カラフル卵



リーガンの趣味は鶏を飼う事。
それがエスカレートしちゃって、現在の鶏の数はなんと71羽!!

夏に日本から帰ってきたら、何時の間にか増えていた。






知らずに鶏小屋にエサをやりに行き、相当驚いた。
ものすごい数の鶏が、わらわら出てきた。


なんだこれはー!
ヒッチコックの鳥か!?






それ以降、怖いので鶏の世話はしていない。リーガンが仕事に行く前と帰ってからと休日に、せっせと世話をしている。





そんなリーガンの努力によって、最近の卵はこんなにもカラフル。






色を塗ったわけではありません。違う色の卵を産む鶏の品種を、飼い集めているだけ。



特に、チョコレートカバーエッグと言われる、濃茶色の卵は苦労の賜物。





maranという種類の鶏だけど、この雌はアラスカでは今のところ売ってない。リーガンは1個5ドルもする有精卵を20個買って、孵化させた。


その中で、孵ったヒヨコは14羽。
そこから熊やリンクスの襲撃にもめげずに生き残った鶏は、3羽だけ。そのうち雌は2羽。



この前、もう一羽のmaranが卵を産んだ。
リーガンが最も欲しかった、チョコレートカバーに斑点。





毎日、美しい卵だと自慢しているリーガン。



ちなみに、どの色の玉子も味は一緒。
とても新鮮。ハッピーチキン達が産む玉子は、どこよりも美味しいと大評判!

リーガンは職場で卵を売ってるけど、宣伝してないのに予約が多すぎて入手困難中。

アラスカは真冬



先週末、大雪が降った。



降っても降ってもまだまだ降る雪。週末でよかったと窓から見ていたら、ドライブウェイにこんなに雪が積もってしまった。

雪かきするリーガンの横で、子供のスノーモービル完全に雪の中。





車だって、雪に埋まっている。







そして今週、寒波到来。

現在外の気温、マイナス20℃。
寒すぎる!!






寒いけど、キーンと凍った景色は好き。
今朝6時ごろに目が覚め外を見ると、雪の世界にオーロラがゆらゆら揺れていた。

三匹の小熊



(写真は、今年の夏にガレージに付けられた熊の爪痕。一部壊され、ガリっと爪痕。魚釣りに行っている間、黒熊がやってきたらしい。)





1ヶ月前の朝、リーガンが家の前で熊を目撃した。
グリズリーの小熊。しかも3匹!


その日、なんか騒がしいので外に出ると、3匹の小熊が鶏小屋を揺らしていたそうだ。
(ちなみにうちには鶏小屋が3つあり、揺らされた鶏小屋には3羽住んでいる。)


リーガンは、
「慌てて石を投げたりして熊を追い払ったので写真は撮ってないけど、あれはグリズリーだった。」
と言う。




ブラックベアはよくいるけど、この辺でグリズリーは珍しい。
グリズリーの方が大きくて、怖い熊だ。

子供の時は黒いけど、背中にコブがあるからすぐ分かるらしい。





写真がなくて残念と思っていたら、近所の友人が、
「うちの庭にも出没した。写真を撮ったから送ってあげる。」
と言ってくれた。

それがこの写真↓










うわ。ホントだ。
コブあるじゃん。

ずんぐりむっくり、なんか可愛いし。




あれから一ヶ月。

いったいあの三匹の小熊達はどこに行ったんだろうと思っていたら、金曜日のニュースに出ていた。


地元ニュース


またこの近所で出没したところを、フィッシュ&ゲームの人達に捕獲されて、取り合えずアラスカ動物園にいるらしい。

そうなんだ。


殺されるのはかわいそうだし、でも出てきたら怖いしと思っていたから、動物園でよかった。

雪遊び




アンカレッジは、もうすっかり雪景色。
先週末は、コディアック島から遊びに来ていた義弟ドーソンと、その3人息子ちゃん達とそり遊びに行ってきた。




ドーソンの嫁ジェネビーは、仕事。
そもそもドーソン達は、ジェネビーのアンカレッジ出張に便乗して来た訳だ。









いやしかし5歳、3歳、9ヶ月の男の子3人の世話って大変。


ドーソンは、全然平気とこの子達連れてどこでも行っちゃうけど、やっぱり見てるだけでも忙しい。
動作が、目まぐるしい。
みんな良く動くし泣くし、よく笑う!



そう言えば、うちもあの頃は大変だったな〜っと思い出したよ。
可愛いんだけどね。ホント大変。







子育て頑張るドーソンパパ。





後ろで引っ張られているストークリー(3歳)。こちらも頑張ってる。
腹筋使って、必死になって掴まる。









みんなでソリに乗り込む。





5人乗り。


ブルーのジャケットのレボルー(5歳)。どこにいるの?潰されてないか?








兄弟2組。
仲良し兄弟。








いっぱい遊んで、疲れちゃった。











こちらも疲れて、雪の上で昼寝中。




銀世界のアラスカより。

リーガンの誕生日



11月3日は、リーガンの誕生日。


ちょうどその日、アイダホからリーガンのママが、コディアック島からリーガンの弟家族が来る。これは盛大に誕生会をしよう!
子供達と相談して、ケーキは手作りする事にした。



ムサシはよく見ているTV番組 ケーキボスに感化され、カラフルで何かの形をしたケーキを作りたいそうだ。


そのために綿密に計画する子供達。
デザインをノートに描く。
ケーキのテーマは、「ダディの好きな家」らしい。デコレーション材料も、たくさん揃えた。




誕生日の4日前から、デコレーション作りに取り掛かる。





ライスクリスピーを削って形を作る。

ムサシが手に持っているのは、「ダディのオーボトロン」らしい。
オーボトロンとは、うちに庭に置いてあるこのマシーン。





アラシも一生懸命制作。
市販のマジパンを使っているが、まるでプレイドー(カラフル粘土)。






誕生日前日に、ケーキを焼く。





これに緑に染めたアイシングを塗っていき、デコレーションを乗せる。





左の奥にあるのが家。
その横には鶏小屋。

そして家の前にオーボトロンがあり、その横はなぜかパンプキン。そして鶏と遊ぶリーガンがいる。

手前の向かって左は、リーガンが作ったトーテムポール。
これ↓




そしてケーキの横に、クッキーを食べている熊までいる。




この熊にはこんな訳がある。


この夏、私達が魚釣りに出掛けている間に熊が来た。
熊は、リーガンの車の窓を破り、後ろのシートにあったクッキーを取っていったのだ。

リーガンの車には、熊の黒い毛がたくさん付いていたのだった。




さすが、アラスカ!?







最後にムサシがアイシングでラインを描き、じゃーん。出来上がり!





すごい色だな。
ちなみにミニカーと鶏以外は、みんな食べられる。






誕生日当日、仕事から帰ってきたリーガンはみんなにお祝いされて、大喜び。






メニューは、リーガンのリクエスト、天ぷら。
いっぱい揚げたけど、すべて完食。

手作りケーキに、とても感動していた。



キャンドルは、みんなで「ふーっ。」
誕生会大成功。


トリック オア トリート



前日につもる雪が降り、今年のアラスカのハロウィンもやっぱり雪となってしまった。



夜の6時から、コスチュームを着てトリックオアトリートに行く予定なのに、直前になってリーガンまさかの不参加決定。

がーん。




その日に、映画の撮影が入ってしまったのだ。
台詞入りの役はハリウッドの役者に取られたが、エキストラとして「フローズン グランド」の撮影に参加。






何故、大事なハロウィンの日に?

まぁ、ニコラス・ケイジと共演出来たんだから、仕方ないか。








その代わり、近所の友達コーディーとコーディーの伯母さんと、Y★Kさんが一緒に行く事に。



Y★Kさんは1年間の予定でアンカレッジに住んでいる、日本では大学生さん。ホームステイ先が偶然近所で、日本の実家も近所。

とても可愛らしい童顔で、高校生にしか見えない。いや、こちらの老けた高校生の中に入ると、中学生にすら見えてしまう。
実際ムサシが、
「13歳くらい?」
と言っていた。自分は12歳のくせに。




Y★Kさんは、今年がアメリカでの初めてのハロウィンだし若く見えるから、トッリックオアトリートに参加決定!

私が昔作った魔女衣裳を着て、ピロケースを持てば、何も違和感なく子供達の輪の中へ。






左から古代ギリシャの重装歩兵、強盗犯、魔女、スラッシュ。




ムサシは毎年恒例のロックスターシリーズ。
ギターを弾きながら、家をまわる予定。




うちみたいな、住宅街から離れた山の一軒家には、去年もその前も誰も来てくれなかった。が、一応キャンディーを家の前に置き、仮装団体出発。
コーディーの伯母さんの車について、山道を下る。





その夜は、ハプニング続出!

まず、雪が降り過ぎた。
大雪だよ。運転怖い。



そしてジャケットを忘れ震えるムサシ、ギターが弾けなくてトリックオアトリート拒否。



ムサシを車の中において、トリックオアトリート。



寒くても、(マイナス10℃?)子供は元気。
どんどん家をまわる。



ムサシの気分は直らない。



みんながムサシを呼びに来て、ようやく参加。今年はギター無しで。
でもスラッシュと分かってもらえる。



Y★Kさんのピロケースの中にもキャンディーいっぱい。
誰も20歳超えてるとは、気付いていない。アラシの姉に何度も間違われる。
そうか、私の娘でもいいわけか。



アラシの衣装、大好評。
「このグラディエーターには特にたくさんあげる。」
と言われたと、アラシ大喜び。



ジャケットも手袋も着けなかったアラシ、手が凍って車に避難。
でもすぐ戻る。



ジャケットも手袋も無いけどコーディーは全然平気。
流石アラスカン。寒さに強い。



ムサシはあんなにブルーだったのに、急に元気。何時の間にかすごく楽しんでキャンディーをもらいまくる。



キャンディーいっぱい。満足したY★Kさんは、途中から私の車の中に移動。

ちなみに、コーディーの伯母さんが子供達について歩き、ムサシにジャケットを取られた私は、車でその後をついて行った。



それにしても雪降り過ぎ。
写真もうまく撮れない。



2時間歩いてキャンディーをたくさんもらい、やっと帰り道。



車が大雪の山道を登っていかない。
どうしよう。私大パニック。

そしてノロノロ運転で、どうにか登った。
よかった。でも後ろは大渋滞。
もう車は嫌。



などなど。
無事に家に帰れてホントよかった。




こんなにキャンディーもらった。(写真はアラシの1人分。)
半分は学校に寄付した。

今年のハロウィン、結果楽しく終了。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる