えるようなアラスカ旅行のスケジュールを組んだ。


スワードの港で、釣った魚を処理をしていたお兄さん


まずは父の魚釣りの夢を叶えるべく、翌日からスワードという町に行った。
ここの港から、巨大ヒラメのハリバットや鮭を船で釣るツアーがたくさん出てるのだ。

ちなみに予約した船釣りツアーは、the Fish House。たくさんの会社があったけど、ネットの評判でここに決めた。
ホームページの写真を見るだけでも、すごそうだ。



アンカレッジからスワードまでは車で3時間くらいかかる。

スワードハイウェイに乗り、ターナゲン入江に沿って南下する。
その風景が広大で鮮やかで、3人はびっくり。叔母は、走ってる車の中からでも写真を何枚も撮っていた。

途中クーパーランディングに寄って、美しいグレーシャーブルー色のキーナイリバーを見たりしながら、スワードへ到着。


予約していた宿はこちら。
Alaska Creekside Cabins (※注 クリックすると音が出ます)

予約したのはスプリング&スプルースキャビン


ここもネットの評判で見付けて決めたけど、とてもいいキャビンだった。

キャビンの前に小川があり、そこに鮭や鴨が泳いでいた。
緑に囲まれマイナスイオンがたくさん浴びられる静かな場所。ちなみに、バストイレは共用。

鮭もいるけど熊も出る

ただ一つ、予想外でびっくりした事。

ネットの情報では、オーナーがとても温かく、スワード観光なら何でも知っているという事だった。来てみるとオーナーは代わっていた。

しかもその人は、最近ここをクレッグスリストで買ったそうだ。
まぁ、親切な人だったんだけども。




その日は町に行き夕食を食べてから、父のフィッシュライセンスを買いに行った。

アラスカで魚を釣る場合、このライセンスがないといけないのだ。
1日$20で、パスポートの番号が必要だった。


ちょうどその時、スワードではシルバーサーモンダービーがやっていた。
参加費$10で、タグの付いたサーモンを釣れば賞金が出るそうだ。
例え釣っても、参加費を払ってなければ賞金は出ない。

父は初め、参加しないと言っていたが、リーガンの「もしかしたら、当たるかもしれないから。」という目の輝きを見て参加決定。
賞金の夢も加わって、翌日の釣りへの期待が更に高まる。


氷河まで、手をつないで歩く2人と暴れながら歩くアラシ


翌日の朝5時半、父とリーガンは魚釣りツアーへ行った。
残った私達は、スワード観光へ。



雨が降っていたので、先にシーライフセンターに行った。

シーライフセンターで印象に残った出来事と言えば、私がトイレから帰ってきた時の事だ。
母おしんが見知らぬおじさんと話しをしていた。
いや、見知らぬ人の話を、おしんが難しい顔で頷きながら聞いていたと言った方が近い。


そのおじさんは、見るからに危なそうな人だった。
英語でおしんに向かって、しゃべくりまくっていた。ちょっと耳を傾けてみると、

どうか日本の政府に伝えてくれ。もうすぐ惑星が降ってきて世界は破滅する。日本政府に訴えてくれ。





キャーアブナイ




丁寧な母は、何言ってるの分からずも、頷いて聞いてあげていた。
最初は「コンニチハ」と日本語で話しかけてきたそうだ。



ま、まぁ、変な人はどこでもいるわね...。

歩いて側まで行けるイグジット氷河

ランチを食べた後は、イグジット氷河へ。
氷河の美しい青に驚いていた。


それからスワードでお土産買ったりコーヒーを飲んだりして時間を潰す。
夕方の6時に船で帰って来る父とリーガンを、港に迎えに行かなくてはいけないのだ。



5時頃に行ってみると、すでに2人は港で待っていた。
ツアー客が全員リミットまで魚を釣ったので、早く帰ってきたらしい。

大漁!
大きなハリバットも鮭も、うまく釣れたらしい。

だけど残念な事に、魚はすでに切り身の状態。みんなボートの上で、切り身にされてしまったそうだ。
魚と一緒に写真を撮りたかったのに。


父も大変楽しかったそうだ。
見た事もない魚ばかり!次々に釣れたそう。

釣れた魚の一部。付けられた色の印で、自分が釣った魚が分かる

あまりにも釣れ過ぎて、リーガンは写真を撮る暇もないくらいに忙しかったと言っていた。

残念な事に、タグの付いた鮭は獲れなかったらしい。
賞金の夢、破れたり。



本当はその日もキャビンに泊まって、氷河クルーズ行く予定だったけど、日曜日に子供達のフットボールの試合があるので、急遽キャンセル。
そのままアンカレッジまで帰った。

夜は釣った魚を美味しく食べ、そして切り身を真空パックに詰める作業をした。
魚工場のような作業で、それもまた両親達はびっくりしていた。

両親と行くアラスカの旅1 再会編


8月12日からの9日間、日本から両親と叔母がアラスカにやって来た。


ムサシ&アラシは、大好きなばあば&じいじが来るこの日をずっと楽しみに待っていた。
当日まで、準備に大忙し。

折り紙名人のムサシは、ばあばとK伯母さんにあげる花束を作りだした。
3日間もかけて黙々と1人で作っていた。お陰で、びっくりするような花束完成!

釣りが好きなじいじには、アラスカで鮭釣りをしている立体カードを制作。これも、折り紙を駆使して作っていた。

最後は2人でウェルカムボードの作成。
ちなみに右下に付いているのは、「ブルーベリー」だそうだ。
このセットを持って、空港で3人の到着を待つ。


両親はアラスカは初めてで、しかも英語も分からないのにシアトルで乗り換えがあるので心配していたが、無事にアンカレッジに到着!


この笑顔の再会から、両親と共に行くアラスカの旅が始まった。

その2へつづく。

手作りカーテン


ようやくダイニングルームのカーテン完成!


男ばっかりの家族の希望で、今まで「可愛い物」を置けなかった我が家。
その反動か、ビーズやリボンをちゃらちゃら付けてやった。

思ったとおり、リーガンにはやや不評。



でも作った私が満足してるから、これでいいのだ。

ナベスナキャンプ その2


翌日の朝。
目覚めてテントから出てみると、訪問者が来ていた。



可愛い犬。全然吠えない。
タグを見てみると、名前は「シスコ」と書いてある。
キャンプ場近くのロッジで飼われている犬だろう。

シスコと一緒に朝食をとり、近所を散策。



今日は、スクーカム ボルケーノ トレイル(Skookum Volcano Trail)にハイキングに行く予定。
ちなみにこのナベスナロードは、ランゲル・セントエライアス国立公園にある。


入口にあるレンジャーステーションでもらったパンフレットによると、私達がキャンプしたツインレイクという所からトレイルの入口に行くまで、3つの小川を越えないといけないらしい。四駆で行けと書いてある。

四駆ではないウチの車を、まるでジープのようにどんな道でも運転するリーガン。
とりあえず行ってみると、今に時期の小川はこんな感じだった。



ほっ。
よかった。
無事通過。


途中のジャッククリークで昼食タイム。
メニューはターキーサンドイッチとフルーツ。



そこからすぐの、スクーカム火山ハイキングコースに到着。
ハイキング開始!



リーガンによると、「ばあばも連れて行ける程、簡単なハイキングコース」なのだそうだ。
本当にそうか?
うちの母でも行けるような、簡単な所か??


清々しい緑の中を、どんどん歩いて行った。


1時間歩いた所で、クリーク出現。


川を越え、トレイルを探す私達。

しかし、ここから道がなかった。
道はどこだ!?



その時、リーガンが言った。
「石のマーカーを探せ!」


マーカーとは、これの事。


あちこちに石が積んであるな〜とは思っていたけど、これが道しるべだったとは。
マーカーは、川の中の岩だらけの所に置いてある。
それを辿ってどんどん歩く。



マーカー発見!

こんな所や



こんな所を歩く、歩く。
だんだん道が激しくなってきているのは、気のせいか?





これがホントに道ですか?




60代の両親を連れて来れると言ったのは、誰だよ。


子供達に新しいハイキングブーツを買っていてよかった。




こんなに元気に走り回っているアラシだけど、実はこのキャンプに出かける3日前に頭に怪我をしていた。
この時、頭には治療用のホッチキスが刺さったまま。


ちなみに頭を切って出血したアラシが病院のドクターに言われたのは、「頭に8カ所麻酔を打って縫うか、麻酔なしのホッチキスのどちらかを選択。」



アラシはホッチキスを選んだ。

アラシ曰く
「紙を止める、普通のホッチキスを頭に刺した」

ように見えたとか。


2日間は頭に包帯はしていたが、その後アラシは包帯もガーゼも取っていた。
直接見える、頭に4つのホッチキス。

...怖すぎる。



そのホッチキスは、キャンプから帰った当日に病院で取ってもらった。
「大きな金具でポコンと抜いただけ」
と言うアラシ。
タフな子でよかった!



こんな景色を見ながら、どんどん上に登る。
石が火山によってどんなに変化したか、リーガンによる解説付き。



ようやくゴール(と自分達が決めた場所)に到着。

上からの眺めは、とても気持ちいい。
約5時間半のハイキングだった。
その夜は、よく眠れた。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる