チュービング


今日のブログの写真は、全てブンたさん撮影、編集。




日本は春だ桜だと言ってるようだが、アラスカはまだまだ寒い季節。
今朝の温度はマイナス18℃。今週末は少し気温が上がって、雪が降ると言っている。






先週は、友達にチュービングに連れて行ってもらった。



チュービング初体験の私は、色んな事にいちいち驚く。


まずはこのビニールのチューブに乗ってリフトで坂の上まで登る。



「どうやって乗るの?」
と基本的な事を聞いていたら、友人にチューブの中に押し込まれてしまった。そんな図。



ここから係りの人がリフトに引っ掛けてくれて、上に登って行く。


気温は低いが快晴で、前日に降った雪がキラキラ光って綺麗だった。




上まで登ると、滑れるコースが何個かあった。
みんなで繋がって上から滑る。





スピードがかなりあって、スリル満点!楽しい!!


いい大人が大はしゃぎで滑っていく。




見よ!ここまで足を上げて滑る人。
誰とは言わないが、アラフォーでこの90度の足上げはすごい!


友人とこんなに楽しくはしゃいで、幸せな一日だった。

昨夜のオーロラ



昨夜11時頃、先に寝ようとベッドルームに行ったリーガンが叫んだ。

「オーロラ出てる!」





まだ起きていた子供達と一緒に急いで行ってみる。
ホントだーー。北の空に綺麗なオーロラ!



その時のオーロラは窓いっぱい長い長い帯のオーロラで、次第に明るく下の方がピンク色になっていた。




大変。
友人にも知らせなきゃ。

取り敢えずクラフトの会の掲示板に書き込み、後は窓の外をじっくり眺めていた。




オーロラはどんどんすごくなり二重になったりユラユラうごめいていて、それを見逃すのが勿体無くて写真も撮らずにずっと見てた。






そして1時頃にまた、オーロラ出現!
今度は近い。
真上にオーロラ。空全体がオーロラになっていた。




これは写真を撮らねばと、三脚とカメラの用意した。

上手くフォーカス出来てないけど、フラットトップとオーロラ。


オーロラは強く出たり消えたり。
そのため、私も外に出て写真を撮っては家の中で待機したり。

待ってる間は、まだ起きてオーロラ見ている友人達とチャット。

夜中の3時まで、忙しい夜だった。

自由研究の実験



子供達は春休み中。
アラシがクラスの友達と一緒にサイエンスフェアの実験を行うと言う。

実験ネタはアメリカではよくある、「炭酸飲料にメントスを入れる」
楽しそうな実験。




実はこれ、2日前に一度失敗していた。
原因は、メントスでもメントスガムを入れてしまったから。



今回は失敗を踏まえて準備万端。
メントスを勢いよく入れるチューブも作った。





ダイエットコークにメントスを投入。

入れてる途中から、コーラ噴射。








おおーーー。
面白い!







次はスプライト。






ドクターペッパーも勢いがいい。



何故、種類によって飛び出す勢いが違うのか、何が原因かをみんなで相談。
実験は、無事終了した。



残ったメントス入り飲料は量った後、みんなで試飲していた。
まぁまぁ美味しいのと劇的に不味くなった物があったらしい。何故そう変化したか、こちらも研究したいと言っていた。

つらら




フロントポーチに、なかなか立派な氷柱ができた。
キラキラと光を浴びてとても綺麗。




暖かい日がありポタポタと溶け出して、ある日ドスンと家を揺らして落ちてしまった。

アラスカにも春がもうすぐ来るのかな。

トナカイと走る競争



先週末はファーランディのイベントで、トナカイと走る競争があった。

トナカイに追いかけられてほんの数100m走るだけのイベント。参加費ももちろん発生する。





しかし何故だか、このイベントが大人気。人と違った格好で走ろうとする人達、続出。


年々人々の興奮度が増してきて、毎年すごくなっている。
今年行った時に、これはアンカレッジで一番のクレイジーな祭りだと確信した。




今年は参加者は、二千人以上だそう。
そんな人数の人が様々なコスチュームを身につけているもんだから、そばにいるだけで異様な高揚と興奮を感じる。
とにかくすごい不思議な雰囲気だ。






スーパーガールの人達。
写ってないけど下はスカート。




とても目立っていた2人組。
アラスカの気候では、薄着のコスチュームの方が目を引くようだ。

背中にはマジックで大きく独身と書かれ、その下には電話番号。笑える。




マリオカートご一行様。
人数揃うと可愛い。
特にワリオの人選ピッタリ。





KISSも出現。
盛り上がる会場。




これだけの人々が仮装をした風景、迫力あり。


スペインの牛追い祭りの仮装?
確かにここは、アラスカ版牛追い祭り。





数百人づつグループになり走る。
一番後ろに連れてこられたトナカイちゃん。





ヨーイドンでこの人数が一斉に走る。5秒後にトナカイが放たれ、どどどと人々の間を駆け抜ける。

すごいな、大丈夫か?
これは安全か??

でもみんな、笑ってるよ。





1グループが走り、また次のグループが準備してトナカイが戻ってくる間は、アラスカの歌手ホーボージムがステージでギターをかき鳴らす。



この半裸の男達の向こうに見えるのが、ホーボージム。

走るのは一瞬だが、待ち時間がとても長い。選手たちが集合して走り終えるまで、3時間。



その間ずっとマイナス温度の外で、素手でギターを弾いていたジムさん、お疲れ様。
そして何度も戻って走らされていたトカナイちゃん、本当にお疲れ様。


来年こそは家族で仮装して、一緒に走りたいものだ。

英国風ティーパーティー



※今回の素敵な写真は、すべてブンたさん撮影の写真です。


先々週、クラフトの会のメンバーであるゆきてぃちゃんからティーパーティーの招待を受けた。

イギリスに住んだ事があるゆきてぃちゃん。英国風のアフタヌーンティーにしたいんだそうだ。




最初はいつものクラフトの会の集まりと、軽く考えていた。来る人も、いつものメンバーだし。気軽なもの。

しかしその後ゆきてぃちゃんと話したブンたさんに言われてびっくり。



「パーティーに飾るデコレーションとか作ってるよ。持ってくる料理は、おにぎりとかはダメだよ。」




ゆきてぃちゃんは、ティーパーティーに相当気合を入れていて、この日のために本まで買って研究しているそうだ。

その写真を見たらすごくお洒落で、これはダメだ。おにぎりとかキムチとか似合わん!と、ブンたさんは思ったそう。



いったい英国風ティーパーティーって何?
調べてみて驚愕!


紅茶と共に軽食や菓子を摂る習慣であるが、単に飲食を楽しむだけのものではなく社交の場として使われ、礼儀作法、室内装飾、家具調度、使用されている食器や飾られている花、会話内容など広範な分野のセンスや知識・教養が要求される。






なななんと、おハイソな!
そんな上品なパーティー、クラフトの会メンバーで出来るのか?うっかり下ネタとか言っちゃダメなんだぞ。大丈夫か?


とにかく、どんなドレスを着て行ったらいいのかとか(もちろん冗談)話し合いながら、当日を迎えた。


ところで持っていく料理だが、ちょうどゆきてぃちゃんの誕生日が近いという事で、私は市販のケーキを持参。
ふっ。セーフっ。


会場であるゆきてぃちゃんの家は、すごい事になっていた。







とっても素敵!
ここは本当にアラスカか?


ゆきてぃちゃんは、3日ぐらい前から料理を仕込んでいたらしい。2歳児と赤ちゃんを抱えてこの準備。すごすぎる。

そこにみんなの持ち寄り料理とクラフトが付き、超豪華になっていた。




これはティーバッグ風ショートブレッドだそうだ。紅茶に浸して食べてもいいとか。

しかしこれ見て、
「さすがクラフトの会!タグだ!!」
と思った私。
前日深夜まで、ゆきてぃちゃんのお誕生日タグを作っていたからね。



紅茶が主役のパーティー。頂いたのは、オンライン注文の美味しい紅茶。



ところで気を付けてお上品だったのは最初だけで、やっぱりいつもの大笑いの会だった。



ゆきてぃちゃんのお誕生日のお祝いも。
隅でこっち向いてるベイビーが可愛い。

ぼっとん便所競争



プーさんが落ち込んでいたレースは、「Outhouse Races」だった。



アウトハウスレース。
一緒に行った友人のチョコレー子さん(仮名)は、これを「ぼっとん便所競争」と訳した。


トイレ競争と呼んでいたが、ぼっとん便所。これピッタリ!
ぼっとん便所という日本語、久しぶりに聞いたわ。この単語、忘れていた。




形だけでなく、チーム名もすごく工夫されてるこの競争。うん◯ネタも満載。


上の写真のイグルー型アウトハウスは、「Butt Freeze」凍えるお尻。





プーさんチームは、「Poo Pushers」
Pooとは、ウンチの事。

このプーさん、ハニーポットならぬハニーバケツに座っている。
ハニーバケツとは、バケツの上に便座シートをつけたトイレ。下水の通ってないエスキモーの村で、未だに使われているらしい。





毎年参加するレストラン、ハンピーズ。
今年はハエの仮装で来たか。





こんな変わった形のアウトハウスもあった。
船型?ブイ型?


追記
友人から教えてもらったが、「これは昨年末に嵐で漂流して、アラスカのどっかの無人島に座礁したシェル石油の掘削リグ」だそう。




トイレの中で、新聞読む人。





後ろ姿には…。
トイレットペーパー挟んでるよ!!




こんな変わったトイレも。
手に持つスッポン。




走る人も、個性的。




チーム「ハイエナジードリンク カナビス」

カナビスっていったい何?と思ったら、チョコレー子さん(仮名)が教えてくれた。マリファナの事だそう。(何故知ってる?)

もちろんこんな商品は実際にはなく(ないよね?)、アメリカンジョーク。


このチーム、最後はバテバテだった。
このエナジードリンクは、切れるのも早いのか?




以前よりダントツ観客が多くてびっくり。
大人気。雪の中の熱い競技だった。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる