ムサシの誕生日

(写真提供:ブンたさん)

6月16日はムサシの誕生日だった。
今年は人を呼ばないで、コロッケと自家製ケーキで家族でお祝いという予定だった。


それでも3日前にムサシに 、
「誕生日は何が食べたいの?コロッケでいいの??」
と聞いてみたら、


「ママの友達を呼んで欲しい。」
というリクエストが。



自分の友達じゃなくてママの友達?
そこには、食いしん坊ムサシの思惑があった。







ママの友達は、いつも美味しいご馳走を持ってきてくれる…♡




この話しをちょうどその日にあったクラフトの会で、笑いながらみんなに話したところ、



「ホントに、ご馳走持って来てあげるよ。」
という事に。

みんなの優しさに感動。
呼んだらみんな気を使ってプレゼント持ってきてくれるから、悪くて呼べないと思っていたけど、甘えさせてもらうか。







じゃあ、プレゼントは要らない。ゴチソウ持ってこい!
(←何様?)




という事で、ムサシの誕生日当日の土曜日に私の友達3人とお子ちゃま達が来てくれた。





ホントに持って来てくれたよ、ご馳走を。



デザートもあるよ。


その上に、みんなプレゼントも持ってきてくれた。すごーい感謝!

さらに、流石クラフトの会のメンバー!
素敵な手作りカード付き。(これは私が嬉しい!!)
カードは次のブログで紹介予定。



ムサシとリーガンは、朝からボーイスカウトのハイキングに行ったので、いない間にパーティーの準備。




バースディケーキは、ジャーン!
アラシがデコレーションした。



テーマは、今ムサシとアラシがハマってるゲーム「マインクラフト」なんだそうだ。紙で作ったキャラクターを、ケーキの上にアルミ箔を乗せて飾っていた。

ちなみにムサシは、もう13歳だよ。
ティーネイジャー突入。早いねー。




6時間のハイキングから帰ってきたムサシとリーガン。

お祝いにきてくれた友達と、ゴチソウに感激。


マッチが見当たらないので、ローソクからローソクに火を付ける。
ブンたさんが綺麗な写真を撮ってくれたので、アップ。



デザートに、チョコレートフォンデュ。
この前のガレージセールで未使用のを$10で購入。一度やってみたかった。
これは大人気で美味しかった!




ムサシが一番欲しかった物、それは新しいギターのアンプ。
マスタングⅢを家族からプレゼント。めちゃめちゃいい音が出るよ。

日本のばぁばからはギター型のバッグを、アイダホ州のグランマグランパからはハイキングブーツをもらった。なんとラッキーなムサシ。



「最高のバースディだった!」
と大喜びのムサシ。お友達と家族のお陰。
どうもあいがとう。

ルネッサンスフェア2012 その3



コスチュームコンテストは4時から行われた。
集合時間の広場に行くと、既にエントリーしているルネッサンスな一般客がいっぱい。
みんなやる気だ。




子供の参加者が多い。いい歳した私はちょっと恥ずかしいが、アラシと一緒に出場する事にした。


コンテストに出られるなんて、この私にこんなチャンス、今までもこれからもなかなかないぞ。
この衣装でここで歩いてたら、知らない人からもいっぱい褒められた。行け、自分!



係りのお姉さんに、個人で出るのかアラシとグループなのかと聞かれて、グループ出場と答える。

すると前で見ていたリーガンとムサシが、激しくNO!のジェスチャーをした。



アラシと別に出ろという事?
私がアラシの足を引っ張るという意味か?


不安そうに私を見上げるアラシ。
大丈夫。母に任せなさい。



お姉さんに紹介され、堂々と前に歩いていった。





出場者は約30組。
みんな工夫を凝らしている。特に子供達がとっても可愛い。


見てる人もみんな楽しそうに、ほのぼのとコンテストは進んだ。





参加者全員の紹介が終了。
審査が始まりいよいよ賞の発表。








各賞が読み上げられる。
そして、3位2位。最後の優勝は…。









なんと、私とアラシが優勝!!

すごい。やったー!




なぜかウォーリーも祝ってくれてるぞ。




拳を高々と上げ、オーーー!と叫ぶ母の横で、照れ屋の息子は小さくオー。





ルネッサンスフェア2012 その2



昔の兵士の武器が置いてあるブースを見ていたら、アラシがイカツイ兵士にさらわれた。



連れていかれたのは、戦いの広場。
迫力ある兵士に、どうしていいのか分からないアラシ。なんともヘッピリ腰。



この人、普段から昔の兵士の事を研究するグループのメンバーで、真面目にコスプレしてる。


月に一度ミーティングしてるとか、みんなで集まって戦ってるとか、年に一度ではなく普段からルネッサンス活動をしている様子。




アラシのヘルメットが気に入ったらしく、いったいどこで買ったんだ?と聞かれていた。
そして、グループへの参加も進められた。




マジです、このおじさん。
そんな人達もいるのね。



しばらくして、今度はリーガンが連れていかれた。盗みの容疑をかけられ、裁判へ。

なんかこの展開、前に見た事あるような…。



リーガンが持ってた本に隠されていたのは、ランジェリー。
リーガン、下着泥棒の容疑!!!





って。
3年前も同じ事あったよ。しかも今回と同様、下着泥棒だよ。

リーガンまた同じ手にひっかかって笑える。


その3コスチュームコンテストの巻に続く。

ルネッサンスフェア2012 その1


毎年楽しみにしているアラスカのルネッサンスフェア 3 barons



もちろん家族で行く予定にしてたんだけど、2日前になってリーガンが鮭釣りに行くと言ったら、アラシが泣き出した。
あの衣装を着て、どうしても行きたいらしい。

結局釣りは中止となり、予定通り家族みんなで行く事になったが、この事をキッカケに私の決意は固まった。





そんなにアラシが楽しみにしているのなら、私も気合い入れなければ…。






そんなわけで、私もルネッサ〜ンス!





久しぶりに、このドレスを着てみた。
一緒に行ったアラシの友達もびっくり。ごめん、実はコスプレ家族なんだ。




この格好で入ったら、入り口付近で声をかけられた。
コスチュームコンテストがあるから、ぜひ参加してくれ。


コスチュームコンテスト!
そんなの去年あったっけ?
まぁいいや。楽しみが増えた。

先にコンテストのエントリーを済ませてから会場内を周った。



村の鍛冶屋さん。
ガンガン叩いて金物を作っていた。

毎年見るけどこのおじさん、近所のスーパーの肉屋のおじさん。この人も、これが好きなのねー。




キッチンで働くおばさん達。
すっごく自然。まるで本当に、この世界の人みたい。




実際に、スタッフの食べ物(賄い?)を料理していた。
もちろん昔の料理を再現。オーブンも煉瓦で作っていた。




家の壁の作り方を説明してくれたおばさん。リーガンがすごく興味深そうに聞いていた。

リーガン、まさか次にこれを作るつもり?




そうしているうちに、何やら騒がしく団体がやってきた。
パレードだ!

陽気な青の人達。




チョコレートの金貨を投げながら歩いているので、子供達大喜び。

次は厳しい表情の緑軍。





そして赤の団体もやって来た。
後ろの海賊船のガイコツが怖い。






そして跪く庶民。
庶民の格好をしている私も、何か地べたに座らないといけない気分。

いいのか、立ったままで?
無礼だと処罰されないか??


青、緑、赤の人々がパレードして向かった先は、人間チェスの広場。


写真が多いので、その2に続く。

ホーマーのワイナリー



今度ホーマーに行ったら訪れてみたいと思っていた場所があった。
それが、ベアクリーク ワイナリー




それはホーマーの郊外の、緑豊かな場所にあった。お店の中もすごく可愛い。
人気スポットなので、次々と観光客がやってくる。



実はリーガンも私もワイナリーは初めての体験。どうしたらいいか分からずにキョロキョロとしていたら、イケメン君が案内してくれた。





お店のフロントは、もうお客で満員なので、バックのキッチンの中でテイスティング。


キッチンには、ワインの大きなボトルがたくさん並んでいた。




このボトル、ブンたさんちにあったボトルだ!


中は、ブルーベリーワインやラズベリーワインなどの、フルーツワイン。

オーナーが、趣味でガレージでワイン作りを始めたそうだ。そのワインが、家族友人達に大好評。
それで本格的に勉強して、このワイナリーを作ったらしい。
今ではこのワイナリー超有名、超人気。




ワインリストにはベリーの他、ルバーブやザクロやキウイのワインなんかもある。
どれがいいのか分からないので、取り敢えず甘いワインを試飲させてもらった。




美味しくてびっくり!!
しかもイケメン君が次いでくれる。
そして、色々違うワインが飲める。

これはお勧めしないわけにはいかない。




どれも美味しくて、次々と試飲。最後には酔っ払って何が何だか分からない状態。(リーガンが飲まない人なので、うちではアルコールをほとんど飲まない。それで私も、どんどん弱くなった。)



ワインは$20より。私は結局最初に試飲した、ラズベリーワインを選んだ($25)。





外に出て庭をちょっと見ていたら、オーナーの奥さんが
「(庭の)中に入って、見ていってちょうだい。」
と言うので、遠慮なく素敵なお庭を拝見。



そこにあったスイングに、アラシ興味深々。4つもブランコが付いている。

ちょっと乗せてもらったら、これがかなり楽しかったらしい。




すごい笑顔で、車の中で待っていたムサシを呼びに行った。


ムサシも乗って大はしゃぎ。
楽しい楽しいと、グルグル回る。







それを見ていたリーガン。
「あれは、何キロまで大丈夫なんだ?」

まさか…。









なんと、リーガンもスイングに参加。
私も呼ばれたけど、既に酔いがまわってる私。この状態でこんなのに乗ったら、大変な事になる。


しっかり打ち合わせをして、回り始める。
大丈夫なのか?
リーガンの重さにも耐えられるのか??




めっちゃ楽しそう。
みんな笑いながら回ってるし。



ホーマーのベアクリークワイナリー、超お勧め。

夜の虹



夏至を迎えた今週。
アラスカは夜も明るい。

写真は夜の10時ごろのダブルレインボー!

屋根の上でキャンプ



ホーマーの話は続きがあるけど、それはちょっと置いといて…。


ホーマーから帰ってすぐ、鶏が熊に襲われた。鶏が小屋で寝ている夜に入ってきて、6羽くらい食べたらしい。

近くの地域で、グリズリーが4頭目撃されたと聞いた。(そのうちの2頭はその後、安全のためにフィッシュ&ゲームによって射殺されたらしい。)
フェンスや扉の豪快な壊されようから、きっとそのグリズリーがやったに違いないとリーガンは睨んでいた。



もう、エレクトリックフェンスしかないかな、と考えていた翌週、またもや熊の襲撃。
可哀想に、鶏は全部で12羽殺られた。





怒ったリーガン!
すぐさまエレクトリックフェンスを買ってきた。
そして、鶏小屋の屋根の上にテントを張ると、

「フェンスが完成するまでは、今夜からここで寝る。鶏を守る。」
と宣言。




ええええーー!
大丈夫なの?鶏の代わりは買えても、夫の代わりはいないんだよ!!
もう。14年もリーガンといるけど、驚かされる事ばかりだわ。





それから1週間。
リーガンは毎晩、熊スプレーとライフルと携帯を持って、あのテントで寝ている。


夜は屋根の上のテントで寝て、鶏のストレスコールが聞こえると、ライフル持ってパトロール。
そして朝に家に帰ってきて、シャワーを浴びスーツに着替え、仕事場に行く。



自宅の庭が危険地帯って…。
そんな家、なかなかないよ?
(そして熊と戦ってる夫って、なかなかいないよ。)



1週間の別居生活。
夜は寝室の窓から見える黄色いテントを眺め、どうか夫がクマに食われませんようにと祈っている。





2日前の朝、リーガンはとうとう熊を見た。




それは朝の5時前。
バリバリというすごい音がしたので、ライフルを抱えてドキドキしながらテントのジッパーを開けると、木のフェンスを壊そうとしているグリズリーベアと目が合った。




それはそれは大きなブラウンベアで、流石のリーガンも怯んでしまったらしい。


ラッキーな事にクマはリーガンを見て逃げて行った。

怖いーーーーーー!










そして今夜、ようやくエレクトリックフェンスを取り付け終了する予定。

やっと夫が帰ってくる!
それから、これでブログにも書ける。(母おしんさん、もう終わった事なので心配はご無用。)

ボートを運ぶ旅 最終回


ドーソンのボートを引いてアンカレッジに着いたのは、日曜日の深夜の事。
その週の土曜日には、今度はボートをフェリーに乗せてコディアックに運ぶため、ホーマーまで行かなければいけない。



その前にお掃除お掃除。
写真は自宅前でプレッシャーウォッシャーを使って、ボートを洗うアラシ。





今度のホーマーは、5時間の道のりで一泊だけのキャンプだから簡単。
子供達も、
「なーんだ。5時間だけか。余裕。」
と笑っている。だんだんレベルが上がってくるな。




土曜日の朝に出発。
天気も良くて順調。ボートを引っ張ってるのも忘れる程。



結構カンタンにホーマーに着いた。
ボートをフェリー乗り場の駐車場に置く。
大きいお荷物がなくなって、楽チン!
ちょっとホーマー観光をしてから、今日のお宿へ。



お泊りは、ホーマーのビーチ。
父と息子で火を炊く準備。

フェリーは、翌朝の10時半に出発の予定。
8時半にはボートを乗せるためにフェリーポートに行かなければいけない。


フェリーにボートを乗せさえすれば、もうこの大荷物とはオサラバ。
やったー。早く楽になりたい!!







夜から雨が降ってきたが、テントの中でぐっすり眠れた。
翌朝、8時にリーガンがフェリーポートに様子を見に行く。




すぐに帰ってきたリーガン。
フェリーはタイドのせいで遅れていると言う。
アラスカは潮の満ち引きが激しいので、タイミングを外すと船が港に入ってこられなくなる。
1時にもう一度来いと言われたらしい。

そこに一緒に並んでいたトラックの運ちゃんの話によると、10時間の遅れとか。




10時間って…。
今夜アンカレッジに帰れるのか?
リーガン翌日仕事なのに。




取り合えず電話連絡する事にして、テントはそのままにし朝食を食べに出掛ける。
いつものようにナショナルパークビジターセンターも行き時間を潰してから、1時にフェリーポートに行った。




フェリーはまだ着いてなかった。
駐車場でボートを繋げ、待つ事2時間。
ついにフェリー到着!



しかし、そこからも長かった。
フェリーに乗せる車を順番に乗せていくんだけど、1台にかかる時間がすごく長い。ボートは最後に乗せると言われ、ずっとそこで待機。

日本の実家は島だからフェリーには慣れてるけど、こんなに時間はかからなかったよ。確かフェリーの後ろから車を入れて、前から出す。アラスカフェリーは、なんでこんなに時間がかかるんだ!

日本のフェリーの優秀さを、改めてここで知った。




フェリーポートで待つ事5時間。
ようやく私達の番に。

後ろにボートを繋げたミニバンでフェリーの中に入る。



入ってすぐブザーが鳴り、床が下に降りる。

「おおーー。」
急に動いて、思わず声が出る。
それは巨大エレベーターだった。
車とボートは、私達を乗せたまま下へと移動した。

下に着いてから、ぐるっと90度に回転。
フェリーの中の人に誘導されて、ボートを付けたままバック。







そして、そこでボートを離した。
バイバイ、ドーソンのセルボート!



ようやく任務終了。
ドーソンにメールすると、すごく感謝された。
「一生分の借りができた。」

よかった!私達の苦労を分かってくれた。


ホーマーを出発したフェリーは、翌日の朝3時半にコディアックに到着。
朝待ち構えていたドーソンは、船の中を綺麗にし、すでにドーソンのセルボートは
コディアックの港に入っている。




(ボートに乗ってるのは、ドーソンの友達)

ボート作戦大成功!

ボートを引いてアンカレッジまで



翌日は、ドーソンのボートを引っ張ってアンカレッジまで運ぶ日。
ボートは昨日あのまま、作業した山の中に置いてきた。



朝リーガンは、
「3時間くらいかかるから。」
と言って、1人でボートに向かった。やり残している作業があるらしい。
私と子供達はロッジでのんびりと、窓から見える雄大な景色を見ながら過ごしていた。




リーガンは本気でやろうとしているけど、私はあの、どデカいボートをアンカレッジまで車で運ぶのは、正直無理だと思っていた。いや、無理であって欲しいと半分願っていた。





だってこのサイズ。



これを引っ張って、1255キロの道のり。
しかもスムーズな道なんかじゃないよ。






走るのは、カナダのガタガタ道。


しかもあの、雪山も超えなきゃいけないし。










ムリムリムリムリ。
あの来た道を思い出しただけで、頭をブルブルと横に振りたくなる。
実はヘインズまで来る道で、車がトレーラーごとひっくり返っている事故現場を見たばかり。
怖過ぎる。

だいたい日本だったら、けん引の特別な免許がいるんじゃないの?素人じゃあ出来ないよね。





どうかどうか、車が横転しませんように。






11時くらいにリーガンが戻ってきた。
窓から見ると、ボートは後ろにない。ミニバンだけ。
よかった。やっぱり無理だったんだ。




ホッとしたのも束の間。リーガンは言った。
「ボートは町の広場に置いてきた。思ったよりもスムーズに引っ張れてる。さぁ行こう!」





…がっかり。
やっぱりアレを持って帰らなければいけない宿命なのね。

リーガンに、「出来ないと思ったら無理しないで引き返して、ボートはここに置いて帰る事」と、固く固く約束させてから、出発した。





広場でボートをミニバンに繋げ、引っ張って行く。
思ったよりも普通に走れているが、リーガンは半端ない集中力を必要としているのだろう。


「万が一車が倒れたら、ここにしっかり掴まって。」
説明するリーガン。いつもより真剣な声。
家族みんなで、緊急時の練習をした。







なんで、こんな命がけ。
ドーソン、信じれん。




国境越えも難なく済み、雪山突入。




ひゃあ〜。
怖いって。こんな所で事故っても、誰も助けに来てくれないよ。




その日の朝、私はロッジでブログを更新していた。ヘインズへの道の記事。
早くも、それを読んだ日本の母からメールがきていた。



心配性の母からのメールは、
「熊のいる所でキャンプしていると思うと、心配で眠れない。」
と書いてあった。

悪いけど、それ見て思わず笑ってしまった。





今の状況。
もう熊なんか怖くないって。
熊なんか。

熊よりもずっと怖い交通事故。







なんとか雪山を超えた。



リーガンは後ろの車に迷惑がかからないように、広い道を見付けてなるべく追い越させる。みんな追い越す時に笑って振り返って私達を見るのが、不思議だった。



不思議じゃないか。
ミニバンでこんな大きなボート。誰が引っ張ってるのって、みんな気になるよね。




その日は夜中の12時まで走った。
リーガンは、その夜キャンプしようとしていたのを、私が絶対ホテルと言い張った。
これ以上ドーソンのお金を使うのが悪いからと、リーガン。



そんな。
ドーソンのために、こんなにみんな命がけなのに…。





この大きなボート、停められる所も限られてるし、明日も続く集中力のためにしっかり寝ないといけないし。

私が許す。ドーソンのクレジットカードでホテルへゴー!





翌日も走る走る。
いいお天気で気持ちがいい。
多少、この緊張感にも慣れてきた。



途中Tokという町の、ティピーが立ってるロッジに停車する。




リーガンは、ここを通る度に、寄ってみたかったらしい。



お店とか見に行ったら、ここのオーナーに驚かれた。
驚かれたのはボートが大きかったからではなく、ここに人が立ち寄ったという事に。



昔は栄えていたが、今は来る人が滅多にいないと言うオーナー。




お土産やもあり、レストランもあり、家族経営のロッジだった。



オーナーが超フレンドリーな人。何も買ってない私達に、建物の中を全部見せてくれて、コーヒーはどうだと勧める。

釣りのガイドもしてくれて、アンカレッジの空港まで送迎くれるそう。本当の田舎のアラスカを体験したい方はこちらへ。

Gakona Lodge & Trading Post




その後も、ボートを引いてミニバンは走る。

リーガンの力技で細いくねくね山道も通過。リーガンだから出来た。誰にもお勧めしないよ、こんな荒技。






アンカレッジに着いたのは、夜の11時過ぎだった。事故なく到着。本当によかった!





実は、ボートの話はここで終わりではない。
今度はこれを、ホーマーまで運んでフェリーに乗せなければいけない。

ボートを運ぶ話、まだまだ続く。

ヘインズ観光プチ情報



(写真はハンマーミュージアムの前にて。ここも行くはずだったが、ボート作業のため行けず。)

ボートをアンカレッジまで運ぶ話はちょっと置いといて、私が見たヘインズのプチ観光情報を。


因みに、旅行に行く時はいつもトリップアドバイザーの口コミを見て、食べる所やホテルを探す。今回もここを参考にさせてもらった。




ヘインズに到着後、ちょっとダウンタウンの方を散策した。

ヘインズは人口2500人の小さな町なんだけど、とにかくその日はブリューフェスタの為に、町は酒で浮かれている人達で溢れていた。

ホテルもいっぱいで、予約が取れない。空いてたのは、翌日のロッジ一軒だけだった。



マッシュルームがテーマ(?)のお土産屋さんに入ってみると、そこで日本のマッシュルーム発見!




こ、これは…。
キノコの山やじゃないか。
なぜ、こんな所に?

もちろん、即お買い上げ。
ヘインズで一番最初に食べた物は、キノコの山だった。



夕食は、歩いていて見付けたライトハウスというレストランで。
店の人、フレンドリー。でもお客が多すぎて焦っていた。
待たされたが、味はまーまー美味しかった。


そこにいた団体客をじっと見るリーガン。
そして、あのおじさんはゴールドラッシュの出演者に間違いないと言う。


ゴールドラッシュとは、ディスカバリーチャンネルでやってるリアリティー番組の事。アラスカの荒野で、一攫千金を狙って金を探す男達の話だ。
私は見てないが、リーガンとムサシは毎週楽しみにして見ている。

様子を伺っていると、どうもその20人程の団体は、ゴールドラッシュの撮影隊らしかった。
ここら辺で撮ってるのか?





食事が終わって帰る前に、
「ちょっと声をかけてくる。写真は撮らなくていい。」
とリーガンは言った。


が、声をかけると喜んでくれて、一緒に飲もうとまで言われた。それを丁重にお断りして、記念撮影。






翌日泊まったのが、 ベアロッジというB&B。ここが最高によかった!

他のホテルよりちょっとだけ高めだが(1泊$150)、ここはお勧め。眺めもとてもいい。











↑因みに3番目の写真の、手前の白いのはジャグジー。水着で入って下さい。


ここで、ヘインズを3ヶ月間ホテル暮らししてるカップルに出会ったが、それまで泊まり歩いた6軒のホテルの中で一番いいと言っていた。


その人からのヘインズ情報。
ヘインズは、雨の多い場所。だいたい雨が降っているが、みんなそれにも関わらずにハイキングに行っているそうだ。


そして、ブラウンベアの事にも聞いてみた。
熊は普通にいるけど、近くの川で鮭を取って食べるのでお腹は空いておらず、人間は滅多に襲われない。

が、一度レストランで働いていた人が南の方でキャンプをして、食べ物の匂いがしてるから熊に襲われたらしい。それからはそこでのキャンプは禁止されている。

このベアロッジがある場所が、熊が住んでいる地域らしい。
どうりで、毎日ここの近所でグリズリーを見るわけだ。



翌日の夕食は、 バンブールームで。
ここのフィッシュ&チップスがどこよりも美味しいと書いてあったが、確かに美味しかった。店はとてもカジュアル。



さて、次回はボートの話し。


それにしてもデカい。




信じれん、ドーソン。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる