忙しいアラスカの夏


先週のアンカレッジは、ずっと快晴!
ローカルニュースキャスターもラジオのDJも、話す事はお天気の話ばかり。仕事の後はハイキングに行かなきゃ、外で遊ばなきゃと、きゃっきゃと騒いでる。
みんなが青空を見て、ハイになっていた。

それだけこの夏は、ずっと雨が続いていたんだとか。
2ヶ月半もいなかった私には、いつもの気持ちいいアラスカの夏風景なんだけど。



こんな天気のいい日は、家にいるのがもったいない。
ちょうどブルーベリーのシーズンなので、山に行って採らなければ。
しかも、今年は特にブルーベリー摘みに専念しなければいけない。


と言うのも仲良くしているブンたさんが、自家製ワインキットなるものを購入したからだ。
これで、アラスカ産ブルーベリーワインを作るんだとか。


※注 この上↑と下↓の写真は、ブンたさんの写真です。私の写真の先生でもあるブンたさん。美しい写真だわ。


この装置、値段も高いし、とってもデカい。
ブンたさんちのGくんよりも大きい。



作る量も大量。
一回に出来るワインの量は6ガロン。

ワインボトル30本ぶん


ブンたさん...。
あなた商売でも始める気?



もちろん、ブルーベリーだって大量にいる。
13パウンドは必要と言う。
それって約6kg


必要なブルーベリーが6kg

いくら山にたくさんブルーベリーがあるとは言え、6キロって。





一本ブルーベリーワインを買った方が、どんだけ安いか!どんだけ早いか!!




だけど、作る過程が楽しいのだ。
そして自分で採って、自分で作る事に喜びを感じるのだ。

分かる、分かるよー!



こうなったら、つべこべ言っておらずに、すぐに山に行かなければ。

火曜日にブンたさん運転の車で、連れてこられた所がこんな所。


かなり山の中を走った所にあった。しかも駐車場に着いてからが大変。ずっと上まで登らされたんだから。
ブンたさん、いつもここに子供と2人で来てるらしい。


こんな山に?
私もたいがいアウトドア派と言われるけど、リーガン抜きで1人で山になんか入らない。
ブルーベリー摘みってもっと簡単に出来るもんだと高を括っていた私は、朝にジムに行っていて遅くなった。



もっと早く来ていれば、もっと上まで登れたのに。
ブンたさんに責められる。


そうだった。
日本から帰ってきたばっかりで、日本ボケしてたよ。
アラスカってこんな所だった。

今行かないと、今穫らないと、サーモンもブルーベリーもなくなる。
今は何を置いても、先に山に行かなければ。




ディス イズ アラスカ!


アラスカのそんな所が好きだったんだ。
ブンたさん、思い出させてくれてありがとう。

見た目はお洒落な主婦なのに、車のパンクもすぐ直すし山も1人で行くしガンも撃つ。
ブンたさん、貴女は色々スゲーよ!!





夜は、夜で忙しい。
晴れているから家族で近所をお散歩。
これを毎日1時間。
日も長いし、ゆっくりアラスカの夏を楽しまなければ。



近所の景色も、こんなに綺麗!
私がいない間、10kgの減量に成功し、ちょっとすっきりしたリーガン。



翌日から、毎日ブルーベリー穫りは続く。
朝子供を学校に送ったらすぐ山に入り、お昼はブンたさん特製の美味しいおにぎりを食べながら、黙々と作業。
4時間も山に入っていっぱい採った。



そして木曜日は、強力な助っ人も来てくれた。
leslee mamaさんと、ベニー・ベンソンさん
ベニー・ベンソンさんとは初めてお会いしたけど、とても穏やかで物腰の柔らかい人だった。実は大学の偉い先生。何年も、アラスカ専門に教えられてるすごい人。


いつもの秘密の場所に行ってみたら、今日はなんか先客がいるみたい。



雄のムースが2頭。
かなりデカいぞ。


ブルーベリーを穫るのを忘れ、夢中でムースを撮る。
やっぱ、山で見るムースは迫力あるな。



喜ぶベニーさん。


なんて嬉しそうな顔なんだ!
この人も、アラスカに魅了されて20年?
アラスカの夏は、最高に楽しいぞ。


ブルーベリー摘み


週末は、天気がよかったので近所の山へブルーベリー摘みへ。
家族と、お友達のブンたさん達と一緒にラビットレイクトレイルに行ってきた。


いつもは湖に続くトレイルをハイキングするのだけど、今日はみんなが大きなバケツを持って入る左側の道に入ってみる。
ここからブルーベリーをたくさん摘んだ人達が出てくるから、きっとここに実ってるはず。


行ってみると、かなり急な斜面の道だった。
20分くらい歩いていると、あったあった、一面のブルーベリー。


特に、
「ここがブルーベリーのジャックポットだ!」
とブンたさんちのKくんが教えてくれた所は、鈴生りのブルーベリー。しかも粒が大きい。
夢中でブルーベリーを穫る。写真も撮る。



まるで親子のようなリーガンとGくん。
いったい2人で何を話しているんだ?


「あ、宝物を発見!」
リーガンが見せてた物は、ムースのフン。



「これでムースプープパイが出来るよ。食べた事ないの?ムースプープパイ。」
と言うリーガンに、

「ムースプープパイ、ムースプープパイ。」
と繰り返す、Gくん。


リーガンよ!何教えてんだ!!


子供達は、仲良くランチタイム。


その後、ゴロゴロと丘を転げる2人。
太陽の下で、楽しそう。



ブルーベリーはこんなに採れた!


これからこれで、ブルーベリーパイやブルーベリーアイスクリームや、ブルーベリーの果実酒を作る予定。

ポキュパイン



友達のくまさんと家の前で話していたら、ポキュパイン(カナダヤマアラシ)がやってきた。

うちの周りは鶏を守るために針金の柵を張り巡らせているのに、どこからか迷い込んで来たらしい。
こんなに間近で見たのは初めてだったので、びっくりした。


ポキュパインは私達の存在に気付き、必死に柵の外に逃げようとするが、超える事が出来なくて困っている様子。
柵を登ろうとしたり穴を探しまわったり、オロオロとしている。



どんくさくノロノロと動く姿は可愛いが、こちらとしても早く帰って欲しい。
鶏達がナーバスになって
「こっこ、こ、こ、こ、こ」
とストレスコールしてるし、それにもう夜の9時になる。


どうやって逃がしていいか分からないので、リーガンに助けを求めると、彼はどんどんポキュパインに近づいていった。

怒ってシューっと身体の針を逆立てるポキュパイン。
体中のとんがった針が立っている!




怖い。
あの針が飛んで来たら、どんなに痛いだろう。

それなのにくまさんは、
「(ポキュパインと)一緒に写真を撮ってあげる。」
と、私を後ろ向きにポキュパインの近くに立たせカメラを構える。


針!
怖いって!!


他の友達は、
「針?飛ばないよー。鬼太郎じゃあるまいし。」
と笑ってたが、本当か?
何回も針がいっぱい刺さった犬の写真を見た事があるぞ。


案の定、写った私の顔はとても強ばっていた。



その後ポキュパインは行ったり来たり、そしてどうにか抜け穴を見付けて、1時間後に山に帰っていった。

変な鶏達


日本から帰ってくると、うちに変な鶏がいっぱいいた。


実は里帰り中、何羽かは獣に襲われ、亡くなってしまった。

リーガンが日本に行ってる間も、親切なお友達が一生懸命お世話してくれたのだが、やはりここはアラスカ。
うちみたいに放し飼いにしてると、敵はいっぱいいる。



去年から飼っていた6羽は野犬に襲われ、結局1羽しか生き残らなかった。
そして5月から飼い始めたヒヨコも4羽死んでしまい、12羽。
その後にまたトリプルDに行って、リーガンが増やした鶏が8羽。
結局、合計21羽がうちにいる事になる。



リーガンは、獣対策にさらにたくさんの柵を家の周りに張り巡らせた。
柵の中は広いので、21羽のチキン達が自由に暮らしている。


ヒヨコの時は分からなかったが大きくなってみると、変な柄の鶏に変身〜。
面白いのでちょっと写真で紹介。


なんだか墨で描いたような模様。これも鶏。




こちらはその、オレンジバージョン。




鶏なのに、なんでヒョウ柄?




これは雄鶏。
朝からここに登って鳴いている。




面白い事に、5月に買った鶏と7月にやって来た鶏が、別れてグループになっている。
寝る所も昼間遊ぶ場所も、このグループごとに違う行動。


5月チームは、人に慣れてるいわばペット化グループ。
すぐ寄ってくるし、寝る時は家のすぐ側の小屋の中に入る。

去年からいるレッドちゃんも、このグループに属している。



そして、7月に入ったロックスターズ率いる8羽は野生化しているグループ。
逃げるので、写真を撮るのも一苦労。
寝るのは家から離れた丘の下の小屋付近。
ただし、小屋の中ではない。



どこで寝るのかと言うと、こんな場所。




小屋の周りがジャングル化してしまって見づらいが、上の方に注目!
上の木の中に、茶色の物体と黒いのが見えるでしょ。
白いロックスターはもっと左の木で睡眠中。



木の上で眠る鶏達。
雨が降っても強風でも、こんな不便そうな場所で寝ている。


見ていると、夜の9時頃になるとひょこひょこ歩いて木に登っているようだ。



なんでそんな所で?
暖かい小屋も空いているというのに。


まぁ熊が来てもコヨーテが来ても、何羽かは生き残って欲しいから、こうゆー野生化軍団も必要なのかも。
毎日、こんなチキン達の生態を眺めて和んでいるのが最近の趣味だったりする。




ただいまアラスカ


2ヶ月半の里帰りを終え、アラスカに帰ってきた。




帰る前の5日間は、大阪に住んでる弟の新居に居候。
大阪すごかった!楽しかった!!


まずはヨドバシカメラにびっくり。店の大きさに驚き、人の多さに驚き。
そして地下街がある事に大興奮のムサシ。

「なんでこんなに人がいるのー!?この通りにいる人だけで隠岐の人口越えてるよ!!」
と、道の真ん中で叫んでいたのは私の息子達。

いちいち大げさな田舎者のリアクションに、弟は大喜び。


そしてサマソニ!!
K'NAAN&AI見た、ジェイソン・デルーロ見た、オリアンティじっくり見た、スラッシュ興奮した、ファンキーモンキーベイビーズの変な踊り、面白かった!


特にスラッシュにやられたー。あんなにかっこいいとは。
お陰で嫌な事、全部どーでもよくなった。

子供達も大満足。
足の痛さも忘れる程に、ジェイソンに夢中。スラッシュに熱中。
将来は、このサマソニのステージに出たいという大きな野望を胸に掲げていた。
ガンバレ。




そして飛行機に乗り、アラスカへ。
懐かしい景色。懐かしい、このゆったりした雰囲気。
空気が違う。
空港の警察のおじさんも、ジョークを飛ばしてみんなリラックス。

なんか、嬉しい。
やっぱり住むのは、アラスカがいいな。


チキン達も、みんな元気。
すっかり鶏天国。
21羽、みんな大きくなっていて、変な鶏たくさんいる。


こんなモヒカン野郎達もいる。
名前はロックスターズだって。なかなか面白い。


私はまだまだ日本モードで、ゆっくりアラスカ生活に慣らしている日々。


熊が出た!



この上↑の、親熊がディップネットに引っ掛かった小熊を助けるニュース。
日本でも何度も放映されたので、知っている人も多いと思う。



アンカレッジと出てたので親近感を持って見てたのだが、今日リーガンとスカイプしていて判明したのが、なんとこの家はうちの近所の家だった!

3軒先で、いつもムサシが友達と遊んでいる場所。

そう言えば、見た事があるトラックとログハウス。
これはニワトリ小屋だよ。




実はアラスカの家にも、熊が出たらしい。
朝5時半ごろ、やけに外の鶏がうるさいので、今家にいる義父がひょっと外を見たと...

「熊だーーーー!」

寝てたリーガンは、パンツ一丁裸足でガンを右手に追いかけたらしい。


熊は逃げて行き、ニワトリは無事。
義父は、心臓発作になりそうだったと言っていた。

昔はハンターだった義父。
何日も山の中で待って、やっと熊に会えるか会えないかだったのに、庭に出てくるとは。
何という所。
恐るべし、アラスカ。


「今度出てきたら、必ず仕留めて熊鍋にしてやる。」
とリーガンと笑っていた。


しかし、この家に出てきた熊は、すでに誰かに撃たれたらしい。
この近所を何度も出現するので、危ないので殺されたとか。


ちなみにニュースになった母熊と小熊2匹は、今も無事。
この前も、大通りを散歩していたとリーガンは言っていた。










夏だ!海だ!!



アラスカは寒い夏だとよく聞くが、今日本はものすごく暑い。
暑い夏には海が一番。
島だから、すぐ海に行けるぞ。


この前、都万という所で「海幸祭」というのがあって、子供達を連れて行ってきた。



駐車場で待ってると、無料で乗れる船が迎えに来る。



これに乗って、会場のビーチへ。
今日は、色んなイベントがあるそうだ。


まずは宝探し。
海中にある番号が書かれた石を持って行くと、宝が当たる。

ムサシはサザエ2個ゲット!
アラシは、ゴーグルをゲット!!



そして次はバランスゲーム。



海に浮かんでるプラスチックの上に、バランスを取ってうまく乗っていれば勝ち。

どうも、子供の方が有利のようだ。
大人はすぐ落ちてしまうが、子供の方はびくともしない。


ムサシは1回戦で負け。
しかしアラシはどんどん勝ち進んでいく。

とうとう決勝戦に突入!
浮きは3個に減らされ、L字型に。

アラシは腰を落とした、この体勢でふんばる。


周りの女子中学生からは、
「ジョイ、がんばれ!」
との熱い声援が。

アラシって、ジョイに似てるのか?よく言われるけど。



そしてなんと、アラシ優勝!
3千円分の商品券をもらってきた。
ヤッタ!



次のゲームは、海に浮かんだ板の上を走るゲーム。
これが難しく、ムサシなんて70cmの最短記録。

アラシもすぐ落ちた。



シーカヤックも、無料で乗り放題。



お土産のサザエもたくさんもらった。
なんて太っ腹なお祭り。

たくさん遊んで、いっぱい日焼けする。



そして夜は、知り合いからバーベキューのご招待。

隠岐のBBQはすごいぞ。
こんな綺麗な貝も並んで、豪華。


たくさん食べて、みんなが笑う。
暑いけど楽しい日本の夏。


プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる