シアトル旅行 その1 ゲームショーとアンディ



夏休み中、次男アラシがDOTA2 というゲームの国際大会を見に、どうしてもシアトルに行きたいと懇願した。





ゲームの国際大会?なんじゃそりゃ??


よく分からないけど、ネットのゲームの大会がシアトルのキイアリーナで開催されるらしい。
自分がゲームするんじゃなく、ゲームしてる人達を見るショー。
それも1日10時間も観戦、それが一週間も続く。










ますます分からない世界だわ。人がゲームするのを見て何が面白いの?
アラシはスポーツ観戦と一緒と言うけど、私には良さが全く分からない。


だけどどうしても行きたいと言い、リーガンが行かせてあげたいとチケットをゲットした。
これも驚く事に、チケットはすぐにソールドアウトになって入手困難。高価なチケットなのに。




そんなにたくさんの人が、これを見に行きたいわけ?
世の中には、私の知らない世界がまだまだある。












アラシは14歳。
田舎者の少年を1人でポンと都会に行かせる事はまだ出来ないので、私が付き添いをする事になった。


でもとてもゲームを一日中見る事までは付き合えず、朝会場におくって夜迎えに行くだけ。
後は私のシアトル自由時間が一週間?…これはラッキーかも。






そんな話をしたら親友のアンディが、じゃあ週末はシアトルまで会いに行くと言ってくれた。


あの人デンバーに住んでいるのに。飛行機で2時間以上かけて会いに来てくれるとは!
ますますラッキー。アンディ愛してるぅ。





アンカレッジを早朝3時出発の飛行機に乗り、シアトルには7時に着いた。
そこから電車とバスを使って荷物を置きに予約していた宿に行ってから、キイアリーナに行くつもり。






シアトルの人は、みんな親切だった。
迷っていたり困って考えていたら、なぜか向こうから、

「もしかして聞きたい事がありますか?」

と次々に声かけてくれて、助けてくれた。






みんなどうして私の心が読めるの?
私はそんなに困ってる様子に見えるのか?




アラシが注文していたグッズを受け取りにキイアリーナに行くと、既に会場はDOTA一色。独特な世界を醸し出していた。
心をかき乱すような不安な音楽がずっと流れてるし、周りはゲーマーだらけだし。





なんだか分からないけど、なんだか圧倒される。
ゲーマー達がはしゃいでる。


アラシも大興奮。
説明されても理解不能だけど。すっごい嬉しい、夢が叶ったと言っている。

よかったよ、そんなに嬉しい気持ちになれたなら。






その後、アンディと待ち合わせしたダウンタウンに行った。
アンディは前の日からシアトル入り。

アンディ到着!抱き合って再会を喜ぶ。



やったー!アンディに会えた。
好きな人に会えて超嬉しい。





アラシとアンディ、いったい何年ぶり?
スカイプやフェイスタイムでは話すけど、実際に最後に会ったのは赤ちゃんの頃以来じゃないか。


その時の、写真を発見!





どっちも可愛すぎるわ。
アンディ全然変わってないし。

10年前の写真だよ、これ。





取り敢えず、アンディが泊まってるホテルが近いのでそこに行った。
なんと通常1泊$400はするゴージャスホテル。



Thompson Seattle


場所はとっても便利な所にあった。
アラシはもう疲れた歩けないと言うのでそこで休ませてもらい、私とアンディは積もる話をカフェでゆっくり。








久しぶりに会っても、毎日会ってるように話せる友達っていいね。








翌日は週末だったので、バラードのフリーマーケットで待ち合わせ。
なんかお洒落で盛り上がってる!









歩いてる人みんなが花束持ってると思ってたら、こんな鮮やかな花が安く売ってた。
これは買うね。











ピザの窯までも路上に持ち込み。
これは美味しそう!





アンディが、道でポエム売ってる女の人に話しかける。


最近ボーイフレンドと家を買ったので、新しい家に飾る詩が欲しいと注文。
詩を買うのか。新しいな。




色んな質問をされ、20分後に取りに来てと言われる。





20分後、クラシックなタイプライターで打たれたポエムを渡された。
それに自分で値段を付け、お金を払う。


アンディは気に入って、$30ぐらい渡してた。









その日は一日中ブラブラと、マーケットに行ったりお店に入ったり。

夕食はアラシがどうしてもお寿司を食べたいというので、アンディがシアトルに住んでいた時によく行っていたというお店 OHANA にゴー!







取り敢えず、熱燗で乾杯ね。
この人熱燗好きなのよ。日本ではおじさんがよく飲むお酒なんだよと言うと、喜んでた。




このレストランにDOTA2の有名なスタッフ?がたまたま食べてて、アラシ大興奮。


やったー、チャンスだ!話しかけろ。
ちょっと待って、アンディがその美貌で先に話しかけた方が成功するとか、コソコソ3人で話し、タイミングを待ってやっぱり上手くアンディが話しかけた。




話しかけられた人は嬉しそうだった。そしてフレンドリーにアラシと接してくれた。

私達にとっては普通の知らない人だけど、アラシにとって、大きな出来事。








寿司来た来たーー!




お腹いっぱい食べて、大満足。



シアトル旅行、まだまだ続きます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活20年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

月曜日 6pm~ Body Renew South
火曜日 6pm~ The Salvation Army Center
木曜日 12pm~ The Salvation Army Center



ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び






● アラスカのお祭り

● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる