キングサーモンフィッシング 1日目


詳細は言えないが、かっこいい大人のYさんまたキングサーモンフィッシングに連れて行ってもらった。


前回の釣りから2週間。
この時期釣れれば大きいサイズが期待できると聞き、どうしても行きたくてまたお願いしたのだ。





「30パウンドを越えてくると、とんでもないファイトになるので…。」
という言葉。



とんでもないファイト!
何それ!?

とんでもないファイト見たい!出来る事ならとんでもないファイト、経験してみたい!


おお~。
考えただけでワクワクしてきた。


3人しかボートに乗れないという事で、今回参加させてもらったのは私とムサシと、ムサシの親友のコーナー(どちらも16歳)。
みんな釣りの初心者。




4時間近く運転し、前日の夜10時半に到着。
2週間ぶりに会ったYさんとYさんの次男くん(11歳)の肌は、いい色に焼けていた。毎日朝から釣りしていたと言う。

「明日は、朝4時に船を出します。」




4時!
早っ。


分かりました。
これは遊びじゃない。本気だ。
いや、遊びだけど本気の遊びだ。
興奮してほとんど眠れないまま、4時になった。



翌朝、夜明け前のキーナイリバー

おお~美しい。
水面に靄が浮かんでて、なんとも幻想的。

こんな美しい景色を見られただけでも良かった。この時点で満足。





朝6時にはガイドの船が出てきて混むから、それまでに川に出て釣りを始めたいという事らしい。

それでも4時にはキーナイ川に何艘も船が走り、キングを狙っていた。
この前の川の様子とは違う。






釣りの仕方はバックトローリング。
釣り糸にルアーを付け、船を走らせて魚がかかるのを待つ方法。

これは、ただ船を流していればいいだけではなく、魚の動きを読んで魚が来そうなポイントを狙わなくてはいけない。
船を操縦する人のスキルが大きく関わってくる。



Yさんはすごかった。
ここというポイントに入り込み、周りの船を見ながら華麗に操縦する。

船を動かしながら色んな所に気を配り、一度にたくさんの事を器用にこなす人。さすがトローリング界のカリスマ。



Yさん、会社をたくさん持つ社長さんだからすごく忙しい人なんだけど、時間の使い方が上手。

大事な事だけに時間を費やす。迷っていたり心配する時間がもったいない。


その大事な事というのがこのアラスカでの釣り2ヶ月間だったり、子供と過ごす時間だったり、芝を最初から作る事だったり。
そういう事の方が、仕事の付き合いのパーティーやゴルフよりも遥かに大切な事。




話していると、本当に驚く。
いい事をポンポン言う。行動がかっこいい。全てのスケールがデカい。


びっくりした。
情熱大陸見てるのかと錯覚した!



確実に私のこれからの人生に、よい影響を与えてくれる人。

こんなすごい人に出会えて良かった。
16年間ブログ作っててよかった。



ピカピカ輝くルアー達。
美しい。



次男くんが船の中で組んだルアー。
可愛い。このまま窓辺に飾りたい。

この次男くんもすごい。
初めて一緒に船に乗ったが、釣りを熟知している。船の上で、素晴らしいサポートと働きを見せてくれた。


11歳だけど釣りの経験10年。
なんという釣り英才教育。こんな小学生、見た事ない。


もうこれからは子供扱いは出来ない。
師匠か先輩と呼ばせてもらいます。



その日、何回かかかったものの、逃げられたりしてキングは釣れなかった。



一度ヒットすると、みんなが忙しい。
引っかからないように、出ている竿の糸を全部巻かないといけない。

固定されてるロッド(竿)を外し、リールを早く巻いて上げないといけないが、その動作が難しい。早く巻けない。
焦る焦る。



竿が上がると今度はネットを立てて、周りの船にファイト中だという事を知らせる。
そうすると、周りの船が避けてくれる。


魚が動き回って船の下とかに潜ると糸が切れる事もあるので、船を上手く操縦する。




Yさんが、チームワークがないと取れないと言っていたのだけど、確かに。
次に自分は何をしたらいいのか、ちゃんと把握してないと。




そして遂に、私担当の竿にバイト!
何が何だか分からず、夢中でリールを巻く。


大きなキングだった。
すごい力で引っ張ってくる。


強い。
腕が張る。
巻けない。
めちゃめちゃ強い。



Yさんと次男くんに教えてもらってあげようと努力するが、かなり難しい。重い。上がらない。




身体は興奮状態。
うわわわ。
何だこれ。アドレナリンが出る!
楽しい!超興奮!!!





キングは、もう少しでというところでバレてしまった。


バレてからも、興奮冷めやらず。
もう、うわーと叫びたい!
いや、実際叫んでいたかもしれない。覚えてないが。



こんな大きな鮭が、この川にいるとは。
世界中の釣り人が、このキーナイリバーに集まる理由が分かった!


これか。とんでもないファイトというのは。
逃げられても、幸せ。
ナチュラルハイ。ずっと興奮状態だった。






「あーあ、何でママ逃すの?大きかったのに!!」
そんな興奮状態を冷ますかのように、ムサシが私を責める。




え?
私が悪いの?



それでもいいや。
あんな引きを経験出来て、幸せ。
明日は必ず釣る!



その日は戻ってバーベキュー食べて、ぐっすり就寝。
キングサーモンフィッシング、翌日も続きます。

ルネッサンスフェアでコロッケ売り 当日編


当日。


お店の裏では大忙し。みんなでコロッケを作って、ガスのフライヤーを使って揚げていた。







デザートの方はボーイスカウトらしく、ダッチオーブンを使ってのピーチコブラー作り。






上のクリームをかけるのも、プラスティックの缶が見えないように工夫。
入れる器も環境に優しい素材で、フォークも木のフォークをわざわざネットで取り寄せた。




準備完了!



ドラゴンエッグいかがですかー?

リーガンの試食販売が始まった。
試食用コロッケのお皿を抱えて、リーガンが行き交う人と交流してる。楽しそう!

リーガン夢が叶ってよかったね。





コロッケ販売が始まってしばらくすると、店頭に立ってたアラシともう一人男の子が衣装を着けたお姉さんに、「ちょっと来て。」と連れて行かれてしまった。




戻ってきたアラシの腕には、こんな物が。





何これ!
大怪我してるじゃん!!






怪我の特殊メイクするお姉さんでした。
メイクと分かってても、怖すぎる。中から何か出てきてるし。



それを見たリーガン。
よし、これから道で芝居して、コロッケ売ってこい。




打ち合わせして2人は走って会場の道へ。

アラシ「うわー大変だ。ドラゴンが出た。命からがら卵を取ってきたぞ。」

少年A「よし、これで美味しいエッグ料理を作るぞ。あそこで売ってるから、みんな来て下さい!」

…などという小芝居をして売り込んでた。





そのお陰か、コロッケ大繁盛。
4日間売って、最後の2時間前に完売。

売り上げは10万円弱となりました。
大変だったけど、楽しかった!
大成功。

ルネッサンスフェアでコロッケ売り 準備編


話は前後するが、6月に行われたルネッサンスフェアの事。





2003年から、ほぼ毎年家族で行ってるルネッサンスフェア。
(2007年その1 その2 2009年 その1 その2 2012年 その1 その2 その3 2014年その1)


今年は遊びに行くだけではなく、なんと会場で食べ物を売るという裏方的な事まで体験する事になった。


と言うのも、リーガン。

「いつかルネッサンスフェアでコロッケを売りたい。それが夢だ。」
いつもそんな事を言っていた。




なぜコロッケ?
分からないけど、コロッケ程美味しくて材料も安く、みんなが好きな食べ物はないという理由らしい。

コロッケの屋台をすれば、絶対売れる。間違いない。



自分はコロッケを作ったこともないくせにそう言うから、「そうだね。」と軽く受け流していたのだが…。






どうやらそれをボーイスカウトのミーティングでも話したらしい。

リーガンは、またいつもの大袈裟な表現で、いかに私の作るコロッケが美味しいか、絶対あれは祭りで売れると力説したそう。



ノリのいい保護者メンバー。じゃあボーイスカウトのファンドレイジングにみんなでコロッケ売ろうと、私が知らないところで話がまとまっていたのだ。


決定してから聞いた私。
えーー?マジでやるんですか?






いや、ちょっと待って。
困る困る。

ボーイスカウトのメンバーって日本人はうちだけだから、コロッケのレシピ知ってるの、私だけだよね?

それって、私の責任重大じゃん。
どっからどうすればいいんだ?





ああ。すごいプレッシャー。
本当に出来るの?








そんな時に、強力な助っ人が現れた。

ホームステイをしていたハルくん。
祭りで食べ物を売る事、経験済み。

「まかせて下さい。」
と、頼もしい言葉。







分かった。任せた。
本当に助かる。




取り敢えず、リーガンが2日間分の1200個のコロッケを用意しろと言うから(そんな簡単に言うな!)、ハルくんと一緒に材料の仕入れに行った。



コロッケ1200個って!
どんだけジャガイモ買えばいいんだ?難し過ぎるわ。




ハルくんのお陰もあり、何とか計算して仕入れ終了。
そして金曜日の夜にボーイスカウトのメンバーが集まり、教会でコロッケ作成。

ハルくんはアラスカに来る資金を稼ぐ為、うどん屋さんで来る日も来る日もバイトしてたそう。

だから何をどうしたら大量の食品を作れるか、どうすれば早く調理出来るか、よく分かってる。

仕事が早い早い。いい人に来てもらったわー。



彼をリーダーにして役割り分担を決め、みんなで協力する。


私とハルくん以外は、みんなコロッケ作るの初めて。
最初はびっくりしていたが、そのうち流れ作業でどんどんコロッケが作成されてきた。



この大量のジャガイモと格闘。

その日は夜の6時から11時まで、みんなヘトヘトになりながら働いた。



平行して、会場のお店作り。

ルネッサンスフェアだから、昔風のなるべく自然な物でお店を作らないといけない。



DIY得意なお父さん達がテントを立て、飾り付けをしていった。

後ろから見たらこんな感じ。

サイドは、うちの山から木を切って、紐でくくりつけた。


コディアックのキャノンボールビーチで拾ってきた丸い石を、ドラゴンの玉子と称してデコレーションする。

うちの鶏の緑の玉子も一緒に飾る。




メニューは、絵が得意なメンバーの中学生のお姉さんが描いてくれた。素敵。


そして出来たお店!
なかなかの仕上がり。




初めて出店するのに、すごく自然な出来でまるで本当に昔あったみたいな作りだと、周りからも褒められた。




みんなの着ている衣装は、洋裁の得意なお母さん作成。

得意な分野でみんなが協力。素晴らしい。

準備完了。

中世ボーイスカウトのコロッケ店。
開店しまーす。

キーナイ川で鮭釣り


先週末、キーナイ川にキングサーモンフィッシングに行ってきた。



あるすごい人とお知り合いになれて、その方のキーナイの別荘に行きボートに乗せてもらったのだ。





名前は言えないが、たくさんの大物を釣り上げ日本記録も持ってられるプロの釣り人Yさん。
そして色んなビジネスをされてる社長さん。
初めてお会いしたが、とてもかっこいい大人だった。


こんな人と出会えるなんて!アラスカに住んでてよかったー。


家の前からすぐボートが出せるという、そしてそれがキーナイリバーという、なんとも贅沢な環境。



まずは私はお留守番で、男達だけで釣りにゴー!

なんてかっこいいボートなんだ!
そしてこの景色!!

この美しい景色にボートが映える。


あー、美し過ぎる。
写真撮りながら思わず何度も
「綺麗!」
と叫んでしまう。
本当に素晴らしい景色だ。






素敵な別荘で勝手に寛いでいると、3時間後にみんな帰ってきた。


うちの家族、みんな満足顔。
キーナイリバーすごく綺麗だった、色んな鳥がいっぱいいたと言っていた。



魚の方は、小さなキングサーモンが一匹。


おお、綺麗。
小さくてもキングサーモン。


夕食はバーベキュー。
美しい緑の中で食べる、牡蠣やキングクラブやスペアリブ。これ以上美味しいものはあるの?

翌朝の釣りは6時出発だった。


きっと子供達は寝てるだろうと思ったが、2人ともパッと起きて用意した。
これは昨日のボートが相当楽しかったに違いない。



ボートに乗り、出航。

最初から、ワクワク感が止まらない。
大好きなキーナイリバー。
でも今まで、こんなキーナイリバーの景色を見た事ない。9年もアラスカに住んでるのに。

大きな川の方に行くまでに、ダックがたくさんいた。

可愛い赤ちゃん連れの家族の横を通って進む。
なんてピースフルな、なんてリラックスな場所なんだ。




水の色がグリーン。
上流のクーパーランディングの方よりは濁っているというものの、やっぱり綺麗。


ああ、気持ちいい。幸せ〜。
もう鮭釣れなくても、全然いい。
すでに大満足。



釣りの方は、トローリングというスタイルだそう。



船の中の物が、全て珍しい。

ルアーも綺麗。
私の好きなクラフトみたい。


あ、あそこに鳥が!
鳥好きのリーガンが指差す方は、いつも変わった鳥。




ボートには6時間乗っていた。

Yさんの話はとても興味深くて面白かった。驚きの連続だった。

やっぱり人の上に立つ人は違う。考えも経験も違う。
若い時から自分で人生切り開いていってる。





Yさんすごい立場の人だけど、とっても気さくでとっても自然で、超爽やか。
そして、すごくいいお父さんだった。




Yさんリラックスして話してても、突然動き出す。


魚がかかったらしい。
舵を取り、船を急に動かす。





…全然気付かなかった。
話しながら、目はいつも竿を見てたんだ。

ムサシが慌てて釣り上げた。

また可愛いサイズのキングサーモンだった。





天気も良くなり青空が広がるキーナイリバーの船上。


あーなんて幸せな時間。
素敵な週末が過ごせた。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる