サンクスギビング



今年のサンクスギビングは、友人家族と一緒に楽しい時間を過ごした。




この友人と知り合ったのはブログからメールをもらったからなんだけど、最初に彼女からメールが来た時は本当にびっくりした。


と言うのも彼女の名前は、私と同じ。
なんとビックリ同姓同名さん。





前はメルモというハンドルネームでブログをしていたので、私の下の名前さえも知らないはずなのに。

それがピッタリ同じ名前。
こんな事って本当にあるの?






「初めまして」というタイトルで自分の名前からメールをもらった時の気持ちというのは…。

「は?」

ワケが分からなかった。



ああ、これは新手の詐欺だ、このメールって開けたらヤバイやつだと、しばらくためらった。



まさかのNamiさん。
貴女もナミさん?私もナミさん。






まぁ、ファミリーネームもよくある名前だから、カブる人がいてもおかしくないけど。
結婚して名前が変わって17年。同じ名前の人に偶然に出会ったのは初めてだった。


ナミさん家族は沖縄からアンカレッジに最近引っ越してきた。
今年は、Wナミ家族でのサンクスギビング。



料理の方は、今年もターキー頑張って焼いた。



レシピは今年もアルトンブラウン風。チーズクロスを巻いてオーブンへ。





しっとり美味しく焼けて、満足満足。


ウェルカムアラスカという事で、サーモンも焼いた。
義弟ドーソンが釣ったシルバーサーモン。マヨネーズと粉チーズとバルサミコ酢と醤油をのせて。





みんな美味しいと言ってくれた。やったー。
ナミさんの旦那さんが作ったチキン&ドレッシングも美味。



ナミさん家族は、旦那さんとお子さん3人と日本から来ているお母さん。



しかし名前がカブると紛らわしい。
誰かにNamiと言われるたびに自分かと思ってビクッとする。



ナミさん最近同じジムに入会したらしく、ジムでも「どっちのNami?」と聞かれるそうだ。
日本人少ないのに。まさかの同じ名前って。





デザートはコスコのパイとケーキ。

手作りしようと思ってたけど、リーガンがコスコのでいい、いやコスコのが食べたいと言うので買ってきた。




ナミさん達もデザートをコスコから持ってきてくれた。うまくカブらず。
パンプキンパイとピカンパイとパンプキンケーキの3種類を美味しくいただいた。





そうそう買い物で思い出したが、サンクスギビング前のスーパーの混雑ぶりはヒドかった。
コスコはいつも通りの混み方でたいした事なかったが、スーパーの方は2日前の午後だったのに、歩けないくらいの混みっぷり。
ブラックフライデーよりも混んでいた。




ブラックフライデーは朝の暗いうちから行ったが、真っ暗な道にムースが飛び出してきて轢きかけた。



危ないわー。アラスカっぽいわー。





ディナーの後は、ボードゲームで和気藹々。






ブロッカーズ。
いまいちルールを分かってないのに、ナミさんのお母さんが何度もナミさん旦那さんを攻撃する。






もしかしたら、分からないフリしてワザとやってるとか!?
ちょっと面白かった。



今年は親戚は集まらなかったけど、みんな同じ苗字だし、親戚みたいなものか。
良いサンクスギビングが過ごせた。

お土産カップケーキの作り方



子供達が好きなカップケーキ。


手作りして、学校のポットラックやお土産に友達の家に持って行く機会も多い。
でもカップケーキは、ケースに入れたりしないと持ち運びが大変。1つづつ可愛くラッピングして、お土産に持っていける方法をリサーチしてみた。






まずは、好きなようにタグを作る。


何年か前にペーパークラフトにハマって、毎日パンチやスタンプや紙を買い続けたお陰か、今は何も買わなくても家にある物で作れる。
久しぶりに作るとやっぱり楽しい。

むしろこのタグを使いたいが為に、カップケーキを焼いてると言うか…。





上に乗せるデコレーションのチョコレートを作る。



湯煎に溶かして型に入れる。
鍋にお湯を沸かし沸騰してから止めて、その中にボールを入れチョコレートを溶かしていく。







持ち運びのケースは、この半分サイズのカップと袋を使う。

カップはウォルマートで、袋はマイケルズで購入。




カップに焼いたケーキを入れる。

カップケーキのレシピはこちらから。


White Cupcakes Recipe & Video



私はこのレシピにココアを入れ、チョコレート味にした。

カップケーキを取り出しやすくするために、下に1インチX10インチの紙を入れる。









カップの中でデコレーションする。
フロスティングはこのレシピで。

バタークリームだけど、そんなに甘くなく軽い感じ。


That’s the Best Frosting I’ve Ever 


このレシピを参考にして、砂糖の量は減らした。


クリームに色を付けてデコレーション。
コーヒーカップに絞り袋を入れてひっくり返しておくと、クリームが入れやすい。







男の子の親だからいつも子供達の集まりに持って行く時は、青とか緑とかの色だったけど、今回はピンク!

ピンクで可愛らしくデコレーションさせてもらいます。可愛くて、もう楽しい!!









上に作ったチョコレートも乗せて、デコレーションが終わったらラッピング。

袋を被せて上に作ったタグを付けリボンを結べば出来上がり。







友達の家で鍋パーティーした時に、20個程作って持っていった。
みんな喜んで持って帰ってもらって、満足。




テキサスに住んでる時は、学校に持っていく料理やお菓子は、必ずお店で買ったパッケージに入っている物と決められていた。
何が入っているか分からないし危険だからという事で、手作りの物はあまり喜ばれなかった。



でもアラスカでは、学校でも友達の家でも手作りの物の方が喜ばれる。
そんな田舎の温かい雰囲気なところも、私がアラスカを好きな理由の一つ。






作るのすごく楽しかった。
自己満足で持っていったんだけど、子供達が喜んで食べた、タグも子供が大事にしまっているとメールをたくさんもらい、大感激!


そんな事言われたら調子に乗って、またすぐ作っていきたくなっちゃうな。



マイナス18℃の世界



先週からアラスカは、寒い日が続いている。
今日の気温ー18℃。


寒いにも程がある。



外にある物全てが凍っている。
例えば車とか。

 

外に駐車している車。

しばらくエンジンかけて解凍しないと動きません。




こんなに寒いと、寒過ぎて雪も降らない。氷霧が出る。
まるで冷凍庫の中のよう。




今週のアンカレッジの天気予報。

月曜日  -13℃     身を切るような寒さ

火曜日  -13℃     まだ極寒

水曜日   -8℃    …雪

木曜日   -1℃     おそらく雪

金曜日   -1℃     積雪

土曜日   -4℃    時々曇り

日曜日   -8℃    …寒い



なんか笑えるような予報。
確かに外は、身を切るような寒さだわ。



そして、温度が上がってくると雪が降るという、アラスカに来るまでは知らなかった現象が現れる。



こんなに寒くて、毎日どうやって生活してるのと聞かれるが、普通に子供達は毎日学校に行ってるし、私は毎日ジムに通ってる。
低温度が続いていると、道の氷も解けないので運転も大丈夫。



そして家の中は暖かいので、快適に過ごせる。
昨年の冬は日本で過ごしたが、日本は家の中が寒いので、そっちの方が大変だった。





ジムの中で盛り上がってるのは、ズンバのクラス。
人気のインストラクターとかいて、この人のクラスは必ず受けないと、というクラスが一週間に何回かある。


駐車場に車が入りきれないくらい、人が集まるクラスもある。



狭いスタジオの中に60人以上の女達がひしめき合って、一心不乱に踊ってる。凍ってる外の世界と、スタジオの中の熱気のギャップに笑ってしまう。

土曜の朝、この寒いアンカレッジで一番ホットな場所を私は知っている。




中は暖かいが、外に出る時はちゃんと防寒していかないと、殺人的な寒さ。
上の写真を撮るために外に出て歩いていたら、寒過ぎて携帯の電源が一気になくなった。

30%あったのに、みるみるうちに0になった。





この寒さの中、うちの家族はボーイスカウトのキャンプに行くそうだ。
マイナス温度になるとフリーズポイントがもらえると喜んでいる。


外のテントで寝る時に0℃から下なら、その数がフリーズポイントとして溜まっていく。

去年は暖冬で、フリーズポイントにならなかったとグチってた。
アラスカのボーイスカウトの少年達と父親達は本当にタフだ!





凍った世界は美しくて、特に夕日や樹氷を目撃すると、ラッキーな気持ちになる。
冬のアラスカでしか見られない景色がある。


事故多発!最も運転が怖い日




週末から雪が降り、月曜日のアンカレッジの道のコンディションは最悪だった。




それでも学校が休校にならなかったので、朝はいつも通りリーガンがムサシを車で高校まで連れて行った。


0限から始まるジャズバンドをやってるので、学校に行く時間は朝6時半。家から高校までは、7分で行ける。

しかし学校までのこの道は、急カーブありの傾斜の激しい坂道で、おそらくアンカレッジで最も危険なストリートの一つだと思える要注意な道。

凍ってる朝は、私は絶対にここを通らない。




普段、リーガンはムサシをおくった後家に戻ってきて、次は7時から始まるアラシを学校に降ろしてから仕事場に行くのが日課だった。








ところが6時15分に家を出たリーガンが、いくら待っても帰ってこない。

30分以上経ってから携帯が鳴った。


道がツルツルで、多数の車がそこら辺で動けず停滞していて、とても坂を登れないので家に帰れない。このままダウンタウンの仕事場に行くという連絡だった。





うちは山の方に住んでいて、この坂道を登ってくるには3つの道筋があるが、そのどれを試しても登れなかったそうだ。

ちなみにこの3つの道のうちの2つは、その後危なすぎて通行止になった。




リーガン鞄も持たず、ランチも持たず、Tシャツでそのまま仕事に行っちゃった。




リーガンさえも運転出来ない日に、私が車に乗れるはずはない。
アラシは学校に連絡して、お休みさせる事にした。




「クリスマスミラクル!?」

アラシはかなりの喜びようだったが。





その後ネットで情報を調べると、アンカレッジ中、大パニック!


(上は、フェイスブックのニュースページから拾ってきた写真。)


道で動かなくなる車、続出。




スクールバスが来ない。
子供が道で待ってるのに、1時間もやってこない。

やっと来たと思ったら学校に辿り着けず、スクールバスがそのまま子供達を家に送り届けた。



スクールバスが来ないので、子供を学校に連れて行ったら滑って事故った。
などなど。




どれも恐ろしい体験と恐ろしい事故の写真の数々。
事故らなくても大渋滞にハマってる車も多数。





読んでるだけで手に汗握る。読むだけで肩に力入って疲れる。
その日のアンカレッジの事故は、85件を超えた。




…怖過ぎる。

今日はどこにも行かない。
ネットで状況を見て震えてるだけ。






アンカレッジには、9月の終わりに初雪が降ったがその後雪はなく、この週末に残る雪が降った。
降り始めの雪が危ない!


月曜日の朝、気温が低くて凍った道の上に雪がまた降り、そして除雪車も来なかったために、こんな悪夢のような状態に陥ってしまっていた。







ニュースサイトにあがったこんな動画を見て、更に恐怖に慄く。

坂道を後ろ向きで滑る車の動画(地元のTV局サイトより)



(動画は、コマーシャルの後に始まります。)






これ、うちからすぐ近所で起こった事だし。





ありえるわ。
これ私にも起こりえるわ。



そのストリートの状況が、

Seven-car pile up

ってニュースサイトに書かれてる。





7台の車がパイル アップって!
いったいどんな状況よ?








アンカレッジでは、年に何回かこんな道の状況になる。
夏の楽しいアラスカだけじゃなくて、こんなに苦労する冬がある。

むしろ、そっちの方が多いか…。





そんな時、ネットで街の状況を確認するが、大抵コメントの間に、決まり文句が入っている。



自分がどこに住んでると思ってるんだ?
アラスカだろ。
アラスカンだろ。







そうだよな。
ちゃんと準備して、何があってもサバイバルしないと。







そして悪天候の時に毎回といっていい程、学校が休みになるかどうかで揉める。


今回、休みにさせなかったアンカレッジ教育委員会のページと地元ニュースサイトのページが案の定、大炎上!
アングリーペアレント達が怒りをぶちまける。



何百もの苦情の後、いつも決まって同じ結論。

「学校が休みになるかどうかの判断は、朝5時半に発表されます。学校が休みじゃなくても親が安全ではないと判断したら、休ませてもいいです。」



毎回答えはおなじなのに、毎回炎上。






そして、道の状況が悪かったのでその火花が市長にまで飛ぶ。





経費削減で道の除雪をしなかったのか。
新しい市長が悪い!



本当にこんな日は、市長も気を付けて除雪をさせないと。
次の選挙にとおらないよ。




問題は次の日も続く。
朝のマイナス温度で道は凍った上にまた雪が降り、危ない日が再来。



あれだけ叩かれたから休みになると思いきや、学校は休みにならず。

でも除雪車は夜通し走り道には滑り止めの砂も撒かれて、万全な体制がとられていた。





実は、私のスノータイヤが今日届く予定になっていた。
1ヶ月前に注文したのに、来るまでにこんなにかかった。



ブリジストンのブリザック。
やっと今日、装着出来る。これで安心だ。

本当に、ドキドキしながら待った1ヶ月だった。






しかし安全なタイヤを手に入れるためには、最後のミッションをクリアしないといけない。
このタイヤでこの坂道を降りて、お店に行かないと。





…行けるのか?
無事コスコまで辿り着けるのか?

脳裏には、滑った時や坂で止まれなかった時の情景が思い出され、不安でいっぱい。





きっと行けるはず!

昨日よりは随分マシな道の状況だと、みんなコメントしてる。



朝に子供を乗せていったリーガンが電話で、
「まだ危ないから、ゆっくり行け。」
と言っていた。





いつも何でも大丈夫というリーガンが危ないと言うのだから、相当危ないんだろう。

その後、荷物を持ってきてくれた宅配のお兄さんに坂道の状態を聞いたら、

「ひどい状態で滑りまくり。」
と言われ、更に落ち込む。




「大丈夫。ゆっくり行けば止まるから大丈夫!」
と励まされ、やっと元気が出た。






本当は15分で行ける距離だけど、1時間前に出発。


なんとか無事着いた時は、ホッとした。
ホッとしてお腹空いた。





やっと辿り着いたコスコのカーショップは、大混乱だった。

タイヤ買いたい人が次々とやって来るが売ってもらえず、店員と喧嘩になりかける。
取る暇もない電話は鳴りっぱなし。
次々と訪れる客の応対に、みんなピリピリしてる。


私は1ヶ月前に注文してたから良かったものの、もう今からではタイヤの注文も受け付けないらしい。
60人以上の人が、まだタイヤの到着を待ってると言っていた。
(11月11日現在は、購入可能です。しかも$70オフのクーポン使えます。)



タイヤの交換も、予約出来るのは買った人だけ。
他の人は、朝お店が開店する前から並んでその日の予約を取らないといけない。



他の店も、1日で150台のタイヤ交換したとニュースで言っていた。

みなさん、冬の準備はお早めに。(私も。)





ブリザックを履いたら、もう安心!
まるで違う車に乗ってるよう。全然滑らない。
さすが日本のブリジストン!










大変な2日間だったが、その日の夜はいい事もあった。



夜の9時ごろ、すごいオーロラ出現!

今まで見た事もないぐらいの壮大なオーロラだった。




ピンクの光も出てた。
動きが早く、走るように光が動いていき、そのまま空全体に広がった。



早い時間だったので、家族みんなで見る事が出来た。



まるで計算されたショーを見てるような、完璧な美しいオーロラだった。



ちょうどリーガンの誕生日だったので、いいお祝いが出来た。

ハロウィンパーティー 食べ物編



ハロウィンパーティーはポットラックだったので、みんなそれぞれハロウィンテーマの食べ物を作って持ち寄った。




上の写真、かぼちゃパンとディップ。

その上がパンプキンプリンとケサディアと指!?





かぼちゃをくり抜いてディップを入れるところがなんともお洒落!
真似したい。






こちらは、スモークサーモン寿司。



この形、林檎?と聞くと、カボチャだそうです。
失礼しました。


上にセロリがさしてあって、これがまたあって美味しかった!





ケサディアは、フリーハンドでかぼちゃに切り抜いたそう。


上手。子供が喜びそう。








私が持ってきたのはこちら。
かぼちゃのモンブランケーキ。




それと子供にお土産のカップケーキ。




…だったけど、カップケーキは事情があって、見せただけで持って帰ってしまいました。恥ずかしい。





ホントすみません。
次回に必ず、もう一回作って持っていきます。




問題のこちらの指クッキー!





ハロウィンだから、こんな怖いもの作って持ってきたらしいが、怖すぎるわ。

赤いのは、ラズベリーソースだそう。




血付きのティッシュを入れてるところが、またもう。
これ作ったのは、チョコレー子さん。笑いながら指作ってる姿、目に浮かびます。





ハロウィンらしいプレートになった。



ちょっと指が生々しいが。
見た目も素敵だが味も美味しい、日本人のポットラック。

アンカレッジ主婦、料理もレベル高い。






こんなの食べながら話しが弾む。

話題は子育ての悩み。







みんな真剣に話してるけど、こんな格好してますから。



ふと我に返って、笑えてくる。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる