チャーリー・ユーコン川下り 最終回 〜感動のゴール〜


翌日は快晴。
久しぶりのベッドで心地よく眠り、起きた時にはすでに朝の9時を過ぎていた。


昨夜発見した、キャビンのゲストブック。
そこには、ユーコンから流れてここに辿り着いた人達のメッセージが、たくさん寄せられていた。

色鉛筆で描かれたプロ級のイラストや、面白い漂流記。そして、外国語で書かれた物もあった。
日本人の書き込み、多数。
1998年の日付から残っていて、何度もここを訪れている人の名前もある。
みんな、このキャビンは豪華だ、素晴らしいと書いてあった。


もちろん私も、ノートに書いた。
そのメッセージは、



イサオさん行方不明。どこにいるんだ、イサオ!!


ここを見ている人で実際このノートを読んだ人、ぜひ私に連絡して欲しい。(いないか。)

朝の支度を終え、ぼーっと窓の外を見ていたその時、人が通った。




第2ユーコン人、発見!!


興奮して外に出ると、20代後半くらいのカップルだった。
2人はフェアバンクスに住んでいる夫婦で、カナダのドーソンシティから出発して昨日ここに着いたらしい。少し離れたもう一つのキャビンの方に泊まっていると言った。
とてもフレンドリーな人達。

しかし私は、その女性を見た瞬間から、どうしても気になって仕方なかった。


この女性、お腹が大きい。

妊婦?




いやいや、まさかね。
だって、ユーコン川をカヌーでここまで来てるんだし、今日は9日目と言ってたし。
きっとお腹だけ太っている女の人だ。アメリカ人だから、あり得る。



しかし2人が去って、後でやって来たフォレストレンジャーから衝撃的な真実が明かされる。




あの人、妊娠7ヶ月。




な、なんと!
7ヶ月のお腹で、ユーコン川下りですか。

恐るべし、アラスカ人。

フォレストレンジャーは、今日も親切。
子供達の写真を撮り、普段はイーグルに住んでるからとメールアドレスをくれた。


彼に、この仕事は好きかと聞いてみたところ、

「もちろん!面白い人達に出会えるし、こんな大自然の中に住めて、しかもお金がもらえる。」

と笑っていた。
そんな生活も、アリかな。


ちなみに彼は7年間ここで働いているが、
「チャーリー川を下ってきたのは、10代の子が一番若かった。8歳や5歳なんて、こんなチビッコは今まで見ていない。」
と言っていた。





やはり、最年少記録か?



準備をし、フォレストレンジャーにお礼を言って、ようやく出発したのは正午を過ぎた頃だった。

ユーコン川は、やはり流れが速かった。
チャーリーで、あんなに苦労したのは嘘のよう。
漕がなくても、どんどん進む。




ユーコン、楽チン!


ああ、イサオさん、今頃どこへ?
でも昨日よりはずっと、イサオさんは大丈夫という気持ちが強い。
彼は先にサークルに行って、私達を待っているハズ。

そう確信してるから、リーガンと2人冗談さえ言い合うようになる。



イサオさん、本書くって言ってたもん。
きっと最後に、イベントが欲しかったんだよ。

そうだよ。こんなウルサイ家族から離れて、一人孤高に、またムズカシイ事でも考えたかったんだよ。

きっと、そうだ。




そうに違いない。

そんな事を言いつつ、ラフトは西へと進んでいった。



途中、風が強くなってきた。
「タープを帆の代わりにしたら、もっと進むかも。」
リーガンの提案に、ムサシの目が輝く。


帆走作戦、開始。

風に煽られ、ラフトのスピードアップ!
速い速い!

ムサシは最高の笑顔を見せる。

アラシもダディのサポートで、帆を張るお手伝い。

いいね、いいね〜。ホントに漂流している気分。


私達のラフトは、どんどん進む。
イサオさんを探すためにも、今日中にゴールのサークルに到着したい。

食事の時間を短縮するため、昨夜リーガンが大量のケサディーヤを作ってくれた。
それを食べ、昼寝をし、読書やトランプやゲームをしながら、ラフトはどんどん進んでいった。


気持ちよく、ウトウトしていた時に、
「わー、熊だ!」
リーガンが叫んだ。

見ると山の方、何か黒い物が動いている。

おおー!ホントだ。熊だ!!

黒熊は、あっと言う間に山の中に姿を消していった。



見ましたよ、熊。
よかったよ。最後に見れて。
こんな遠くからなら襲われる心配もないので、とっても嬉しい。


他には、鮭を獲っているこんな仕掛けを何回も見た。

鮭を獲りに来る、モーターボートもよく見かける。

でも予想してた程、カヌーはいなかった。
あの先に出た、妊娠アラスカ人カップルを一度追い越しただけ。他にはいなかった。
カヌーイストの憧れの地のハズなのに。
いったい、みんなどこよ?

ラフトの上に10時間。
その日はなんと、1日で53マイルも進んでいる。

夜の10時半を過ぎた頃、とうとうサークルが見えてきた。

双眼鏡で見たら、岸の方に赤いカヌーも見える。

イサオさんだ!!


やったー!

ついにゴール!!
岸に上がると、テントの中にいたイサオさんが走ってきた。
3時間前に、到着したらしい。

サークルシティで、シャワーを浴びる。
蛇口を捻ると、水が出る。これって、素晴らしい事だよ。


シャワーを浴び、すっきりしてから、ユーコンを眺める。
夜中1時の夕焼け。
その時出ていた月は、まん丸でとても美しかった。

みんな、ありがとう。チャーリーもユーコンもありがとう。
一生忘れられない旅になりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっぱれ! メルモ一族!
良い経験しましたね〜。
でも、これで終わりではもったいないから?(笑)、是非続編も!
次はサークルから出発して是非ユーコンフラッツに挑戦して下さい。
ユーコンはサークルを過ぎるとがらっとかわるそうです。
かなりヤバイらしいですよ〜。笑
僕もそのうち挑戦しま〜す。

No title

ゴールおめでとうございます!!
皆さんご無事でなによりでした。

サークルの大きな建物は、以前訪れたとき、建設中だった記憶がありますが、何に使われているのでしょうか?

最年少記録、今度はマッキンリーで打ち立てませんか?(笑)

No title

生きていて良かったよ~!
こうやって、登山家や冒険家が育っていくのね~(笑)
帰還後の生活はどんな風に感じるのか聞いてみたい、今度ゆっくりね~。

No title

ブログでは、違うHNを使っております。コメントはお初です〜。
さっそく、やってきたら川下り最終回で
最初っからぜーーーーーーんぶ読みました〜!

リーガンパパ筆頭に、カッコイイ男たち!って感じで
とてもうらやましく読ませてもらいましたよ♪
このくらい大きくなったら冒険できるんだね。

感動、感動! いいなぁ、アラスカ。
暮らすのはまた違うんでしょうか・・・。
アウトドアばかりやってるわけでもないもんね。
でも、サイトのお引っ越しのところもついでに読んで
私までアラスカへ行きたくなってしまいました(単純(笑)

No title

あ~ 10回の連続ドラマは とうとう最終回~。
ちょっとさびしいね。 みんな本当に頑張ったね。
ところで メルモちゃん これ本に出せるよ。

 

No title

おめでとう。ゴールをむかえられて私もほっとして、帰省できます。
息子さんたち、きっと忘れられない思い出だね。
すばらしい、教育だ。
個人的には、リーガンのストーリータイムもすてきでした。
静と動がまさに、がっちりという感じ。
わたしも、だんろの前で聞きたいナー。英語わかんないけど(^^i)
メルモちゃんも、たいへんすてきでしたよ。
男だけではつまらない。やはり紅一点いないと・・・。
すてきな仲間にかこまれて、アラスカばんざーいですね。よかった。

No title

あれから毎日「イサオさんはどこ?」気になって気になって
本当に電話かけようと思ったよ!
それにしても素晴らしいラストで本当に良かった。
大変だったけど本当に一生忘れられない旅になったね。

No title

こうやって読んでいるだけでも一緒に旅してきたような気になってます☆
でも、ながい、なが~い旅でしたね。イサオさんと感動の対面できて本当によかった。ありがと~

No title

本当に長くて楽しい旅でしたね!お疲れさまです。
こうやってブログに記録しておくといいですよね。私もバックパックの旅をしていた頃は当たり前の生活(スイッチで電気がつく、蛇口をひねれば水やお湯が出るなど)にとても感動したものですが、時とともに忘れてしまいがちに。。。反省。私もメルモさん一家の旅でいろいろと考えさせられました。次回の旅も楽しみにしていま〜す♪

No title

メルモさんよかったですね!イサオさんも無事で最後に会えて、いい旅になりましたね!ところで・・読んでいてギモンに思ったのですが、ラフトの上で10時間・・トイレに行きたくなったらどうするのですか???参考までに・・・

No title

>AK 47さん
ありがとう〜。
もったいない! 何がもったいないの(笑)?
AK 47さんも、川下り挑戦するのね。それとも、うちと一緒に行きますか?専属シェフだ!太りそうな旅になりそう...。

>RT(妻)さん
マッキンリー!無理無理ムリ!

RTさんも、あのサークルに行かれたんですか!
あれはホテルだそうです。今も、閉鎖中。
作った事は作ったけど、働く人がいない、というオチです。
「村始まって以来の、無駄な事だった。」
と、サークルのおっちゃんが嘆いてました。

>cocoさん
良かったよ、生きて帰れて。
だから、冒険家じゃないんだって!
帰ってからの生活は、元と変わってないよ〜。まぁ、あんな所に行けたんだからという自信がついて、歯医者とか怖くなくなったくらいかな。

No title

>デリコさん
初コメント、ありがとうございます。いきなり最終回ですみません。しかも、すごく長いし。読んで下さって、感謝です。

そうですね。男の子って、楽しいですよね!
大きくなったら、色々遊べますよ〜。

アラスカは、暮らすのも楽しいですよ。私達家族には、あってました。
冬は冬で、楽しかったし。でも、好きな人と嫌いな人と、はっきり分かれる所だと思います。

>ぎんだらぎんさん
終わったよ、やっと。
夏休みの宿題が終わった感じだよ。燃え尽きました。
読んでくれて、翻訳してくれて、ありがとう。会社の皆さんにもよろしく。

>ちえさん
貴女も読んでくれて、ありがとう。無事着いたから、安心して松江で遊んで下さい。
ストーリータイム、参加出来るから、アラスカにおいでよ(笑)。リーガンの本読みは面白いよ。

No title

>nanaさん
ははは。電話して欲しかった!
私もnanaさんの声を久しぶりに聞きたかったよ。
ラスト、ちゃんとゴール出来てよかったよ。しかも、真夜中の夕日が綺麗だったし。よい旅になりました。

>きすかさん
きすかさんも、長らく読んでくれてありがとう!書くのに、1ヶ月もかかっちゃったよ。
イサオさんがゴールで対面できてなかったら、ハッピーエンディングにならなかったね。無事で良かった。
こちらこそ、ありがと〜。

No title

>Mieさん
私は日記とか書かないので、ネットに残しておくと、あとで思い出せてとても便利です。
やっぱり。Mieさんは、分かってくれるのね。
あの、キャンプを終えて水道の水を使った時の感動を。お店で、スプライトを買って飲める喜びを。このギャップがいいのよね。

じ、次回の旅ですか?ちょっと休憩中です...。

>Mさん
実は、一番多い質問がトイレ事情です。
それはもちろん、トイレ休憩になると、岸に上がってましたよ。岸には、オオカミや大きな鳥の足跡がたくさん。でも、誰もいませんでした。
参考になりましたか?

No title

メルモさん、素敵な冒険ストーリーをどうもありがとうございました!
子供達もこんな小さい年齢からこんなハードコアな冒険を達成してしまったから
には、将来どんな冒険家になるのかしら!と今からちょっとわくわくですね!メ
ルモさん、本当に凄い!!!お疲れさまでした~。

No title

ゴール!!!
イサオさんにも会えて、ヘリで救助されること無く無事帰還。本当に、良かったです&お疲れ様でした。
次はどんな冒険が始まるのか...。楽しみにしてます!

No title

>Jackoさん
Jackoさん、ありがとう。
あの旅から1ヶ月以上も経ってしまった今、あんな所にいたなんて夢のような話です。子供達の自信にも繋がりました。
行ってよかった!本当にありがとう。

>さちこさん
よかったよ〜。ヘリで救助なんてされたら、しゃれにならないところだった。次回の冒険、家族で夢の話は広がってます。

No title

初めまして!
ちえちゃんのご紹介で、覗かせていただきました。
毎回、はらはらどきどき。

大自然の楽しみ方、ほんとすごく伝わってきます。
メルモさんの構成力、すごいです!
ぜひこれからも、わくわくするお話、教えてくださいね♪

No title

>みゆきちゃん
はじめまして。ちえちゃんのお友達ですね。とても嬉しいコメントを、ありがとうございます。

アラスカに来て1年。
まだまだアウトドア初心者ですが、楽しんでます。
わくわくする話、ぜひまた書きたいです!これからもよろしくお願いします。

No title

はじめまして!アラスカを調べてたらここのブログにつきました!!

主人の仕事でアラスカに住むかもしてないのですが、今、ネットで部屋を探しています。 
アラスカは住みやすいところでしょうか?

No title

nelsonさん、はじめまして。
アラスカにお引越しですか?
私は、昨年テキサスから引っ越してきましたが、私の家族にとっては、「住みやすい最高の場所」です。でもそれが、すべての人に当てはまるか分かりません。
冬にマイナス30℃になったり、3時ごろに暗くなったりするのが耐えられないという人もいます。人によって、好き嫌いがはっきり分かれる場所かもしれません。

私の個人的な意見では、アンカレッジは便利な街だし、車ですぐ大自然に入れるし、とても住みやすいです。冬は、思ったほど大変ではありませんでした。スノーブーツとダウンジャケットがあれば、外で雪遊びも出来ます。
住宅は、テキサスに比べれば高いと思います。

No title

感動の大冒険物語。アラスカの大自然を舞台に繰り広げられる愛と勇気と感動の日々。これは、特別な人に与えられた冒険談ではありません。ふつーの暮らしをしている、とある家族の熱い夏を綴った一冊。涙と笑いの感動巨編。アラスカに憧れている人は勿論、悩んでいる人、忙しい日々を過ごしている都会のあなた!!必読。~~~~本にする時に帯に使って!笑   もう言葉もありません。同じアラスカに住んでいるとは思えない。しかも、メルモちゃんに会っても別人としか思えない。とにかく素晴らしい!!!!!

No title

大爆笑ですよ、heidi.tさん!
いや〜、heidi.tさんときすかさんは、いつも私がびっくりするくらいの感動をしてくれますよね。ありがとうございます。
この素晴らしい文章は、本が出版される際には必ず帯に使わせてもらいますよ!残念ながら今のところ、そんな予定はありませんが。

No title

普通本の帯の紹介文て、超有名人しか書かないよね。へへっ(´∀`人)
サイン会には手伝いに行くからね!!
プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活20年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

月曜日 6pm~ Body Renew South
火曜日 6pm~ The Salvation Army Center
木曜日 12pm~ The Salvation Army Center



ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び






● アラスカのお祭り

● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる