ロシアンリバーでレッドサーモン



独立記念日に、家族でロシアンリバーにレッドサーモン釣りを計画した。
次男アラシは不参加で、リーガンとムサシと私の3人。


先日リーガンが衝動買いした、古いキャンピングカーに荷物を積んだ。
リーガンが仕事から帰ってくるのを待って、キーナイ半島へ。ムサシのギターを聴きながら、車を南に進ませる。







ロシアンリバーに釣りに行くのは、みんな初めてだった。
道中も、私の心はワクワクドキドキ。

ロシアンリバーに鮭がじゃんじゃん入ってきてると噂を聞いていた。期待が高まる。






釣りの仕掛けは前の晩、私がみんなの分を用意した。
この前、釣りの先生に作り方を教えてもらってたのでカンペキ。



「レッドの仕掛けのビーズは、自分の好きな色でいい。」
と言われたので、可愛い色をいっぱい買った。

私の道具箱がカラフルになって嬉しい!







しかしこれが、後に間違ってたと判明。
私が喜んで買ってたのは、ビーズじゃなくて浮きだった。



「何、これ?」
と、後日釣りの先生(Rくん 13歳)に言われた時は驚愕したわ。




仕掛けを作るこの作業、面白い!
楽しい楽しい。
アクセサリー作りの楽しさに似ている。









その日は夜にクーパーランディングに到着し、キーナイリバーの横にキャンピングカーを泊めて一夜を明かした。
翌朝、ロシアンリバーのフェリー乗り場まで行く。

そこに駐車場料金(RVは$15)を払って下に降りる。





たくさんの楽しそうな釣り人達がいた。
祝日だからか、ファミリー多し。




ロシアンリバーは、フェリーで反対側の岸に渡って釣りをする仕組みだった。


フェリーと言ってもこんな簡単な船で、すぐ向こう岸に着く。
1人往復$11(2017年現在)。






船に乗せられるクーラーの大きさも決まってるので、釣り場に何を持って行くかよく考えてから乗る。
一回乗ると、駐車場に忘れ物しても戻れません。お金がかかります。





フェリーには、今から釣りたいワクワクな人達が笑顔で乗船。
犬も一緒に乗っていく。






反対側に着いたら、自分の場所を探して釣り糸を垂らす。
川には人がずらっと並んでいた。





釣れそうな場所を探す。
釣りは仕掛けじゃなくて、場所。魚が止まる場所を探してと、そう習った。


いっぱい釣ってるおじさんの横に並んだ。
だいたいいつも、同じ人の所に魚が来る。






フェリー乗り場のすぐ側は、流れが早くてちょっと大変だった。
人も多い!




その間をボートが通っていく。
鮭がたまにジャンプし、その度に私の心拍数が上がる。

きっと釣れるはず。







一度、アタリがあった!
私の仕掛けで魚が来てる。これは間違いない。
隣のリーガンにも、何回か魚が来てる。







1時間後、リーガンが釣った。
やった!今年初のレッドサーモン!!






私が作った仕掛けで釣ったよ。嬉しい!
みんなの気分も上がる。





しかしその後、長い沈黙。
何も釣れない、何もこない。





場所を移して再挑戦。
結構下の方に歩いて行った。




毎年ロシアンリバーでは、ブラウンベアが来ている写真を見る。
ここには来ないのか、ドキドキ周りを見渡しながらの釣り。








なかなか釣れない時間が長く続いた。
家族は飽きて、陸に上がり昼寝している。


私待ちか。
いつまでやるの?と言われるけど、それは釣れるまでだよ。






なかなか来ないので、ビーズの色を変えてみた。
ショッキングピンクで釣りたかったけど、オレンジカラーに。







すると2投目で来ました!
フィッシュオン!!



寝てたリーガンが急いで網を持ってきた。








やった、初レッド!釣れた~~!!






ペンチで針を外して、写真撮影。
超楽しかった!












ムサシも、これで帰れると一安心。






一回でも家族で行けて良かったよ。
楽しい楽しい釣りの記録。

ブログを見てくださってる方へ




ブログをずっとほっといてすみません。私は毎日いろんな人と出会って、濃いアラスカの夏休みを過ごしてます。


最近は遊びに忙し過ぎて、ブログを書く暇がなかなかありませんでした。
毎週キーナイ半島に主に釣りしに行ってます。今日やっと帰ってきたけど、来週また行きます。





更新してないのに見にきてくださる方やメールを送ってくださる方々、本当にありがとうございます。励みになります。
忘れたくない事ばかり日々起こってるので、ボチボチ思い出してブログしていきます。


取り敢えず予告として、写真だけ載せときます。






























結婚式でフラッシュモブ



次のズンバのフラッシュモブ会場は、結婚式との事だった。
誰の結婚式かは知らないけど夜8時半に動物園に集まり、結婚式に乱入して踊るという連絡だけが来た。





その話を友達にすると、
「結婚式にそういう事をするのは微妙。花嫁さんがどう思うか…。怖い。」
と言われた。



それもそうだと、ちょっと悩む。


花嫁さんが主役の結婚式なのに、サプライズで関係ない自分達が踊ってもいいの?
花嫁さんはそれを望んでる?
楽しいのは、踊ってる人だけ?


一生に一度の晴れの舞台をぶち壊しか。
ウェディング クラッシャーにはなりたくない。





「私が企画したわけではないし…。私はただ踊れと言われて踊るだけの、ただのダンサー。」
そう言ったけど、何だか心にモヤモヤ感が残った。


どうしよう。踊るべきか踊らざるべきか…。
取り敢えず、前日の練習に参加。




インストラクターの話によると、どうやら花嫁さんだけはこの計画を知ってるみたい。ちょっとホッとした。

「ダンス好きな、とってもカジュアルな家族だから。楽しい結婚式になるために、みんなで盛り上げて。」
と言われ、随分気が楽になった。

分かりました。それなら張り切って踊らせてもらいます。






当日の夜8時ごろ行ってみると、会場から派手なダンスミュージックが聞こえた。もうズンバ始まってるかと思うぐらいの、ノリのいい曲。

外から覗いてみると、みんな踊ってる!
この雰囲気なら大丈夫そう。






黒い姿のズンバ軍団が、入り口に徐々に集まりだした。


時間になり、インストラクターがDJに曲を渡しに行く。お馴染みの曲が流れた。
隠れていたズンバ軍団が次々と会場に突入!




ダンスフロアでいきなり激しく踊り出すズンバ軍団。
式場のお客さんはしばしポカーンだった。


ま、そうだろうな。






2曲目は、会場のお客さんも一緒に踊る。
花嫁さんもノリノリで入ってきます。







この2人が面白かった!
みんな楽しそう!





隣はアラスカのカリスマインストラクター。
この人のクラスは毎回、50人も60人も人が入る。私は一番前で踊りたいから、毎回場所取りが大変。





動画はこちら。
盛り上がってます。







ノリのいい人達で良かった。



2曲目終わったら、何事もなかったようにさっと帰った。
いい感じ!



激しく踊って、嵐のように去っていく。
今の人達はなんだったの?と思わせるようになりたい。

ズンバフラッシュモブのチーム、だんだん段取りが上手くなってきてる!





このフラッシュモバー達に後日、花嫁のお母さんからメールが届いた。

「みなさんどうもありがとうございました。あなた達のエネルギーとズンバ愛は、楽しい波を結婚式にもたらしました。あなた達がスタートしてくれたお陰で、その後の結婚式はたくさんの人がダンスフロアで踊るようになりました。
あなた達の情熱とエネルギーをシェアしてくれた事を、心から感謝します。」




良かった!
フラッシュモブ大成功!!

キーナイリバーでキングサーモン釣り




今年もこの人が帰ってきた。
夏だけ2ヶ月間アラスカに滞在し、キーナイリバーで釣りばっかりしてる人。私の釣りの先生、プロフェッショナルアングラーYさん。






早速友達の志村ケン子さんと一緒に、キングサーモン釣りに連れて行ってもらえる事になった。
夜9時半に終わるケン子さんのバイトを待ってから、キーナイに向かう。



車で3時間かかるけど、今回も早かった。ずっと喋ってるから。
ダウンロードした懐メロ50曲を歌いながら行く計画だったのに、喋ってばっかりで1曲も聴けない。ケン子さん、聞いてくれない。話が盛り上がり過ぎで笑ってばっかり。


あっという間にキーナイ半島に到着した。
夜の12時を過ぎていたけど、ロシアンリバーの前を通ると釣り人がいっぱい川に入ってて興奮した。


気になるけどそのまま止まらず、ソルドトナのYさんのお宅へ。
今夜は、ガレージの上の部屋を使わせてもらう事になっている。



「鍵は開いてます。」
とのメッセージをもらってるから、勝手に人の家にあがらせてもらいます。





朝は4時に出発だから、1時間ちょっとの睡眠時間。
釣りする時は、いつもこう。寝てなんていられない。


翌朝、1年ぶりにYさんに会ってすぐにボートの上へ。





キーナイリバーは相変わらず、安定の美しさ。
まだ6月だから、朝4時でも結構明るい。



すぐに太陽が昇ってきて、川も一緒に淡いピンクに染まる。
いいね、いいね。この景色を見たかった!





鮭の方はファーストランが終わって、とってもスローなんだとか。
フィッシュカウントは90本。一回のタイドで45本。


その中で釣り上げるのは、宝くじ並みと言われる。



釣れなくても実はいいんです。こうやってキーナイリバーの上にいられるだけで幸せ。





ニニルチックの小さな川を見た後でこのキーナイリバーを見ると、本当に広くて驚く。





こんな大きな所に、鮭は90本だけしか入ってきてないなんて。どこにいるの?どうやって釣るの?
魚がいる場所を見付けるのは、至難の技。





日が登ってくると、他のボートもたくさん出てきた。
他の船も、魚を釣ってない様子。




そこから船の上に8時間。


一度あがって昼食。その後1時間だけ睡眠時間を取って、また船に乗った。


いつもこんな感じです。釣りするには体力要ります。
冬の間に身体を鍛えておいて、正解。







2度目に船に乗った時に、釣竿の話になった。
Yさん、今年は竿を全部新しくしたと言う。



全てオーダーメイド。
釣りのメーカーに釣竿の棒だけ売ってもらい、自分でガイドを選んで取り付けたと言っていた。
説明してもらったが、今の私には半分ぐらいしか理解出来ない。でも色々こだわりがある事は分かった。







そんな話をしてたら、ついにきた。引いている!
ケン子さん担当の竿にフィッシュオン!!







「巻いて巻いて!」
と言うYさんの指示に、必死でリールを巻くケン子さん。





初めてのキング。
ケン子さんは必死だった。


どうやってしたらいいのかも分からず、竿を垂直に立てていたと後から聞いた。








その時だった。
大きな音がした。









ボキ!!




え?ぼきっ?



見ると、ケン子さんが持っていた竿がぼきっと折れている。
け、ケン子さん、Yさんの釣竿折っちゃった??





がーーーーん。
動揺するケン子さん。


私もショック!
さっきオーダーメイドの竿の話をしたばっかりなのに。



それが折れた?
なぜ折っちゃった??
ケン子さん、すごく落ちている。


さっきのボキって音は、竿の折れる音だったのか。それともケン子さんの心が折れた音だったのか。




呆然として動けない私達。
Yさんだけが動いてる。




「いいから。それは気にしなくていいから!」


「諦めない!竿も折れてこれで魚が取れなかったら、ダブルショック!!」






その言葉にはっとした。
そうだよ、まだ魚は糸から離れてない。

その後の事はよく覚えてないけど、Yさんが釣り糸を手でつかんで網の中に魚を入れた。





いえーーい!キングサーモンをゲット!!
やったー。嬉しい!!
キングを見れた。





でも正直、ちょっと消化不良気味。
キング釣れて、もっと騒いで喜びたかったわ。
最初のボキっで動揺し、騒ぐタイミングを逃した感じ。







こ、これは、ケン子さんが釣ったキングと言えるの?
なんか複雑な気分。
ケン子さんも同じ気持ちのよう。





デカい。すごいキングサーモン。



こんな大きなサーモン、釣竿折れたのによく釣れたわ。
Yさん、こんな重い鮭を糸を直接つかんで上げたなんて。すごいびっくり。







そして、綺麗に解体するYさん。



この前私も初めてキング捌いたけど、ガタガタになった。
こんなに綺麗に切れなかった。練習しなければ。






キングとセルフィー。
キングさん、どうもありがとう。



楽しいキングサーモンフィッシングだった。
釣りのシーズン始まったばかり。これから釣りに集中します。
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活19年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

ズンバクラスのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び





● アラスカのお祭り


● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる