雪!それも突然の大雪!!



最近急に寒くなってきたアンカレッジ。
ローカル局のアナウンサーがフェイスブックで「今週末はSワードがやってくるぞ。それはSNOWだ!」と呟いていたけれど…。(普通、Sワードと言えばsh×× という汚い言葉なのだけど。)




朝起きてびっくり。







なんじゃこりゃー!?









いくらアラスカと言えども、初雪がこんなに積もるという事はない。

しかもまだ9月。
タイヤだってまだ変えてないぞ。と言うか、変えてる人はいないのでは?





今日の予定は変更!だってどこにも行けないし。






昼頃には青空が出て、雪も溶け出してきた。
窓から見える景色もこんなに綺麗。




秋の紅葉写真を載せる前に、突然冬になりました。

コピックとクラフトチョキ



カード作りの道具に次に欲しくなった物は、コピックというマーカー。
スタンプを押してコピックで色を塗ると、とても綺麗に発色する。


毎日、カードの作り方やコピックの塗り方をYouTubeで研究。
特にこのAmyさんという方のビデオは面白くて、ますますコピックを集めたくなってきた。



しかしこのマーカー、とても高い。
アラスカのマイケルズでは1本$8。そんな高いペン、たくさんは集められない。
よく調べてみると、このペンは日本製 だった。日本の値段はアメリカで買うよりかは安い。(とは言っても、24色で¥6000もするような物だけど。)



そんな時、日本からアラスカに荷物を運んでくれるという人が現れたのだ。
早速実家の母おしんに連絡すると、
「何が欲しい?マヨネーズとか??欲しい物を教えて。」
と聞いてくれた。



「欲しい物。えーと、あの、マヨネーズというか、日本から欲しい物は実はコピック…。」
とごにょごにょ言うと、おしんは私にコピックを買って送ってくれた。
おおおおおおーーーー。大感謝。






他にも必要な道具と言えば、ハサミ。

カリフォルニア在住の切り絵作家、春美さん。この春美さんの作る素敵な作品にいつも感動していた。ハサミ一つで小さなパーツを自由自在に切り取っていき、素晴らしい絵を作り上げる。



上手く切り抜きが出来ない私は春美さんに、
「どこのハサミを使っているのですか?」
と何気に聞いてみた。



すると春美さん、
「祖母から譲り受けたもので、ハサミにはmade in Japanとしか書いておらず、どこのか分からないので調べてみる。」
と言われた。


春美さんのお母さんとお姉さんは、ハサミを購入したお店にわざわざ行かれて、探されたそうだ。
そしてそのハサミが、改良されて今も売ってある事実を発見。その名もクラフトチョキ!
そんな優しいお手紙とともに、私の元にはクラフトチョキが送られてきた。





春美さーん(号泣)。
お母様とお姉様も。
なんてなんて優しいの。大感謝です。



クラフトチョキは、本当によく切れる。
今ではなくてはならない私の大事な道具。







コピックとクラフトチョキで、こんなカードを日々作成中。
楽しいーー。





これはカードではないけど、フレームに作品を入れた物を母にプレゼント。
中身は毎月変わる予定。
次はサンクスギビングかな。


おしんさん、涙ぼろぼろで喜んでくれた。
自分の作った物で、そんなに喜んでもらえるとは。
よかった!

合宿 クラフトの部




クラフト合宿で作ったハロウィンカード。
デザインはブンたさん。
モデルの愛犬ゆきちゃん。




クラフトの雑誌を参考に作った魔女のホウキ。中身はキャンディー。
まるで工場作業かのように深夜まで黙々とホウキを作る、クラフト合宿の夜。楽しかった。

合宿 アウトドアの部



夫と子供達がボーイスカウトのキャンプに行ってしまった週末、ブンさんちの合宿に参加した。


合宿とは、単に泊りがけで遊ぶ事。これを仲間内では、クラフト合宿とかアウトドア合宿とかと呼んでいる。
今回は、アウトドアもクラフトも両方やる合宿らしい。楽しみ。





土曜日のお昼頃ブンた家に着くと、水とポテトチップスが配給された。
ブンたさんと山に登ると、何故かいつも食べ物をくれる。

いつもは美味しいオニギリだけど、今日はスナックのみ。
夕食に海老フライが出るので、それまでにカロリー消費してお腹を空かせなければいけないとコーチ(ブンたさん)に言われる。
海老フライのために頑張るか。




ブンたさんの運転するいかついトラックに乗り込むと、人里離れ車はどんどん山の方へ。紅葉も始まったアークティックバリーへとやって来た。


ここは何度も、ブルーベリーを採りに来た事がある。
今日は手前の険しい山に登るとブンたコーチは言った。
傾斜45度以上。かなりの坂道。
リフトのある、スキーの山だ。



誰もこんなとこ登ってないよ?
多くの人が行く先は、もっと穏やかなハイキングコース。



問答無用でブンたコーチはさっさと先を行く。
その前をブンたさんの息子くん2人と愛犬ゆきちゃん。
子供達は、飛ぶようにピョンピョンと山を登る。


ま、待って。
しんどいっす。
鬼コーチーーーー!





そんな私の声も広い山の中では届かず、みんなはどんどんと先に行く。置いてけぼりだ。早く追いつかないと。



上の方は霜が降りてて寒い寒い。
どこにあるんだ、いつ着くんだ頂上は?

長男くんがもうすぐだと励ましてくれてから20分。



やったー!見えた。



ようやくゴール!!
気持ちいい!


でも強風吹いてて寒い!!



直ぐさま下山。

登るのは大変だったけど、下るの早いぞ。



これで帰ったら、楽しいクラフトの時間と思いきや、
「まだアウトドアの部終わってないよ。」
と厳しいコーチの声。
この後ご飯食べてから、鮭を見に川に行かなければいけないそうだ。




ブンた家ではいつもこれぐらい、外遊びしてるんだそう。

すごいな、この家族。
女、子供だけで(旦那さんは長期出張中)、アウトドアのレベル高い。
コーチ、参りました。



クラフトの部は夜にやっと始まった。
次回「合宿 クラフトの部に続く。

ブルーベリー摘み



先月の事だけど、近所の山にブルーベリー摘みに行った。
天気がよくて、山に登るの気持ちいいー。


ブルーベリーは中を探せば、こんなに大きな実が。



でも、今年は少なかった。
ブルーベリーワインは無理。
冷凍して、ブルーベリーアイスクリームにしようか。(しかしもう、アラスカは寒くてアイスを食べる季節ではない。)




熊のウンチ発見!
それを一眼レフで撮る人↓



ブルーベリーの収穫は少なかったが、楽しいハイキングだった。

ギターのカード



ムサシのギターの先生に作った誕生日カード。
マーサのグリッター付きの紙を使ったり、ギターのスタンプにエンボスかけたり。
自分でもとても気に入った。あげてなくなってしまうとなんだか寂しくなり、もう一枚同じのを作った。



ちなみにプレゼントの方は、ギター型バッグ。




このバッグと同じのを、ムサシも使っている。
6月のムサシの誕生日に、実家の母おしんさんが日本から送ってくれた。
ムサシはすごく喜んでギター教室に持って行き、先生がかっこいいと何度も褒めてくれた。
それでムサシが、先生にも同じのをあげたいとおねだりして、おしんさんがもう一個送ってくれた物だ。
プロのミュージシャンの先生も喜んで使ってくれている、このかっこいいバッグ。


おしんさん、どうもありがとう。



ステイトフェア



レイバーデイに義両親と一緒にアラスカステイトフェアに行った。



町の文化祭のような、アラスカステイトフェア。
展示してあるクラフトとかデザートとか摘んだベリーとかは、「こんなの私でも作れる」レベルから、うわーと唸る作品まで。
歳を取るにつれて、それらを見るのが楽しくて、毎年最低2日はステイトフェアに行っていた。


今年は時間が取れなくて1日だけ。しかもフェア内でやっているコンサートにも行くから、急いで周らなければいけない。



先ずは農作物部門から。

こんな、どでかいかぼちゃ見たり並んでいる鶏見てうちの鶏の方が綺麗と言ったり、紫頭のあひるを見たりした。



そして、クラフト見てお店を周って、ランチを食べる。
子供達が食べたのは、ドーナツバーガー。ドーナツに、ハンバーグが挟まっている。


美味しいのか?
いったい何千キロカロリーあるんだ?恐ろしい...。




3時からのコンサートには、1時間前から並ぶ。
コンサート会場前に行ってみると、すでに長蛇の列。


この日のコンサートは、「ホットシェルレイ」

去年「Tonight Tonight」という曲が流行ったので、この曲を知ってる人も多いだろう。現に義両親も、「この曲だけ聞いた事がある」らしい。


私が嫌いなティーネイジャー語「whatever 」を歌に多用する、10代の子に大人気なアーティスト、ホットシェルレイ。


そのティーネイジャーだらけのコンサートに、おじいちゃんおばあちゃん、そしてうちに来た初対面の叔母さんも連れて行った。



周りから浮いてる?
どーでもいいか。
正にwhatever





コンサートは大盛り上がり。
周りのティーネイジャー踊りまくりの大合唱。ジェネレーションカルチャーショック。
面白かった。





その後、MTBのスタント見たりアクロバット見たり。
寝ている子供の上をMTBで飛ぶお兄さん。





アクロバット集団「Cirque De La Vie」。
ピエロ軍団。




この集団はすごかった。技もすごいが、観客をショーに出し、その扱い方が上手。
大爆笑だった。

最近見たショーの中で、一番面白かったかも。





ショーに集中したいのに、観客席に入り込んだ↑の人が、私の隣で面白い行動をとるので困った。

いったいこの集団は何?
どこの人??


今年も朝から晩まで、どっぷり楽しんだステイトフェアだった。

ポーズをとる熊



連休で親戚が滞在中。
一緒にアラスカ ワイルドライフ コンサベーションセンターに行ったら、妙にカメラ慣れしている熊に出会った。


この熊、観光客の前に出てきて大きな岩に移動。
岩の上に立ちあがり、みんなの注目を集めるとポーズをとりだした。



完璧なモデルっぷり。
写真をうまく撮られるように、躾られてるに違いない。


舌を出したり上目使いの可愛い顔したり、違う方向に視線を向けたり。
しかも3秒ぐらいの間隔で、動きを止める。
グッドジョブのブラウンベアくん。




そしてこちらはリンクス。
滅多に人間世界に姿を見せない、オオヤマネコ。




この2匹が凝視している、視線の先は係員が連れている犬。
後ろの方に隠れていたのに、犬を見つけた途端、前に出てくるリンクス。すかさず、観光客のカメラの的.




猫のようだが、猫よりもずっと身体が大きい。特徴は、立ってる耳。





実はこのリンクスを、うちの裏庭で見た事がある。うちに来たリンクスは、もっとヒョウ柄だった。


そーっとチキン小屋を覗き込む姿が、あまりにも美しくてびっくりした。
後にこのリンクス、知らない間にうちに何度も訪問したらしく、鶏が日に日に減っていった。美しいけどにっくき敵。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる