鮭獲り



まだ旅の疲れも取れてないし家も片付いてないんだけど、キーナイ川にサーモンがたくさん上がってると聞いて、鮭獲りに行ってきた。

週末はすごく混むだろうから、木曜日の夜にキャンプの用意をして出発。






夜中の1時に到着して、海岸にテントを張る。浜辺は、フィッシュキャンプする人達で賑わっていた。


それにしても、外でウクレレ弾いて歌いながら踊っているサモア人。そのテンションはいったい何なのだ?
みんな寝ている真夜中2時だというのに。



翌朝。
まだ疲れて寝ている家族をテントに残し、さっさとウェイダーを装着して海に入る私。




漁法はディップネット。
地元の人だけに許可されている漁で、この馬鹿デカイ網で、川に上ってくる鮭をすくう。

うちの網は、アラスカ生活の先生くまさんの教えにより、ある名人に注文した物だ。
そして去年は日本帰国のため鮭獲りをしてなかった私は、おさらいのためにディップネッティングのページを再読してきた。





海に入って周りと同様、網にかかる鮭を待つ。網は重いので、海の中で同じ姿勢を保つのも大変。
まだ人が少ないので、隣の人と笑って会話出来るくらい余裕だ。
これが混んでくると列の中に入る事も出来なくなるし、人の気は立ってくるしで戦場化してしまう。





今年は特に、日本の家族に安全なたんぱく質源を持って帰るためにも、たくさんの鮭を獲らなければ。
4人家族のうちのリミットは55匹。

よし、目指すは55匹!
気合い充分!!







しばらくして、ビクンと懐かしい手応えを感じた。
無言で網を引きずり、浜辺に引き上げる。

最初にディップネットをした時は、一つ一つの動作に大騒ぎしたのに、今は無言。すっかり慣れてしまったもんだ。




紅鮭ゲット!

2匹捕まえたところで、テントの中の家族を呼ぶ。


鮭は浜辺でリーガンがフィレに切って、クーラーに詰める。



鮭は、早く内臓を取り出した方が新鮮を保たれるので、たくさんの人が浜辺で捌いている。
いつもは好きではないイクラをその場に捨てていたが(洗うのが大変。そこまで手が回らない。)、今年は友達が欲しいと言うので、それもジップロックに入れてお持ち帰り。




その後、リーガンも海に入り、たくさん獲った。
リーガンの網の方が長いし背も高いので、鮭がかかる確率も高い。



結局その日の成果は私が11匹、ムサシ2匹、リーガンが26匹の合計39匹だった。



「キャンプして、翌日にリミットまで頑張ろうか?」
とリーガンに言われたけど、私はもうそこで力尽きた。


鮭、もう充分だからとリーガンを説得し、朝の5時に帰宅。







帰ってから鮭を真空パックにしたりスモークにしたりで、また大忙し。

今年のうちのサーモンフィッシング無事終了。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これぞ自然の恵みですね~。 一匹一匹が大きい! 55匹もあれば、冬越えも余裕でしょうか? 

No title

*カンナさん*
獲ったのは39匹ですよ。これだけあれば、1年は大丈夫かな?
しかし毎年、どんどん人にあげてしまって、冬前になくなる事が多いです。

No title

お疲れ様! 浜辺でムサシ君の姿を見かけたときには驚いたよ。毎年大漁のメルモ家と同じときに来ているということは、今年はいけるかも、と思ったとおり、家にしては大漁の年となりました。岸にあがってフラフラのところ走り回る子供たちの面倒みてくれてありがとう。夜中到着メルモ家のたくましさ、頼もしいよ! 「ここは戦場だから」と言っていた貴方の目が忘れられない。 

No title

*マチカさん*
現場でマチカさん達に会えて嬉しかったよ!
浜辺ではしゃぐマチカ家の子供達。みんな可愛いねー。そしてみんな逞しい。とっても微笑ましかった。
一番上の写真のシルエットは、マチカ家の3人だよ。

大漁おめでとう!
戦場じゃなくてお遊びで来ていたマチカさん(笑)。
その反応が面白かったー。
アラスカの遊びは楽しいね♪

No title

merumoさんこんにちわ。

サーモン=シャケ?って、実物見たことが無かった・・・。キレイなオレンジのお魚だから、全体的にオレンジ色の魚かと思っていました・・。

多分うちの子供も知らない^^;。切り身しか知らない世代にとって、これは羨ましいですよ~

実際はサバイバルしている感じ。キャンプもお手の物なんですね!直ぐに用意して行っちゃえるところ、かっこいいですね^^。うちは、キャンプへ行くなんてなると、あれもこれもと考えて、シーズンが終わっちゃうような感じです~

No title

*Michikoさん*
切り身しか見た事なかったら、分かりませんよね〜。真っ赤な鮭もいますよ!

遊びに行くキャンプと、このフィッシュキャンプは全然違います。
私にとって鮭獲りのキャンプは、生活のため、仕事に行くような感覚です(笑)

遊びのキャンプは、洋服以外は全部夫が用意します。夫が作るキャンプご飯、美味しいんですよ!
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活20年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

月曜日 6pm~ Body Renew South
火曜日 6pm~ The Salvation Army Center
木曜日 12pm~ The Salvation Army Center



ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び






● アラスカのお祭り

● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる