映画のエキストラ出演!


今アラスカでは、クリスティン・ベルとドリュー・バリモア主演の映画、「Everybody Loves Whales」の撮影が行われている。
今月の初めにそのエキストラのオーディションがあって、リーガンが受けた。ダイモンドのモールであるから行ってみたらと、義弟ドーソンから電話があって知ったのだ。

買い物のついでに行ったらしいが、すごくたくさんの人が来てたし、その後何も連絡がないのですっかり忘れていた。





そしたら昨日。

「明日撮影があるけど、来られるか?」
との電話。


これは面白そう!
リーガンよりも興奮する私。
ハリウッド映画の撮影に参加出来るなんて、滅多にないチャンスだ。
リーガンは仕事の都合を付け、撮影に参加する事にした。





「ついに私も、俳優の妻になるわけだ。」
浮かれる私にリーガンは冷たく言った。

「違う。エキストラの妻だ。」



まぁ、そうとも言うな。
とにかくそんな楽しそうな事、私もついていくからねと、にわかエキストラの付き人に。




リーガンには電話と共に、詳しく説明の書かれたメールが届いた。
そこに書いてあって分かった事。

リーガンの役柄は、TVニュースのクルー。
時代は1980年代。
スーツを3着持ってこいという指示。
そして待ち時間がとにかく長いから、時間つぶしの本と辛抱強さを持ってくるようにとの事。




翌日、スーツ着てびしっと用意したリーガンの車の後ろをついていく。
メールで指定されたスタジオに到着。
詳しくは言えないが、そこは倉庫みたいな所。たくさんキャンピングカーが停まっている。
知らないと、本当にこんな所で映画の撮影が行われているなんて、全然分からない所だ。


同じようにスーツを着た、プレスのエキストラ風の人達がちらほら集まりだした。
受付に行くと、まずそこで規則の書かれた紙に必要事項を記入してサインさせられ、リーガンはどこかへと連れて行かれてしまった。


受付の隣では、メイクアップをする人達がいた。
出演者がディレクターチェアーみたいな椅子に座ると、ヘアーとメイクで古い感じにされていく。
まさにそこの壁に貼ってある、80年代のキャスター風。懐かしい。


ヘッドフォンマイクをつけたお兄さんもいる。
「カーット!」
ヘッドフォンから聞こえてくる声に合わせて、お兄さんも声を張り上げる。




おおお。
超ハリウッド。

普段アラスカでは見られない風景に、私はすっかり舞い上がってしまっていた。
すごい雰囲気だ。これがハリウッド?
写真が撮りたい。それをブログにアップしたい!
今日は望遠まで持ってきたのに...。




でもカメラはそこで、一切禁止。
携帯電話だって、車に置いておかなければいけないのだ。



しばらくしてヘッドフォンのお兄さんが、私の方に近づいてきた。
「エキストラの方?」


「いえ、夫についてきただけなんですけど、やっぱり帰らないといけないですよね?」
周りを見回しても、私のようなオノボリサンはいない。みんな関係者。
やっぱり閉め出されるか。



「今はここにいてもいいけど、もっと上の人から言われたら、その時は帰ってもらうかもしれないよ。」
と彼は言った。

案の定その後、キャスティングディレクターの女性が話しかけてきて、帰らなければいけなくなってしまった。
しかしその女性は親切でとってもフレンドリーだった。
私に悪いと思ったのか、一緒に歩いて案内してくれたのだ。



さすがに撮影現場(建物の中)は見せてもらえなかったけど、衣装の場所とかスターの控え室になっているキャンピングカー、どんな風に撮影をしているか、そしてスターが泊まってるホテルまでも教えてくれた。(いいのか?)



リーガンは10時間もその場にいて撮影。(ほとんど待ち時間)
TVカメラマンの役で、ホワイトハウスの中でのシーンだったそうだ。


アラスカにホワイトハウス!?


なんと大胆な。
何でもセット、作れるんだ。


映画の公開は、2012年らしい。
さ、再来年?
遠すぎるよ...。


2年後の公開まで、しばし待て。
とにかく(私が)興奮した一日だった。








義弟ファミリーと過ごす週末



週末に、リーガンの弟ドーソンとその家族が遊びに来ていた。
ドーソン達はコディアックという島に住んでいる。アンカレッジから飛行機で1時間程。
頻繁にウチに遊びに来る。
今回は、ドーソンのアンカレッジ出張にみんなでついてきたらしい。




ここの息子達が超可愛い。
大きくなってまた一段と可愛くなっていた。
1歳のストークリーと3歳のレボルー。



よくしゃべるし、よく笑う。
何にでも興味を持ち、外遊びが大好きでたくましい。
ホント、この笑顔見てたら幸せになるわ〜。



うちのチキン達が気になる2人。
ずっと外に出て、餌をあげていた。



ドーソン一家と鳥軍団



それなのに、それなのに。




鶏の中で1番威張っているボスこと白い雄鶏が、ととととやって来たかと思うと、いきなりジャーンプ!
そしてしストークリーをキーック!!





一瞬の出来事だった。

みんな呆然。
泣き出すストークリー。





うちの鶏が人間に攻撃してきたのを見たのは、初めてだ。
自分より勝てるサイズの相手だと思ったのか?




リーガンが1番優しい鶏のレッドちゃんを抱っこして、ストークリーの元に連れてきた。



ごめんね。
本当は鶏、みんな優しいんだよ。


すぐ機嫌を直し、レッドをなでるストークリー。
来年の1月には、彼もお兄ちゃんになるそうだ。


ジェネビーただいま3人目を妊娠中。
また男の子らしい。
忙しくなりそうだ。



ブルーベリーパラダイス


この1ヶ月というもの、毎週毎週ブンたさんとブルーベリー摘みに行っている。


未だに行っている。
こんなに長い期間、ブルーベリー摘みに行ってるのは初めての事だ。



普通、ブルーベリーのシーズンは2週間程度の事だ。
でもなんで今年はこんなに長く摘めるかと言うと、それには秘密がある。


それはブンたさんにのせられて、高い所に連れて行かれてるから。

いやいや、別に文句を言ってるわけではない。
アウトドアが好きだからいいんだけどね。
だけど毎回、レベルがアップしてる気がするのは気のせいか?





この月曜日にも、ブンたさんからこんな電話がかかってきた。

「メルモさん、ありました。先週末家族と行って発見しました。そこにはブルーベリーパラダイスがありました。」









ブルーベリーパラダイス?
 
なんだ、それ!?





とにかく本気で山に登る恰好して来いという指令を受け、リュック担いでハイキングブーツで山に行く。

そして連れてこられたのは、こんな所。
(↓ブンたさんが撮ってくれた、山でおにぎりをかじるワタシ。)




は〜、遠くまで登ったなぁ♪







って!
広大すぎるよ、景色が!!



これが主婦が平日に登る山か?

子供の学校の送り迎えの合間にする仕事じゃないって。





下を見たら、こんだけ高い。



ずっと下に見える細く横に渡るトレイルから、道なき道をずっと登ってきた。
「あの岩までは登るからね!」
と、キツくブンたさんに言われて...。





確かにそこに、パラダイスはあったよ。



でも、かなり遠かったよ。

アラスカクレープの作り方


先週末のムサシの宿題は「物を作って、それを文章にする事」だった。
作る物は、ピーナツバター&ジェリーサンドイッチよりも難しい物なら何でもいいらしい。




ムサシが作りたい物は、ダディのスペシャルクレープなんだとか。


この夏に日本で食べてからというもの、リーガンはクレープ作りに凝っていたのだ。
なんとクレープ専用のフライパンなんかも買っちゃって、甘〜いクレープをよく作ってくれる。
それを一緒に作ってレシピを書き、学校に提出したいそうだ。


ムサシはリーガンと相談して、アラスカブルーベリークレープを作る事にした。






リーガンがムサシに言う。
「よしムサシ、まずは山に登ってブルーベリーを摘んでこなくちゃな。」





そっからですか?


これは時間がかかりそうだ。
日曜日に2人は、
「山と店に行ってくる。」
と出かけていった。




帰ってきたムサシはリーガンの指導のもと、クレープを作りレシピを書いていく。






まずは、材料から。

山で採ったアラスカブルーベリー  2カップ

・全粒小麦粉   1/2カップ

庭で放し飼いされている鶏の卵   5つ

・キャノーラオイル  1テーブルスプーン
・生クリーム   1オンス
・オーガニックの砂糖  2テーブルスプーン
・牛乳 2/3カップ 

クレープ専用フライパン

※トッピング※
ブルーベリーパイフィリング 1缶
アーモンド
Nutella ヘーゼルナッツスプレッド
クリーム









つっこみどころ、満載だ。


庭で放し飼いされている鶏の卵って!

そんなの用意出来る人、いったいどれだけいるの?



本当は牛乳の代わりに、

庭で飼ってる山羊の乳

も加えたかったらしい。
ヤギ飼う事も考えてるリーガン...。

いったいここで、どんだけ動物飼うつもりなんだ。




ムサシが提出したレシピは、このとおり。






アラスカクレープの作り方





   まずは山に行き、ブルーベリーを摘む。そして、それを洗う。

   次に液体の材料ーー牛乳、キャノーラ油、生クリーム、卵をボールに入れ、混ぜる。

   そしてその中に、砂糖と小麦粉を入れ混ぜる。(固まりのないように。)

   ガスに火を点け、フライパンを温め始める。温まったら、バターを少し入れて溶かす。

   クレープのたねをゆっくりとフライパンの中に入れ、薄くのばす。

   90秒間、または薄茶色になるまで焼く。

   そろーりとひっくり返し、反対面も焼く。

   クレープが焼けたら、網の上に60秒間置く。

   それをお皿に移し、中にブルーベリーフィリングを入れクリームをのせ、ブリトーみたいに巻く

   そして上にヘーゼルナッツスプレッドを薄く塗り、またクリームをのせ、細かく砕いたアーモンドをかけてブルーベリーをのせる。

   出来上がり。


   最初の1番上手に出来たクレープをママにサーブしよう。






最後の文章も、リーガンのアイデアだろう。
確かに一番目に、美味しいクレープを食べさせてもらった。








空飛ぶパラグライダー



先週の金曜日は晴れていたので、子供を学校におくってからいつものようにブンたさんと近所の山へ。
1番の目的はブルーベリー摘みだけど、今日の目標は頂上まで登る事だとブンたさん。


「いつもすぐ上に見えてるし、今日こそあそこまで登るから。」
は、はい、分かりました。隊長の指示に従います。



車をトレイルの側へ駐車しようとした時、山のような大きな荷物を背負ったお兄さんとすれ違った。


「すごい荷物だな〜。今日山に泊まるつもりかな?」
「もしかしてあん中に、家財道具一式入ってるかもよ。家、ない人か?」

勝手にお兄さんをホームレス扱いにする私達。
山でのおしゃべりは楽しい。そして、妄想も広がる。




いつも行ってる山だけど、勾配が急でかなりキツい。

「まだまだ、上まで行くよ!」
どんどん先に行ってしまう、ブンた隊長を必死に追いかける私。


しかし、アラスカ人はすごいよ。
赤ちゃん背負ったお母さんとか、杖をついたおじいさんとかが上から降りてくるんだから。
この人達、どうやってこの坂を登ったんだ?
私もまだまだ修行が足りないな。



やっと下から見えてた頂上まで登ったと思ったら、その先にもまだ上があった。
上の上には上があったとは。
雲の中に見える、あれが本当の頂上か?



ここまででも1時間くらいかかったのに、あんな上まで行ったら、学校のお迎えに間に合わない。
今日は私の中で、ここを頂上としよう。
せっかく登ったのに、達成感なし。
がっかりしていたその時、ブンたさんが反対側の山を指差す。


「なんか飛んできたよ。」



あっ、あれはパラグライダー。


もしかして、あのお兄さんだ!
ホームレスだと言ってたお兄さん。あの反対側の険しい山に登って行ったし。


(たぶんあの)お兄さんは、どんどん空に上っていった。



すごいお兄さん!かっこいいーー。
あのリュックの中身は、パラシュートが入っていたとは。
ホームレスなんて言ってごめん。




お兄さんは空中でぐるっと半円を描くと、私達が登っていた山の下に着陸した。



おおー。すごいな。
なんかエエモン見たな。


こんな大自然の中、青い空に浮かぶパラグライダー。
めちゃくちゃ気持ちいいぞ。
空気も綺麗でブルーベリーもいっぱいあって、下なんか、絨毯敷いてるみたいな鮮やかな色だ。



そのうち、あのホームレスお兄さんが下からすごい勢いで登ってきた。
パラシュートを畳んでバックパックに入れ、また上から飛ぼうとしているらしい。
速いな。




飛んだ人とあのホームレスもどきのお兄さんが同一人物か確認したかった私は、思わず話しかける。
「さっき飛んでた人?写真撮ったよ。また飛ぶの??」




「また飛べればいいと思ってるよ。」
お兄さんは汗を流しながら、笑顔で答える。


スーパー爽やか!!
めちゃめちゃかっこいいじゃん。



アラスカのキムタクだ!(ネーミング byブンた)

ホームレスなんて言って、本当にごめん。かっこいい兄ちゃんだったわ。


キムタクは、信じられない早足で、向かい側の山の頂上まで登って行った。
そしてもう1人、同じく山のようなリュックを背負ったおじさん(この人は、普通のおじさん)が登ってきた。
(実はこの人とも話をしたが、何を話したか記憶に残ってない。それだけ、キムタクの印象が強烈だった。)



「きっと、あの人も飛ぶ人だよ。リュックの中にヘルメットあったから」
さすが隊長。するどい観察力。

その言葉どおり、雲の中から2人のパラグライダーが姿を現す。




そしてどんどん飛んでいく2人。



おーい、どこまで飛んでいくんだーー!?


あんなに遠くまで下りちゃって、大丈夫か?
車はここに置いてるのに、どうやって帰ってくるんだ?
と要らぬ心配していたけど、2人はうまく半円を描いて、またこっちの山まで戻ってきた。
いったいどうやって操縦してるんだ?
自由自在だな。


よく晴れた、とても気分のいい山の午後だった。


ステイトフェア その3



ステイトフェアの子供の楽しみ、カーニバル。


確か私だって子供の頃は、遊園地の速い乗り物に乗るのが好きだった。それなのにいつの頃からか、もうお金をもらっても乗りたくなくなってしまっている。



特にアメリカの乗り物は全然ダメだ。
速すぎるて、吐きそう。
なんでみんな、お金払ってまで気持ち悪くなりたがるのか?



つまんない大人になってしまったのか。
子供はニコニコして並び、キャーキャーと喜んでいるのに。





一つだけ乗ってもいいと言われ、ムサシが選んだのはこんな乗り物。



人とぶつかって、クラッシュするのが楽しいんだとか。


アラシはもっと激しい、くるくる回る乗り物を選んでいた。
足下ふらふらしながらも、笑顔で降りてきたアラシ。
すごく楽しかったんだと。





乗り物の他にもゲームがたくさん。
水に浮いて回っているひよこを何羽かすくえば、ぬいぐるみがもらえる。




なんか日本でも、似たような光景を見た。
あれは夏祭りの屋台だった。
どこでも、同じような事やってんだな。




かわいくミニゴルフで遊ぶ私達の横では、こんな過激なマシンが。



クレーンで吊られたその先の丸い物に乗る人たち。
ぎゅーっと引っぱって、





ぱっと離すと空の上。



このスリルがいいのか?
1人$30もするのに、長蛇の列。





会場の中では、コンサートも催されていた。
私達は2日目の、コレクティブ・ソウルを見に行った。


1番好きな曲シャイン→



金曜日の7時開演で、1時間半前に並ぶ。
ずっと好きだったバンドなので、わくわく。しかも家族みんなで見られて嬉しい。


指定席はもう売り切れだったので、立ち見席を買っていた。
6時頃に門が開き、入場。





会場は、こじんまりとしていた。大阪のサマーソニックと比べたら、めっちゃ小さい。でも山は見えるし、景色のものすごくいいアラスカの野外ステージ。
真ん中の1番前に陣取った。
立ち見だけど、ステージは近い近い。


隣に1人で来ていた、長髪でタトゥー入りのパンクなおっちゃんと仲良しに。
始まるまでずっと話しまくる。特にムサシとおっちゃんの気が合うらしい。
話題は主に、ギターとゲーム。





7時半にメンバー登場。
超ーーかっこいい!!!大興奮。
ヴォーカルのエドって、ホントに47歳か?
若いしかっこ良すぎるし、あの声には痺れる。



ギターの音はもちろん最高だけど、サポートメンバーのドラムが激しい演奏でめちゃくちゃよかった。
大興奮のうちの家族。
踊りまくりの騒ぎまくり。




会場内はアラスカらしく、和気あいあいとしていた。
普通コンサートはカメラはダメなのに、みんな大胆にカメラ出してて、メンバーも客席に行って一緒に記念撮影。
客層はバラバラ。若い人もおじいちゃんもおばあちゃんも子供もみんな 和やかにしている。



そんな光景にエド曰く、

「なんだこれは。親戚で集まる裏庭パーティーに出ている気分だな。」




確かに。


ビッグスターが来るような会場ではない。
だけどそのお陰でアーティストとの距離がすごく近く、演奏は迫力あっての最高の夜だった。

ステイトフェア その2



ステイトフェア中は、こんなにアラスカに人がいるんかい?と思う程の、すごい人出になる。
パーマーは人口約5500人の小さな市なのだが、それが1年に2週間だけ人で溢れる。


私達は2日目と最終日に行ったけど、特に最終日は混雑。
車も何キロも渋滞になり、会場に入るまでに苦労した。




会場内は、明るい人達の笑顔でいっぱい。



野菜やクラフトのコンテストの他にも、様々な催し物があった。


会場内にあちこち設けられているステージではショーをやっている。
カントリーバンド、ファイヤーダンス、太鼓、素人名人芸、ハワイアンダンス、エスキモーダンスなどなど。
内容盛りだくさん。



食べ物のブースもたくさん出ている。
ハンバーガー、ホットドック、ポップコーンはもちろん、アラスカらしくハリバットやサーモンも。


ドーナツバーガーというのもあった。
ハンバーガーのドーナツ版。
いったい、何千キロカロリー?






ファッションもいろいろ。
今年は特に、やたらインパクトのある人達が目を惹く。
ドクタースースーのキャラクターか?


メイクも髪形も、かなりの気合い入り。






















振り向いてもらったら、メイクもバッチリ。
いったいみんな、どこで変身してるのかと思ったら、こんなお店を発見。




フルムーン パフ 20ドル。
アストロ パフ 20ドル。


すごい奇抜な色。
これは、元の髪に戻れるのか?




うちにピッタリの帽子を発見。

チキンハット。
(撮影、ムサシ。)



これ被って歩いている人も、多数。
うちは買わなかったけど。


こんな感じで、会場内のアラスカ人は浮かれてました。

その3へ続く。

ステイトフェア その1



8月26日から9月6日まで、アラスカステイトフェアがパーマー市で開催された。
ステイトフェアはどの州でもやっていて、テキサスに住んでいる時から毎年行っていたけれど、本当に楽しめるようになったのは去年からのような気がする。



それは、チキンを飼いだした事が大きな理由だろう。



他の人の鶏が気になりだした。
賞を取って展示されている鶏を見て、

「なーんだ。うちの鶏の方が、可愛いじゃん!」
と、どーしても言いたい。
親ばか(ペットばか?)炸裂☆




それにアラスカに来てから、ホームメイド物に興味津々。
見る物はたくさんあるぞ。


2週間の開催日のうち、アンカレッジから車で1時間程かかる会場に2回通った。
ま、一日は好きなバンド(Collective Soul)のコンサートのために行ったのだが。



青空広がる最終日!
長い長い渋滞をようやく抜けて、会場へ。

まず先に、動物(家畜)のいる会場へレッツらゴー!

もちろん最初に見るのが、鶏。
まぁ、色んな種類の鶏がいるもんだ。

あまりにも毛がふわふわで鶏というより犬みたい!?なチキンもいた。
写真は、いつも逆毛立ってる種類の鶏。



パーマーにある養鶏場、トリプルDのブースでは毎年恒例の人だかり。
透明なインキュベーターの中に卵を入れて、ヒヨコが産まれてくる様子を見せている。
カメラも付けて、大型TVでも生中継。


卵の殻が中から割られ、徐々にヒヨコが出て来る姿に感動。
ぴくっと卵が動くと、
「わおー。」
と歓声があがる。
子供も大人も、じっと卵を見守る。

アラシはここで、40分も動かなかった。




鶏の他にも、動物がたくさん。
山羊の優しそうな目に癒される。




子豚の山盛り。




まん丸目のうさぎ。
可愛い。


他の会場では、クラフトのコンテスト。

キルトをはじめ、手作りの品が展示されている。
まぁなんと、アラスカには器用な人達がいるもんだ。




ロックなカントリードール。
その横は、自由の女神ドール。



花のコンテストもあった。
カラフルな花が、ずらりと並ぶ。





ケーキコンテスト。パイやクッキーも、たくさん並んでいた。

美味しそうなスイーツ、目で見るだけ。
ああ、審査員がやりたかった...。




そして発見!
ワインコンテスト。
ブンたさん、注目〜。



ビールの部や、ノンアルコールのジュースの部もあった。

ワインは、ベリーワイン、フルーツワイン、赤、白などに分けられて審査。
ワインのラベルのコンテストもあった。

きっと来年はここに、ブンたさんちのワインも登場する事だろう。

その2へと続く。

夏の思い出 リューノスケ編



里帰り中に、大阪のスタジオで竜之介君とセッションした時の動画をアップ。


竜之介君は、本当に天才。こんなに音を楽しむ人に会った事がない。
何を弾こうかとかの話もなく、ムサシが弾き出した曲に次から次へとかっこいい音をのせていく。
すごく自然体。
ムサシもアラシも、ロックを身体で感じて教えてもらった。

いい友達がいて、よかったな。


I had a great time rocking out. Thank you ryunosuke.
Musashi




今日の収穫と今日の鶏


天気がいいので、いつものようにブンたさんと山へ。
今日は、ブンたさんの旦那さんも参加。3人でどんどん山に登る。


上の方に、ジャックポットを発見!
大きな粒がごろごろあって、興奮した。


先に写真を撮るべきか、このまま興奮状態でブルーベリーを採るべきか。
迷ったけど、ブルーベリーに手を伸ばす。



もう今週でブルーベリーの季節も終わりそうと言ってたけど、高い所に登ればまだまだあるみたい。
このぶんだと、13パウンドもいけるんではないか?


アラスカ産ブルーベリーワイン計画の夢は膨らむ。
ワインのラベルを作ろう、今年は練習の年にして来年のステイトフェアには出品しよう、ブルーベリーワイン会社を設立しなきゃ、ここら辺の土地を買ってブルーベリーを独り占め、ネットで売って儲けてあの崖の上にある豪邸を買おう。

ブルーベリーを摘みながら、ブンたさんとの話はエスカレート。
最後は大笑い。


山の美味しい空気を吸っていっぱい笑って、今日も幸せを感じる。




家に帰るとリーガンが、鶏のためのゲートをとんとん作っていた。
恐怖の9月(獣に要注意月間)がきたので、そのための準備をしているのだ。
木材やセメントを買っていて、何か大掛かりな物を作っている。


鶏達は、いつも元気。



お気に入りの場所があるようで、同じような場所へいつも行く。
そして上下関係もはっきりしてきた。
鶏には鶏の世界が。




カラフルな鶏が、あちらこちらで遊ぶ。
その行動を目で追うのが、楽しい日課。


つま先までピンと延ばした足が、妙に可愛い。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる