フラットトップへハイキング




子供達の夏休みが始まったので、休みの最初のアクティビティに近所の山にハイキングに行く計画を立てた。
登るのは、フラットトップ。
観光客も登る、割と簡単な山だ。





参加したのは、大人は3人と小学生1人中学生3人高校生2人の子供達6人。


今回、アラシの幼馴染の可愛い女の子も誘っちゃった。
この女の子と小学生の弟くんは、集合場所のフラットトップ駐車場よりも更に上に住んでいる。この山で育った、言わばフラットトップは自分ちの庭みたいなもの。


うちの子達とムサシの親友のコーナーも、よくこの山を登っているので慣れている。子供達だけで、トレーニングに来る事も多い。





だけど私の友達2人とその息子くんは、フラットトップに来るのは初めてとか2回目だと言う。





最初はこんな風にみんなで並んで歩いたが、すぐに子供達は先に行ってしまい、大人3人で歩く事に。






一緒に行った友達は茶さんと、志村ケン子さん(ハンドルネームは本人希望)。


私と同い年の志村ケン子さん。変なおじさんになりたい、出来たら志村ケンになりたいそうだ。(なぜ?)
いつも親父ギャグを飛ばす、面白い友達。




年齢不詳の茶さんも、一緒に笑える面白い友達。
体重は言えるけど年齢は絶対明かさない。


どうして?私達より年下なのに、なぜそこまで隠すの?
でもこの前、ボウイが好きだったコンプレックスが好きだったと言ってたから、だんだん何歳くらいか暴かれてきてるよ。






歩きながら話が弾んで大爆笑。静かには出来ない。
笑いながら歩くの、倍疲れたわ。






「去年ここに来た時は、雪で登れなかった。」
と志村ケン子さん。

去年5月中旬に初めてフラットトップに来たらしい。でもトレイルに雪がすごくあって、テニスシューズでは登れなかった。




それに比べたら、今年のアラスカは暖かい。
雪はほとんど溶けてなくなり、歩きやすい。








これが初めてのアラスカでのハイキング、と言うかアメリカでする初のハイキングの茶さん。
日本では高田山とかよく登っていて、ハイキングは好きみたい。




でも、

「違う!日本のハイキングコースとは全然違う。」

と何度も叫ぶ。







いったい日本と何が違うの?と聞いてみれば、

こんなにいきなり急な傾斜はない。
この危ない所に手すりがないなんて、考えられない。




そうだよ、アメリカは結構ムリさせるよ。そして安全性よりも、景観を重視させるよ。
安全面は自己責任だから。自分で気を付けて!





やっとここまで辿り着いた。頂上までは後20分程度。





でもここからの道のりは、険しい岩山。
いつも私はここまでで、後は子供達だけで頂上まで登らせる場所だった。ここをゴールにする人は多い。
私は実は、頂上までは2回ぐらいしか登った事がない。

最後に登ったのはいつだ?
確かボーイスカウトと一緒に登ったっけ。







今日も大人はここがゴールにする予定だった。
既に子供達は頂上を目指して、上に着いた写真を携帯に送ってきてた。





茶さん志村ケン子さんと3人で、ベンチに座って休憩してる時だった。
上から子供を背負った夫婦が降りてきた。





子供達は赤ちゃんじゃない。結構大きい。
多分お父さんが背負ってるのは4歳ぐらいの女の子?小柄なお母さんも、2歳ぐらいの男の子を背中に背負ってる。



さすがアラスカの人はすごいやと思って、話しかけてみた。

「子供達を背負って、この上まで行ってきたの?」







「頂上までは行けなかったよ。途中まで行って危なそうだったから、引き返してきた。」

フレンドリーな2人。よく聞くと、アラスカの人ではなくて、サンディエゴから来た人だった!



サンディエゴから来た観光客が、子供背負ってここから上をチャレンジしたのか。
志村ケン子さんを見ると、私と同じ事を考えているみたい。


「頂上まで、チャレンジしてみる?」

さっき、実は高所恐怖症だからここから先はムリと言っていた茶さんまでも、途中まで登ってみると言っている。







よし行こう!
こんな道だけど。







上の方は、まるで違う山。
今まで歩いてきた道とは種類が違う。






怖い怖いと言いながら、雪道も頑張って登ってきた茶さん。
とうとう途中で限界を感じ、引き返す事に決めた。


最初の山で、よく頑張ったよ。
私と志村ケン子はもうちょっと行ってみるから、先帰ってて。








あれ?
前登った時、こんなにも崖だったっけ?
あまりの険しさに、慄く私。







マジか。本当にあの親子は子供背負ってここを登ったの?
それどころか、杖持ったおじいさんも上から降りてきたんだけど…。




「上までは、登れる道がなかった。とんでもなく危ない岩だった。」
と引き返してきた人にもすれ違った。







どうしようと思っていたら、上からムサシとコーナーが降りてきた。




「右の方に回ったら、もっと簡単な階段があるから。僕達は左から行ったけど、帰りに右にいい道を見付けた。」
とコーナーが言った。


分かった!ありがとうコーナー。









右ね。右に階段ね。
志村ケン子さんと、右の階段右の階段と繰り返しながら進む。

え、えーーと…。








階段…。
どこに階段があるんだよ!
どのレベルの階段だ?


次から次へと現れる険しい道を見て、志村ケン子さんと笑いがこみ上げる。






登る時は、手をついてこんな風にしないと登れない。








今まで事故はなかったの?
ホントにアラスカ、レベル高いわ。




また大きな岩が現れ、どうにかよじ登る。


「私はちょっと左の方に行ってみるわ。」
と、志村ケン子さんは左から行ってしまった。







私はコーナーの言葉を最後まで信じて右へ。
頂上はもうすぐ!
頑張れわたし。







右の方に歩いて行ったら、確かに!
岩でできた階段もどきがあった。



コーナー、途中で疑ってごめん。
登れたよ。登りきったよ頂上まで。
ヤッター!





頂上にて1人感動。

志村ケン子さんはどこ?
登ってる?それとも引き返した??






教えてあげたい。
コーナーを信じて。
最後のところ、右に回ったら上まで行けるから。








ケン子さんを探しに降りてみようかと思った時、見えた!
登ってきたケン子さん!!






「ケン子ーーーー!!」
思わず叫んだわ。










よかった。2人とも頂上到達。




登れたよ。超感動!
最後の岩はキツかった。









しばらくそこで、この岩山がどんなに大変だったか話していた。



その時、どこからともなく頂上に犬が現れた。








え?犬!?
犬なんて、あの岩登ってた?





呆然と見ていると、犬を追いかけるジョギング姿の女の人。
あんな格好で、涼しい顔して走ってる。








どういう事?
あの険しい同じ道を、犬とジョギングする人が???



不思議に思って後ろ側をまわってみると…。






あー!
反対側はなだらかな道!!




そうか、裏から来たのか。
そう言えばブルーベリー採る山を上に走ってる人達がいるわ。
フラットトップに繋がってると言ってたけど、ここに繋がってるんだ。







あんなに苦労しなくてもここに来れるのか。
同じ頂上に。






なんというオチ!
また2人で大爆笑。








またこっちの岩山から降りたけど、やっぱり怖かった。

本当にあっちのなだらかな道から降りたかったよ。駐車場が違うから、こっちから降りたけど。









この険しい岩道を下ってる時に、ポケットの携帯に何度もテキストが入ってきた。
ムサシからだった。




もう駐車場まで着いたから、コーナーの車でみんな帰っていいかというメッセージ。



いいよ。
でも今、それどころじゃないから。落ちたら死ぬから!







結局大人達は子供の倍かかって、フラットトップハイキング終了。
大爆笑のハイキングだった。

アラスカあるある





出掛けないといけないのに、家の前にデカいムースがいて出掛けられない!
















そこには花しか植えてないから!
美味しくないから!
頼む、食べないでーー!!

アラスカ風手作り結婚式





リーガンの職場の同僚の結婚式に招待され行ってきた。





花嫁さんのメリー。韓国人とアメリカ人のハーフで、いつも明るく面白くて笑顔を絶やさない、とっても好きな友人。
1年くらい前から結婚式の相談をされていた。

いかにお金をかけずに自分らしい素敵な結婚式が出来るか挑戦と言っていたが、本当に素晴らしい結婚式となった。





会場は、アラスカネイティブヘリテージ センター。
アラスカの先住民の文化を紹介する施設だけど、ここで結婚式が出来るとは。知らなかった。






早めに来て準備を手伝ってと言われていたので、式の2時間前に到着。






本当に会場はここなの?と思うぐらい、まだ何もない。
ダンスフロアを作っているところだった。


この施設のその日の営業が5時までで、結婚式が7時から。
2時間で会場を作らないといけないので、みんな慌ただしく働く。




テーブルと椅子を運び、テーブルクロスをかけていく。
結婚式に参加する友人が協力しあって、結婚式会場を作っていく。




ウェディングケーキの準備。
美しいカップケーキだった。





作った人が並べていく。
この人も結婚式の参加者。





時前に計画した通りに、セッティングしていく。
携帯で写真を見ながら、指示が出される。



花を飾り、リボンを飾り、どんどん結婚式らしくなってきた。
花を生けた人も新婦の友人。





そしてジャーン!
披露宴会場の出来上がり。





何もないところから1時間半で、こんな素敵なパーティー会場が出来た。





ウェディングケーキもこのとおり。
クッキーは別の人が持ってきた。何かのキャラクター?らしい。





クッキー焼いた人に、
「あなたはプロのベーカリー?」
と聞いたけど、趣味で作ってるだけと言っていた。やはりパーティー参加者。


色んな特技を持ってる人が、得意の分野でそれぞれ手伝って作っていく、アラスカらしい手作り結婚式。













そしてなんと!
リーガンが牧師さん。








リーガンの牧師姿に、同僚のみんなから笑いが起きる。





「なぜ?」
「どうしてリーガンが!?」




実はこの度2年間のオンラインのスクールを終了し、牧師の資格を取ったのだ。
これが初の結婚式の仕事。


良かった。リーガンも、得意分野で結婚式のお手伝いが出来るよ。





小雨降る中、中庭で結婚式開始。









突然花婿ジェイゾンがトランペットを取り出し、自ら結婚行進曲を演奏。


それに合わせて花嫁さんが登場した。












牧師リーガンの言葉は真面目過ぎず冗談が入り所々で笑いが起き、でも素晴らしくいい事を言っていて、最後はジーンと感動して涙出そう。心温まる誓いの言葉だった。





メリーのリクエストどおり。
形式にとらわれず、宗教色も強くない、それでいてカジュアルになり過ぎない式。



時間にしたら7分間。
短い式だったけど、リーガンは準備にかなり時間をかけ、始まる前は緊張していた。






「いやー、良かったよ。ジェイゾンがトランペットを吹いてくれて。
場があたたまってやりやすかったよ。」






場があたたまった?
お笑いのステージじゃないんだよ!

結婚式だよ、結婚式。




でも本当にいい式だった。
こんな結婚式なら、私もまた結婚したくなったわ。
リーガンよくやった。




リーガンの本職は弁護士だから、結婚から離婚まで出来る牧師としてビジネス始めようか。

謳い文句は、
「ここで結婚をすると、将来万が一離婚になっても、手続きはディスカウントがききます。」



合理主義のアメリカなら流行るかも。





パーティーの方は大盛り上がり。
友人達のスピーチが終わり、美味しい食事が終わった後は、夜中までダンス。




DJをしたのは、同僚のお兄さん。
アラスカでは有名なDJで、これまたいいタイミングでいい曲をバンバン流すから、みんなノリまくりの踊りまくり。
私も久々にヒールで踊った。
盛り上げる人達がたくさんいて、超楽しかった。



みんなが手伝って温かい式にしていく。
このホームメイド感が、まさにアラスカっぽい。

花冠作り



いいお天気なので家の中にはいられないとは言ったが、次に来るイベントの準備もしなくちゃいけない。


毎年行ってるルネッサンスフェア 3 バロンズ。
今年は6月4日から開かれるこのイベント。自分で作った花冠つけてルネッサンスフェアに行こう!
という事で、花冠クラスを開催。




先ずはマイケルズに行って材料調達から。
必要な物は麻紐、太い緑の針金、細い針金、フローラルテープ、自分の好きな造花。
あとはハサミとニッパーとペンチがあれば便利。





麻紐で頭の大きさを図る。
紐よりちょっと長めに太い針金を切る。


両側に輪を作って、頭の大きさよりも少し小さくなるような長さにする。








ペンチを使って、端に輪を作る。









針金を巻いたところに、フローラルテープを巻く。
フローラルテープはちょっと引っ張って、手でぎゅっと押さえると引っ付く。








花を短く切り、バランス良く並べてみる。
ここが一番難しいところ。あと、顔と花の大きさも考えてデザインする。




デザインが決まったら、細い針金を短く切って花を数本ずつ巻き付けていく。






作った感じと頭につけた感じが違うので、作ってる途中にも何度か頭につけてみて、花のバランスを考える。


全部花がついたら、針金が頭に刺さらないように端を切って丸めて上にフローラルテープを巻いていく。









最後はリボンを付けて出来上がり。






それぞれ個性ある花冠が出来上がった。




着ていくドレスの色に合わせて、メインの花の色を選ぶと簡単。
私はラベンダー色のドレスなので、紫と緑の深い色で。
友達は赤と黒のパイレーツ衣装を持っているので、赤と黒の薔薇で悪女風花冠の出来上がり!これもなかなかいい。



個人的な意見だけど、子供用にはパステルカラーで可愛く。大人は濃い深い色で、緑の葉をたくさん使うと綺麗だと思う。






もう一つの子連れチームは現在も作成中。

娘ちゃん達のと自分のと、3つづつ作らないといけないので、なかなか大変。






ルネッサンスフェアが更に楽しみになってきた。

みんなで頭に花つけて、ルネッサンスフェアーにゴー!




3Barons Renaissance Fair

June 4( Sat) 5(Sun) 11(Sat) 12(Sun)
12pm- 8pm

3400 E. Tudor Rd

3barons.org

夏が始まった!




最近のアンカレッジ、連日いいお天気で気持ちが高ぶる。
今週末は70°F 越えだって。




70°F!
真夏じゃん!!




たった21℃と思うかもしれないが、アラスカでその温度は既に夏。アウトドアの季節。
キャンピングカーが増え、カヌーやボートを乗せて遠くに行く車が続出。


冬の間寒くて暗いアラスカに篭っていた人達は、こんなお天気の日に我慢ならない。家になんかいられない。
会社を休んでも外遊びにゴー!




あー私も早くキーナイリバーに行きたい!
マタヌスカ氷河を歩きたい!!
ハッチャーパスの湖が見たい!!!


こんなに早く夏が来るとは。
もう最高。毎日嬉しい。

すっかりハイになってます。アラスカ特有、夏のナチュラルハイ。





1週間前にニュースで、
「例年は5月20日以降に花を外に植えますが、今年は暖かいのでもう植えちゃっていいです。」
と言っていた。



うちは山に住んでるから普通は時期をもっと遅らせていたが、もう我慢ならないので花も植えた。
夜の10時まで外で花を植える私。







今年は家の前の土を掘り起こして、花壇拡大。
リーガンが何年か前に山で採ってきた石を運んだ。
裏庭にゴロゴロ置いてたこの邪魔だった石を、やっと使えた。







これが午後10時の家の周りの風景。
太陽、絶好調。
これは眠れない。








あー、やっぱアラスカの夏は最高。
来週から子供達は夏休みに入り、私の夏の遊びの計画もどんどん埋まっている。




タグボート見学




リーガンがヨットの冒険から帰ってきた。
オレゴン州ポートランドから北上、カナダを通ってアラスカ州ジュノーまでの2週間の船旅。



どうやって船に乗ったかというと、船の持主がオレゴンからアラスカまで船を動かすため、一緒に行く人をネットで募集してたらしい。
これを見付けて、船長にコンタクトを取り、2週間も旅に出掛けてたのだ。


驚く事に、参加希望人数50人以上だったらしい。
みんな勇気あるよ。




その中からこの冒険に参加した乗員は4人。船長とリーガン、それに20代のヒラリーとリア。





ラッキーな事に素晴らしい人達が集まり、忘れられない冒険になったらしい。




ヨットで世界一周の旅が夢と言ってたリーガン。私は海の船旅が苦手だから一緒に行けないけど、やりたい事が出来て良かった良かった。


このリーガンの嬉しそうな顔!




コメディー映画のポスターか?
何回見ても笑える。




この船旅の船長だった人はアンカレッジにあるタグボートの船長さんで、1ヶ月のうちにタグボートに2週間住み、後の2週間は自分所有のボートに住んでるらしい。



それで週末に、タグボートを見に来ないかと誘ってくれた。
ちょうどヒラリーもアンカレッジに到着したので、一緒にタグボートツアーに。





あまり行く機会がないアンカレッジの港に行く。ここから船まで、アミアミの橋を渡る。

橋の前で救命胴衣を装着する事が規則。




まずこの橋が超怖い!
長い長い200mぐらいの、スケルトンな橋。


高いし風は吹いてるし、下のシルトに吸い込まれそう。もっと歩きやすいテニスシューズ履いてくれば良かった。


冬のマイナス20℃で強風の時にここを渡るのは、本当に恐ろしいと船長は言ってた。想像しただけで怖い。




ようやく船に乗船。

隣の船は、ポーラーバイキング。




ここで初めて船長と会った。
とても温かい感じのアラスカンだった。



隣の女の子が、一緒に冒険に行った23歳のヒラリー。
23と言っても、高校生ぐらいに見える。16歳のムサシと同じぐらいで話も合う。




ヴァージニア州から来たヒラリーは、この夏フェアバンクスの農場で働くらしい。
アラスカまでの交通手段を探していて、船に乗り込んだという。


ヒラリーのお母さんから船長に、本当に大丈夫かと電話があったらしい。
そりゃそうだよ。お母さんの気持ちが分かるよ。






先ずはエンジンルームから説明してもらう。でっかいエンジンだった。
万が一、火事がおこった時の抜け道も完備。







操舵席に座りはしゃぐ人達。





こんな機械を使って操縦しているそう。全然分からないけど。
GPSは日本製だった。





汽笛も鳴らしてみる。
びっくりするぐらい大きな音。






タグボート見学、珍しくて面白かった。
アラスカにも船で暮らす人がいるなんて、驚きだった。

また面白い人達と知り合ってしまった。

スースーの訪問




アイダホ州に住んでいる義母スースーがアラスカにやって来て、ちょっとの間だったけど会えた。





夫方の親戚は、なぜかみんな急にやって来る。
飛行機のチケットを取ってるから日にちを知ってるはずなのに、前日や当日までアンカレッジに来ると連絡が入らない。


今回も、スースーがフェイスブックに義弟ドーソンちの3人息子と遊んでる写真をあげるまでは、来てる事を知らなかった。
ドーソンはアンカレッジから飛行機で45分の、コディアックという島に住んでいる。


ドーソンに聞いてみると、「奥さんが出張中なので、お母さんをベビーシッターに呼び寄せた」らしい。

「明日帰るから、アンカレッジに行くよ。アンカレッジの空港に3時間乗り換え待ち時間。」
だって。



ちょっとーー。早く教えてよ!
会えずに帰ってたら、残念過ぎるって。









翌朝空港まで、スースーを迎えに行った。
久しぶりに会った義母スースー。
やっぱり温かくて可愛いお母さん。



スースーに、山の方に行きたいか、それとも水辺の方がいいかと聞いたら海だと言うので、ターナゲンアームの方に車を走らせた。




久しぶりにベルーガポイントまで来た。
もうすっかり春の季節で、山の緑がぐんぐん伸びていた。



やったー。いい季節になってきた。
気持ちいい。
もっと遠くまで走りたい!


今年のアラスカ夏のロードトリップも色々計画中。もう待ちきれない!!





ターナゲンアームを後にし、コーヒショップにケーキを食べに。
スースーはチョコとナッツのケーキを、私はティラミスをチョイス。





まだスースーと会った事がなかった18年前、リーガンが結婚式のスピーチで、
「お母さんはとても優しく、誰からも愛される素晴らしい人です。」
と言った。


「さすがアメリカ人。身内の事を大袈裟に褒める」
と正直思ったけど、スースーは実際その通りの人だった。

みんなに優しくて思いやりがあって、何歳になっても可愛いらしい人。





スースーに会えて嬉しかった。
ゆったりとした優しい時間を過ごした。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味











最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる