スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーモン ディップネッティング


川下りから帰った同じ週末、友達のくまちゃんがディップネッティングに連れて行ってくれた。

ディップネッティングとは、大きな網で魚を捕まえること。
私達はくまちゃんに教えられたとおり、チェストウェイダーやディップネットを買って用意していたのだ。(ディップネットについて詳しくは、くまちゃんのディップネッティングのページを見て下さい。)


今まで魚釣りに行っても魚を釣った事がないメルモ家族。
それでも、網ですくうんならきっと獲れるんじゃないか。

いや、これだけお金をかけてるんだから、必ず鮭を獲らなければいけない!


川下りの疲れもまだ取れてないが、かなりの使命感に燃えて、キーナイリバーへと向かったのであった。




キーナイに着いて、ディップネッティング場を探した。前夜に出発したくまちゃんとは、トランシーバーで連絡を取り合う。
そこは、知らなければきっと行けない、ディップネッティングの看板も何も立っていない場所。

着いてびっくり。
今まで見た事もない景色が広がっていた。

すすす、すごいんですけど。
大きな網を持った人々がたくさん、川の中にきれいに並んでるよ。


なんだか興奮。
私も急いでウェイダーを着て、水の中に入ってみた。

水の中に入った途端、驚いた。
ウェイダーの中の空気が、全部吸い込まれる感じだ。
かなりのバキューム感。
なんなんだ、これは。

自分が真空パックにされてるよ。


水圧と戦いながら、大きな網を持って水の中に立つ。
簡単ではない。
しっかり立ってないと、流されそうな勢いだ。
そして網は、重くて持つだけで大変。
腕をプルプルさせながら、懸命に網を持つ。

これは、痩せるかもしれない。



くまちゃん&くまちゃん夫のネモト君にアドバイスをもらいながら、頑張った。
何人か、鮭が網に入り浜辺まで引きずっていってる人を羨ましく見詰めながら、ずっと網を持っていた。



結果その日は残念ながら、鮭は私の網には入ってくれなかった。







まさかの、収穫ゼロ。


くまちゃん夫婦は、前日と朝に、何匹かの鮭を獲っていた。
キャンプの用意をしていたけど、疲れていた私達は、たった3時間で諦めてしまった。


しょうがない。
また3時間半の道のりを、悲しい気持ちでアンカレッジまで帰っていったのだった。








そしてよく週末、リベンジ。

今度こそ、獲るよ。
川下りの疲れもすっかりとれたし、気合は充分。金曜の夜から浜辺でキャンプをしながらの、長丁場で挑戦だ。
夜の8時半、到着。
その日は約束してなかったが、やはり来ていたくまちゃんと浜場で会った。


リーガンがテントを張って用意している間の2時間、私が川に入って網を持つ。
でも、収穫はやっぱりゼロ。


寒くなったので、テントの中に入ってリーガンと交代。
テントの中から川にいるリーガンの様子を見ていると、10分くらいで何やら慌しい動きをしだした。
浜辺にいるくまちゃんに、ガッツポーズしている。



これはついに、獲ったか?

子供達と走って行ってみた。

リーガン、鮭ゲーーット!!

やった。ついにやったよ。
その後、制限時間までの15分の間に、2匹の鮭を獲ったのだった。



翌日も、リーガンは大漁。
朝からどんどん鮭を獲る。


私はというと、川に入っても、一匹も収穫がないままだった。





しかし、お昼頃。
リーガンがランチを買いに行ってる間、ついにきた。
びりびりと、網に鮭が入る感触。


必死になって浜辺まで網を引きずっていった。
とうとうやった!私も鮭ゲット!!


浜辺にいたくまちゃんが、気付いて私の所まで走ってきてくれた。


大騒ぎの私達。
まずは獲った鮭をワカーで、トドメをささなければいけない。

隣にいたお兄さんが、
「手伝おうか?」
と声をかけてくれた。


私が答える前にくまちゃんが、

「いいの。これは彼女の初めての鮭なの。
彼女が自分で全部処理するから!」

と、叫んでいた。






く、くまさん?
私は、お兄さんに手伝ってもらいたかったのに...。




「いいから早く。これ持って。」
と、くまちゃんに勢いよく棒を渡され、恐る恐るトライしてみる私。


叩こうとすると鮭は、砂浜を大きく飛び跳ねた。





ぎゃー。怖いって!!



大騒ぎしていた私達は、浜辺でも目立っていたようだ。
「魚を踏んで叩け。」
周りのみんなが、親切に教えてくれる。


怖い、怖い、怖い!!

ギャーギャー叫びながら、必死で叩く私。
そんな私の姿を写真まで撮る、くまさん。



「もう死んでるって。」
さっきのお兄さんから、ツッコミを入れられてしまった。





怖いのは、私か。



サーモンを一匹獲り終え、すっかり満足してもう川にも入らず椅子に座り、リーガンを待つ私。
一匹獲ったから、もういい。大満足。帰ってもいいくらいだよ。




買い物から帰ってきたリーガンは、その鮭を見て、やったやったと喜んでくれた。
しかし、その後リーガンが川に入ったら鮭がたくさんやって来て、休む間もないくらい次々と鮭が獲れた。

どんどん溜まる、リーガンが獲った鮭。

島出身なのに、魚の切り身しか触れない私。
「私は魚を捌けない。リーガン、自分で処理してよ。」
そう言っていたのに、必要に迫られて、浜辺で鮭の頭を落とし、内臓を取り出す処理をした。

ずっとした。
泣きながらした。




もうこれは、趣味を超えてるよ。
鮭、怖い。
アラスカ恐るべし。




結局収穫は、鮭40匹。
そのうち私2匹、リーガンが38匹。



どんどん獲れる鮭を目の前にして、リーガンがつい言ってしまった一言。
「メルモ、2匹だけ?俺がいない間、いったい何してたの。」




がーーん。

私が最初に獲った鮭を、あんなに喜んでくれたリーガンはどこに?



家に帰ってからも、魚処理は続く。
切り身にし、真空パックにし、スモークサーモンにし。
毎日夜中の2時まで、作業に追われる私達。


アラスカのサーモン作業。
本当に、趣味を超えてます。
まだまだアラスカには、驚かされてるな。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

すごすぎ。
あれは、川ですか?海ですか?
なぜ、サーモンはわざわざ、ひろーいところから、アミに入っていくんでしょう。アラスカ恐るべし。
そして、大漁おめでとう。
ビギナーには思えない見事ないでたち、すごい。(^^)
スモークサーモンなんて、ほんとにいいねえ。
わたしも、アラスカいったらぜひやらせてー。
ところで、もうアラスカはさむいのかな?
夏には思えない風景だった。
なんか、大自然と親友で、すてきすぎるよ。
アラスカばんざーい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

初鮭おめでとう~~
今度スモークサーモン味見させて~!
ネットだとどんどん取れるんだね。

No title

凄い人!
ことしのディップネットは凄い人だと聞いてはいましたが、、、。汗
地元の新聞によおおると過去最高の人出だったそうな。。。
僕も来年挑戦しようと思ってます。
でも来年は世界的なブランド???
Copper Liverのサッカイサーモンを捕りに行きたい〜。
Kenai Liverの鮭はカヤの餌です。。。
たまにカヤのご飯をつまみ食いして美味しいのにびっくりしています。笑
来年は頑張るぞ〜?

No title

いいなぁ、魚。いいなぁ、鮭。美味しいんだろうーなー♪
リベンジで大漁良かったですねー。
でも自分で処理しないといけないのは大変でしたね。泣きながらしたのわかるわ〜。お疲れさまでした!

No title

w(゚o゚)w オオー! すごいっ!
大漁、おめでとうございます!!
来年は僕も是非挑戦したいと思います
その時はご教授してくださいね

魚をさばく時にはマイ包丁を持参で喜んでお手伝いに行きますので
いつでも呼びつけてくださいね^^

No title

ついにやりましたねー!
おめでとーございまーす!!(゚∀゚ノ)ノ

最後まで笑いが止まらない日記で、楽しく読ませてもらいました。
来年こそはうちらもTRYしたいと思います♪40匹は凄いっ!

No title

まさにこの映像のサーモンだよ~!!
アラスカ直送の鮭だぞー♪ もう、めまいがしそうに感激でした。

なんて、美しい紅鮭、なんて大きいんだ。なんてこんなにたくさんなんだ。美味しかったあ~~~!
今夜この鮭を、HPを思い浮かべながら、泣きながら食べたよ。

メルモちゃん一家がアラスカへ移住したから、思いがけない幸せをいっぱい味わえるんだね。ありがとうー。

くまさんご夫婦を始め、アラスカのみなさま、有難うございます。長生きしてて良かったと神様に手を合わせるおしんです。

そして欲張りですが、山一面に群生していると言うブルーベリーつみってのが夢なんですけど。。。



くまさん

No title

すっごいー!
今日このブログを読んだ後に
生協の注文(食品の宅配)してたんだけど
たまたまアラスカ産の鮭の切り身が。。。
5切れで498円ですぜ。5匹じゃないよー。
ビバアラスカだね、本当に。

No title

先日アラスカサーモンを食べたのだけど、とっても美味しかったです
いつも食べてるアトランティックのサーモンとは全然違う!!!
食べながらふとメルモさん一家の事を思いだしていた矢先、こんな日記を読んで
しまいました~、メルモさんっ、40匹の鮭って、それは凄い数!!!!
毎回メルモさんの日記には度肝を抜かれてます。アラスカって凄いなあ。

No title

(メルモさん、私信ですみません)

おしんさん、こちらこそいつもお世話になっております。先日はおしんさんのお宅から届いた輝くおいしいお米をみなさんでいただきました。大変おいしくて感激でした。どうもありがとうございます。アラスカサーモンの卵で作ったイクラをのせておいしくいただきました。本当に涙もののおいしいお米でしたよ。

ちなみに毎回おしんさんのコメントが非常に面白いので、笑いながら(微笑みながら)拝見させていただいてます。

メルモさん、鮭加工お疲れ様~。メルモさんの初めての鮭ゲット体験を見るのは楽しかったよ。メルモさんがもっと鮭をガンガン殴っているところを写真に収めたつもりだったんだけど・・・。次回はもっと真に迫った写真を撮るからね。

No title

>ちえさん
あれは、河口です。成長した鮭は、川に帰ってくるんですよ。学校で習った通り。
水の流れに逆らい川に上ってきた鮭は、この大人数の人間の網の間をくぐり抜け、竿を持つ釣り人の間をくぐり抜け、本当のサバイバーだけが生き残るんだよ。今年鮭初体験の私は、そんな鮭の姿に心打たれたね。

ちなみにこの話は一ヶ月も前の事です。川の中は冷たいので、ちょっと厚着になってます。アンカレッジはもうちょっと、寒くなってきたよ。

>鍵コメさん
そうですね。分かりますよ。私も同じような気持ちでした。
よかったら、メールを下さい。もう少し詳しくお話が出来ると思います。

No title

>cocoさん
ありがとう〜。
ディップネット、タイミングが合えば、どんどん獲れるんだけどね。鮭が入ってくるまでは、ひたすら水の中で待つ!かなり大変だよ。戦場だったよ。
スモークサーモン好評すぎて、もうすぐなくなりそう。また作らないといけないなぁ。

>AK47さん
ピーク時には、写真よりもっとすごい人でした!
この列の中に入れないくらい。でもみんな優しくて、後ろで待っていると、間に入れてくれるんです。

カッパーリバーの鮭を食べると、他の鮭が食べられないくらい美味しいと聞きましたよ。でも、木に縄を巻いて命懸けで獲るとか。
それは何だか、怖いような。
キーナイの鮭が、カヤちゃんだけの餌?それはもったいない!!
AKさん、来年はぜひディップネットに挑戦して下さい。楽しいから♪

No title

>デリコさん
鮭、美味しいですよ。
私はそんなに魚好きじゃないんですが、鮭だけは別。
もう鮭貧乏で、肉も買えなくなったから鮭ばかり食べてます。美味しいからいいけど。
泣きながら処理したかいはあったかな。

>ニャンタローさん
ニャンタローさんも料理が上手だったんだ!次はぜひ、お願いしますよ。
今度、鮭の美味しい料理の仕方を教えて下さい。もうネタが尽きてきた...。

ディップネット、ぜひ来年してみて下さい。おもしろいですよ。

No title

>ORIEGA♡さん
やっと獲れましたよ!
笑ってくれてよかった。これをずっと書きたいと思っていたのに、川下り日記が終わらないから、なかなか書けなかったんだよ。
ORIEGAさんも、来年はやってみてよ。アラスカってすごいと思うから。

>おしんさん
無事日本まで、アラスカ鮭が届いてよかった。そんなに喜んでもらえるとは、泣きながら頑張ったかいがあったよ。

来年はぜひ、待ってるからね。
ブルーベリーだって、そこら辺一帯がブルーベリーカーペットになってるよ。きっとおしんさんは、好きな作業だと思います。

No title

>ななさん
5切れ498って、安くないですか??
5切れって、どれくらいの厚さなのよ。ちょっと、違う意味で驚いたよ。
そして生協注文って、なんかななさんのイメージに合わなくて、可笑しかったよ。
生協の鮭も、アラスカから来てるのね。

>Jackoさん
サーモン食べて、私達を思い出してもらえたなんて、何だか嬉しい!
そして、「度肝を抜かれた」という表現にハマって、爆笑してしまいました。
ルールでは、うちの家族の制限数は55匹なんです。でも40匹で力尽きてしまいました。

>くまさん
くまさん、貴女はやっぱり面白い人ね。
あの浜辺で親切な人を阻止し、騒いでいる私に棒を持たせてカメラまで構えていたくまさんの姿、きっと一生忘れません。
今年の夏は、くまさんの鮭に対する情熱に、本当に驚きました。
あの戦場に何度も通い、鮭を獲り続ける貴女は、とても眩しかったです。
くまさんがいなければ、鮭なんて獲れなかったよ。そして、日本にも送れなかったよ。本当に、ありがとうね。

プロフィール

Nami

Author:Nami

アラスカ在住。

アメリカ生活20年。(いつの間にか)
99年に島根県隠岐の島で知り合ったアメリカ人リーガンと結婚し、テキサス移住。
2006年に夫の思い付きでまさかのアラスカお引越し。
息子は2人。(ムサシ&アラシ)
アンカレッジの山の家に住んでます。

夏はアウトドアで遊び、冬はひたすらジムに通う。
現在は、釣りとズンバに夢中。


「心も身体も健康に。毎日ハッピー」が私のテーマ



*ズンバインストラクター
アンカレッジでズンバクラスをしてます。ぜひ参加して下さい!
初心者大歓迎。

月曜日 6pm~ Body Renew South
火曜日 6pm~ The Salvation Army Center
木曜日 12pm~ The Salvation Army Center



ズンバのページ






*西邨マユミ アラスカ支部マネージャー
アラスカでプチマクロお料理教室してます。お仕事の依頼は
AKiroiro@gmail.com
まで。







ブログの感想など、メールしてもらうと嬉しいです。
AKiroiro@gmail.com



ブログに掲載されている文章や写真の無断転載はお断りしています。
ご使用になりたい方はお問い合わせ下さい。

最新記事
インスタグラム
カテゴリ

● アラスカで外遊び






● アラスカのお祭り

● お家で趣味










最新コメント
検索ぷらす
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
*
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。