ホーマー旅行その3 ハードな合宿最終日



朝6時半に隣で寝ていた松岡修子さんに起こされる。


カラオケナイト後の睡眠時間3時間。さっき寝たばかり。
修子さんは既にスポーツウェアに着替え、林檎をかじっている。




「おはよう。ジョギング行くよ。」


朝から驚く程元気な人だ。寝てないのに。







なんという体育会系。
高校時代の部活を思い出す。
それか、就職した年の夏。


私は文系の短大を卒業した後、スポーツクラブに就職した。(理由は楽しそうだったから。)
その当時、エアロビクスインストラクターを目指していた私は、誰もいない早朝のスタジオで同僚にトレーニングしてもらっていた。

社会人になったのに、こんな青春みたいな事をしてるとは…とその時笑っていたのだが、まさか40過ぎても同じような事をしてるとは。




修子ブートキャンプ、まずは山のジョギングから始まった。
B&Bは山の途中にあり、そこから上に走って登る。


寝てない朝のマウンテンジョグはキツイぜ。
一緒に来てる2人は超体育会系。
もうずっと先に走って行ってしまった。体力の差が半端ない。



ジョギングが終わると、近くの空き地でインサニティが始まった。
インサニティとは3分間ハードな動きを行い30秒休憩を繰り返す、有酸素運動にプライオメトリクスを組み合わせた最も過酷なトレーニング。

修子さんが職務質問されながら考えていたトレーニングとは、これだったのだ。



音楽をガンガンかけながらのインサニティ。本当にキツイ。もう許して。

なんと、ジョギングとインサニティで3時間も時間を費やしてる。
本当に半端ない。





やっとトレーニングが終わり、着替えて観光に行く事に。
B&Bのオーナー、ナンシーさんにお礼を言いに行く。




ナンシーさん、なんと修子さんの事を「リトルガール」と呼んでいた。





リトルガール!

思わず吹き出す。
そりゃあ修子さん、見た目も行動もすごく若いが、実は40代それも後半の方。(これを言うと怒られるが。)

ナンシーさん、いったい修子さんを何歳のお子ちゃまだと思ったのか。




ホーマー観光、まずはお勧めのワイナリー、Bear Creek Wineryに行った。



ワイナリーの庭でマイナスイオンを浴びる人達。
ここのところ毎年ここに来てるが、毎年庭が変わっている。どんどん綺麗になっている。素晴らしい。



11時からワインの作り方など見せるツアーがあるというので(無料)それに参加してみた。



案内された工場の方に行ってみると、お客は私達3人だけ。

お姉さんがワインを作る行程を説明してくれる。



この冷凍庫に、ワインの原料アラスカのブルーベリーやラズベリー、ルバーブが入ってるらしい。




ルバーブいっぱい!
さっき修子さんとハルくんがマイナスイオンを浴びていた、ルバーブの畑から来たやつだ。





お姉さん、丁寧に説明してくれた。
ベアクリークワイナリー、どんどん成長していってるが、アラスカ以外で売ってはいないらしい。
アラスカならではのワイン。甘くてとても美味しい。




ワイナリーの方へ帰ってテースティング。

5ドルで7、8種類のワインが試し飲み出来る。
どれも美味しい!

テースティングしたい人は、必ずID(免許証かパスポート)を持って行って。じゃないと飲めません。



ワイナリーの後は、Two Sisters Bakery
でランチ。

安定の美味しさ。
ターキーとオーブンで焼いたトマトとペストのサンドイッチとスープのセット。美味し過ぎて唸る。



ホーマースピットの方へ。
今日は晴れてて、素晴らしい景色。
やっぱり空が青いと気持ちいい。

この港から、たくさん魚釣りのツアーも出ている。



釣ってきたハリバットを捌く人。
写真を撮った時には気付かなかったけど、後ろにさり気なく写ってる人がいる!





海沿いのお店でお土産買うのも楽しい。
ここでハルくん、最大の失言をする事になる。


「修子さんの子供の頃って、1円以下のお金、50銭とかあったんですか?」





「…… 。」



おい、平成生まれ。
どんだけおばあちゃんだと思ってんねん。


さっきまでナンシーさんにお子ちゃま扱いされていい気分だったのに、ぶち壊し。





もうここから歩いて帰りなさい!




ハルくん、焦る焦る。


大人2人でからかう。
大爆笑。





色んな意味で忘れられないスペシャルな旅だった。

ホーマー旅行その2 初日から飛ばす人



ホーマー合宿初日。

待ち合わせ場所に車で行くと、既にMさん…松岡修子さんはそこにいた。肩にかけた大きなカバンからは、長い棒のような物が突き出してる。

いったいあれは何だ?



修子さんは1時間も早く着き、そこでこの旅行中にするトレーニングのメニューを考えていたそうだ。メモ帳には、プッシュアップやら腿上げやら、恐ろしい文字が並んでいる。





「そのカバンの中に入っている物は何よ?」



「これは私の身体の一部。」

そう言う修子さん。




カラオケのマイクだった。



こんな変な物を抱えて1時間もその場でウロウロしてたので、なんと修子さんは職質されていた。ホント、うけるわ。





ハルくんとはじめましての挨拶の後、三男を自宅で産んだ話を急にしだす修子さん。(修子さんはイケメン4人ボーイズのママ)
病院に間に合わず、救急隊が来る前に一人で産んだんだって。



いきなり激しい修子さんに圧倒されるハルくん。
まぁ、そうだろう。

この人は、色々伝説を残す。



そんな話をしながらも、車は美しい景色の中へ。
少々曇っていたが、山の緑が美しい。



アラスカの絶景でヨガポーズ。
周りの観光客に笑われたが気にしない。


そして私が一番好きな景色、クーパーランディング辺りのキーナイリバー。



このターコイズブルーの川の色が、本当に綺麗。
何故ここだけこんな色?

氷河の水が溶けて流れているからと聞いた事もある。バスクリンを入れた色と言えば情趣もないが、本当に綺麗に色がついてる。




ランチをしたかったがお店が開いておらず、ソルドトナまで行って美味しいベーカリーでドーナツとパンを食べた。
The moose is loose




そしてそこから車で2時間。
ついにきましたホーマー。アラスカのシャングリラ。若しくはアラスカのキーウェストへ到着。




はしゃぐ気持ちを抑え、先ずは今日の宿 B&BHoedel'sへ。

1年ぶりに会うオーナーのナンシーさん。やっぱり親切だった。

お家の中のデコレーションが可愛く、みんな気分が上がる。




よかった。ここがいいと思うのは、やっぱり私だけじゃなかった。

記念撮影の後は、おもむろにカラオケの準備をしだす2人。



マイクを設置し、ディスコライトまで。

こんなアンティークで素敵なお家にキラキラのステージ作るとは。

恐ろしい。
今夜が恐ろしい。


設置が終わるとご飯を食べにホーマースピットへ。



たくさん可愛いお店が並んでるので楽しい。

夕食は美味しいシーフードレストランで、ハリバットと海老を食べた。


Captain Patties Fish House



B&Bに帰ると、松岡修子さんが衣装に着替えてズンバの曲を流す。

部屋の中はディスコライトがくるくる回り、私とハルくんも修子さんに合わせて踊り出す。

裸足でズンバ。めっちゃ足痛い。



ホーマーまで来てアンティークの素敵なB&Bで、この家に不似合いなディスコライトを派手に回して踊りまくる。
何だこれ?





同じ曲を3回も続けて踊った後(その曲しか振り付け覚えてないらしい。)カラオケナイトに突入。


最初はタイタニウムとかの英語の歌から始まったのに、いつの間にか昭和の歌。
聖子ちゃんや明菜が流れる。


ハルくんはオレンジレンジやブルーハーツ。

懐かしい。
本当に22歳か?





ハルくんは、この40代女2人のハジけっぷりに目を丸くしていた。
お母さんと4つしか歳が違わないのに…。


歳の事言うと怒るよ!




何年も聞いてなかったのにピンクレディがかかったら、歌える。踊れる。振りを覚えてる。
すごいわ。自分の身体がUFOを覚えてるわ。

昭和の懐かしい曲オンパレード。
カラオケマシーンいいな。買おうかな。




夜中の3時まで、カラオケで盛り上がるホーマーの夜。
テンションマックス。超楽しい!

一番嬉しいのは、気の合う仲間と旅行出来た事。
忘れられない夜になった。

ホーマー旅行その1 体育会系2人と行く合宿


今年も、キーナイ・ホーマーに旅行に行ってきた。


一緒に行ったメンバーはこの2人。
ホームステイ中のハルくんと、アンカレッジに住んでる友人M。

Mさん、私が今まで会った中で最強の女性。
永遠のコーチ。永遠のキャプテン?



超体育会系。
いつも爽やか。いつも元気。いつも100パーセント。女松岡修造。
そうだ、そんな感じだ。




その松岡修子さんとは今年の4月に知り合った。


ジムに毎日通ってると言い、バスケやジムでの運動の話ばかりしていた。


ジムなら私だって通ってるし…(全然痩せないけど。)
と最初思っていたが、よく聞いてみると修子さん、この6ヶ月で18kgも痩せたと言っている。
一緒に通った友達も10kg減。



す、すごい。
そんな人達とトレーニングしたら、今度こそ痩せられるかも。


一緒にジムに通わせてもらう事にした。



軽い気持ちで始めたが、松岡修子さんとのトレーニングは、それはそれはキツイ物だった。



先ず朝9時に集合し、朝のクラスを3つ受ける。

クラス3つって!


今まで自分でジムに通ってる時は、楽しいズンバだけ受けて、そのまま帰っていた。

それが3つ。




先ずヨガ受けて、その後にスピニングのクラスで自転車こいで、そして魔王と呼ばれるインストラクターの恐怖のクラスで走り回る。

そして休む事なく間に腹筋や腕立て伏せをさせられ、最後にはラケットボール。




そりゃあ痩せるわ。
間違いないわ。
私は1日目でガリガリに痩せた気がしたよ。



修子さんはこの上、夜にもクラスを受け、プールにも行ってるという。
これを休みなく、毎日。





超人か?

いったい何を目指してる?


私達、普通の主婦だよね。しかも修子さん、私の1つ上。私達、40代。



そんな松岡修子さん、7月にお引越しでアラスカを離れてしまう。
でもまだ、アラスカ内をあまり旅行した事がないらしい。



それは勿体無い!!
私が案内するのでホーマーに旅行に行こう。ちょうどハルくんも来るし、お勧めのコースを周るから。


と言うと、
じゃあ夜はカラオケで、朝早くから起きてトレーニングね。
と、悪い顔して笑っていた。



あ。これは旅行と言うより、合宿になるかも…。



ハルくんも、超体育会系。しかも体育大出たばかりの22歳。
サッカー選手で、推薦で入った高校は日本で一番になったらしい。寮生活をし、サッカーばっかりやってたと言う。



こんな超体育会系2人と行くホーマー旅行、いやホーマー合宿。
恐ろしい。どんな事になるのか。

次回に乞うご期待。

ホームステイ続報



ハルくんが来てから3週間。
毎日外で遊んでいる。若干、遊び疲れている。



一緒にサイクリングしたり。





カヌーにも乗ったり。








バルコニーから隣の家の木に登る小熊を観察したり。





「うちの子大丈夫かしら。」
心配そうに見守るママ熊。




夜遅くまでボードゲームしたり。



お寿司で誕生日を祝ったり。



毎日本当に忙しい!





ハルくん曰く、東京にいる時と悩み事のネタが違う。





…確かに。



こちらの今の心配事と言えば、

熊に気を付けて。
鳥の餌を食べるリスを追い払え。
アラスカで発生している山火事が早く鎮火しますように。
今年はどれだけ鮭が入ってくるかな。


などなど。
東京の暮らしとは、ちょっと違うかな。



先週はキーナイやホーマーに旅行に行ってきた。次回はその話など。

ルネッサンスフェア速報

昨日から開催されてるルネッサンスフェア3バロンズ。盛り上がってます!

















お近くの方はぜひどうぞ。


3BARONS

6月6日(土)7日(日) 13日(土)14日(日) の12pmから8pm
3400 E.Tudor Rd.
大人$8 子供$5 (5歳〜12歳)

http://www.3barons.org

ルネッサンスフェアのお知らせ。


アンカレッジ周辺にお住いの方にお知らせです。

今週末と来週末に、UAAの近くでルネッサンスフェアが開催されます。中世の格好した人達が、昔風の遊びをするお祭りです。



お姫様も海賊も騎士も、色んな変わった人達がたくさんいます。
マジックショーやトマトショー(トマトをぶつけるショー)や人間チェスやダンスなど、内容盛りだくさん。
子供連れの方、特に楽しめます。
もちろん大人にも面白い!
去年はこんな感じでした。

2014年のルネッサンスフェア

ご家族みなさんでどうぞ。



ルネッサンスフェア 3バロンズ
3BARONS

6月6日(土)7日(日) 13日(土)14日(日) の12pmから8pm
3400 E.Tudor Rd.
大人$8 子供$5 (5歳〜12歳)

http://www.3barons.org



ちなみに今年は会場で、うちのボーイスカウト達がコロッケ売ってます。
ドラゴンエッグという名前です。
よかったらどうぞ。

ホームステイ初日


待ちに待ったアラスカの夏が始まった。今年も素敵な出会いがたくさんありそうな予感。



先ずはこの人。
3週間うちにホームステイをするハルくんアラスカに上陸。


夜中に到着した彼は、最初っからハイテンション。
ずっと憧れを持っていたアラスカに、ついに夢が叶ってたどり着く事が出来て嬉しくてしょうがない様子。


じゃあ取り敢えず、近所を散策してみようという事で、車で10分もあれば着くベルーガポイント辺りに行ってみた。



どこを見ても大感激なハルくん。
頑張ってバイトして、アラスカに来られてよかったね。




22歳のハルくんは、アンカレッジからフェアバンクスまで、なんと自転車で旅をする予定とか。


この3週間で、その準備をしていかないといけない。
夢と希望にあふれたハルくんの応援をしたいから、私達家族も出来るだけサポートします。


夜から、近所の山フラットトップにハイキングへ。

アラスカの夏は夜も明るいので、活動時間が長くてとても良い。


ハイキングをスタートしたのは夜の9時からだった。
まだまだ山には、たくさんの登山客が。



フラットトップに登ったのは久しぶりだったので、いきなりの傾斜にびっくり。
やられた〜。

日本の山より、随分坂が急。


言い合わせてないのに、似たような色合いの服を着てきたムサシとアラシとハルくん。
チーム レッドアンドブラック。兄弟みたい。



3人はどんどん前に行く。
もう私を置いて先に行って!
私はゆっくり歩いて行くから。



最後の頂上までの道は、ロッククライミングぐらいの岩山。



私はその手前で待っていて、3人だけで頂上へ。

なかなか帰ってこないなーと思っていたら、結構大変だったらしい。


わっしょいとかの掛け声かけながらも、ビビってなかなか前に進めないハルくんを、周りの大勢の登山客が登り方を教えたり手伝ったりしたそうだ。面白かったとムサシが言っていた。





苦労して登った頂上は最高!

それからフラットトップトップを見る度に、
「あー、あそこまで登ったんだ。」
と感慨深く呟くハルくん。



夜11時ごろのフラットトップ。
夕日が綺麗。

今日も幸せなアラスカの夏。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる